世界プロサーフィン連盟 日本支局

BILLABONG TSURIGASAKI PRO 2010は、いよいよ今日ファイナルデーを迎える!

千葉県、釣ヶ崎海岸
(2010年 9月 26日、日曜日)

「ゆめ半島千葉国体2010」の開会式が盛大に行われ、国体が開幕した千葉県では、となりの長生郡一宮町、釣ヶ崎海岸で「Billabong TSURIGASAKI Pro」が遂にフィナーレを迎えた。イベント初日猛暑、第2日目、第3日目はストーミー、第4日目はレイデイと全ての異なった気象条件が揃ったかのようなバラエティー溢れる1週間となったイベント最終日は遂にグランドファイナルが開催されるファイナルデーを迎えた。

賞金総 額$85,000、2010ASPジャパンツアー、メンズスターシリーズの第2戦、4スターイベント「Billabong TSURIGASAKI Pro」が今朝、千葉県 長生郡一宮町、釣ヶ崎海岸では、台風12号が北上して通り過ぎた後、6フィートオーバーの素晴らしいウネリに現在サイドぎみの風が少々気に成るが4スターイベントファイナルデーに相応しいコンディションと素晴らしい天候が戻り舞台が整った。

日本最大級のサーフィン世界大会となる 「Billabong TSURIGASAKI Pro」は開幕日から、グランドファイナルが予定されている今日まで実に5日間に渡って開催されてきた。Billabong Pro は既に国内で長期に渡り国際サーフイベントを開催されている。「Billabong TSURIGASAKI Pro」はこの土地で、4スターイベントの原型となったのが昨年の大会で、 今回が2010年の第2回目開催のイベントとなる。

今朝ファーストコールが6:30に かかり、釣が崎プロサーフィン実行委員会イベントディレクターの田中俊之が今日のファイナルスタートを公式発表をした。

ファイナルデーはラウンドオブ32、ラウンドオブ16までが4名ヒート、ラウンドオブ16を勝ち抜いたクオーターファイナル以降はマンオンマンの予定でイベントはグランドファイナルまで進行予定。波のコンディションによりレギュレーションの変更が生じる可能もあるので、常に最新のステータスをご確認頂くようお願い致します。

イベント会場となる千葉県 長生郡一宮町 釣ヶ崎海岸は、過去にWCTが行なわれた東浪見海岸に隣接し、2005年にはモバイル体制でWCTのラウンド1が行なわれるなど、極上の ビーチブレイクとして言わずと知れた現在は千葉県更に日本で最もレベルが高い超一流サーフゲレンデである。別名では、サーフィン道場、古くはし志田下ポイ ントと言う名で世界的にも広く知られている。日本でも有数のパワフルなビーチブレイクでもある。

2010年ASPジャパンツアーは、プロジュニアシリーズ、LQSシリーズの多くのイベントが既に開催されて来たが、メインディビションスターシリーズは 8月に福島県北泉海岸で行われた、開幕戦に引き続きこの「Billabong TSURIGASAKI Pro」がASPジャパンツアー、スターシリーズ第2戦となる。

今年、日本で行われる最大のASP-WQSイベント「Billabong TSURIGASAKI Pro」には、オーストラリア、ハワイ、アメリカ合衆国、インドネシアなどの選手の名前が数多くシードリストにラインナップされた。

MORE NEWS