世界プロサーフィン連盟 日本支局

「SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」ボーイズU-20優勝は、2週連続優勝のパース・スタンディック!

神奈川、平塚市高浜海岸
(2009年 8月14日、土曜日)

2010年ASPジャパンツアー、プロジュニアシリーズ第4戦、グレード1イベント、「SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」は今日ファイナルデーとなった。今朝の会場の神奈川県平塚市高浜海岸付近の天候は若干曇り模様だったが日中天候は回復して素晴らしいファイナルデーとなった。

昨日イベント初日は台風4号からウネリも残ったが、今日早朝心配されたウネリは残ったが湘南江の島観測所の統計によると今日の潮回りは中潮で午前の満潮時間7:06そして午後12:58の干潮時間に向けて潮が下げこむ。早朝会場に集った選手、主催者、スタッフ、又関係者全員がコンディションをモニターする中、ASPジャパンツアーマネジャーの小川昌男は7:30にファーストコールをかけた。小川はこの地点で待機を決断してセカンドコールを8:30にかけると公式コールした。この間、小川は関係者、スタッフ、選手そして「SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」公式 波予報機関の波伝説社担当者と協議を続け波伝説社予報担当者によれば日中潮が引き、更に日中強めの南から南西方向の風により面は乱れそうだが、多少のサイズアップが見込めると予想した。そして8:30今日セカンドコールが掛かると小川は今日カデットU-16クオーターファイナルから9:00試合再開を公式にコールした。

続いて今日イベントはカデットU-16セミファイナル、プロジュニアボーイズU-20クオーターファイナル、セミファイナルに続き、ガールズU-20、カデットU16、そしてプロジュニアU-20それぞれのグランドファイナルとイベントは進み午後には「2010SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」は、3名のチャンピオンが誕生した。

ガールズU-20グランドファイナルに勝ち進んだのは、大村奈央、野呂玲花、須田那月、そして高橋みなとの4名だった。30分ファイナルが開始するとオープニングウェーブで最初に勝負したのが須田だった。大村が直後にテイクオフして反撃した。大村は、更に2本目のライディングで2.60ポイント更に3本目で3.25ポイントに成功してリードしてスダが追う展開となる。すると須田もその後4.15ポイントに成功してしっかり大村を追走する展開が終始続いた。

するとファイナル終盤ヒート時間5分を残したところで大村がバックハンドで凄いリッピングの連続技に成功すると7.25ポイントに成功して須田が逆転に必要なスコアが8.15ポイントに広がり大村はリードを更に広げた。終盤先週嬉しい初優勝を決めた野呂が猛追撃をするが、首位への逆転はならずで、大村が先週の借りを返した結果となった。最終的に7.25ポイントにバックアップを3.30ポイントでトータルスコアを10.55ポイントに伸ばした大村が今期2勝目に輝いた。2位には野呂、3位須田、そして4位入賞したのが高橋という最終結果となった。


カデットU-16グランドファイナルに勝ち進んだのは、大原洋人、平井宏輔、アイゼア・モニーツ(ハワイ)、そして渋谷玄仁の4名。30分ファイナルオープニングウェーブを掴んだのは今回絶好調で初のカデットファイナル進出となった渋谷だった。ヒートが進むにつれて大原がリードを握り、平井が追撃する展開が続く。

ヒート残り時間10分残すところでハワイのモニーツが反撃に出てフロントサイドで勝負するとスコアは5.00ポイント。更にその直後2.95ポイントに成功させて逆転に必要なスコアは5.26ポイントとなり、その後は首位の大原とモニーツがハードなパドルバトルが展開される。

その後両者ライディングを続け、モニーツが終盤リバース・エアリアルに成功して4.35ポイントに成功するが、逆転に必要なスコアはやはり5.26ポイントで逆転はならずで、最終的に6.00ポイントのバックアップを4.25ポイントでトータルスコアを10.25ポイントに伸ばして5.00と4.35でトータル9.35のモニーツを上回った大原が嬉しい以外にもカデット初優勝となった。2位にはモニーツが続き、3位と4位は両選手今回大健闘して初のファイナル進出となった、渋谷と平井と続いた。


プロジュニアメンズU-20グランドファイナルに勝ち進んだのは、大橋海人、高橋健人、パース・スタンディック(オーストラリア)、そして石田銀二なった。オープニングウェーブを掴んだのは石田だったがスコアは2.00に留まった。するとその裏で直ぐにスタンディックが続くとバックハンドで1本目のライディングでいきなりエクセレントな8.25ポイントに成功させて会場にどよめきが走った。エアリアルに拘りこれを武器に凄いファイティングスピリットを今回も見せたのが高橋だった。2本目のライディングもエアリアルに成功させてスコアは4.10ポイント。スタンディックも2本目のライディングで4.50ポイントに成功した。ファイナルの展開はスタンディック首位、高橋が追い、石田そして大橋がその後続くと言う展開が進んだ。

ファイナル残り時間7分の所で高橋がまたもやエアリアルを含むライディングに成功して4.25ポイントに成功させる。圧巻的だったのは、その直後スタンディックが再び3発の難易度の非常に高いバックサイドのリッピングに成功するとスコアがまたもやエクセレントな8.10ポイントとなり会場の興奮は絶好調に上り詰めた。ここで高橋が逆転に必要なスコアは8.85ポイントに広がったが、高橋は最後まで勝負を捨てずにエアリアルで一本勝負するが今回逆転はならなかった。最終的に高橋はスコアが7.50と5.00でトータルが12.50ポイントに留まり、8.25と8.10の2本のエクセレントなスコアに成功させたスタンディックのバックサイドに軍配が上がりスタンディック2週連続の優勝と言う最終結果で終わった。これまで今回ASPジャパンプロジュニアシリーズランキング首位の大橋が3位、石田が4位入賞と言う最終結果で平塚のイベントは終了した。

「信じられません、今週は好調だったのは確かですが、高いレベルで実は自分は勝利への気持ちが貪欲にハングリーさを感じたのです、」とスタンディックは語った。「実際2連勝は出来過ぎの結果です。本音を言うと今日サイズが小さくなるのではないかと心配して昨日はプレッシャーを感じました。運が良く今日もサイズが最終的に上昇しました。今回の2連勝の弾みに乗り、今シーズンこの後のASPスターシリーズで是非少しでも頑張りたいと思います。」

準優勝した高橋の強いハート、そして敗れた悔しさの気持ちをコントロールしてスポーツマンシップ溢れる表彰式では、英語で勝利したスタンディックを称える等、今シーズンでプロジュニア最後の年となる20歳の高橋の心技体全てが成長した姿を見ると北泉での次戦では更に高く活躍が期待せずにはいられない。全選手は来週から福島県北泉で開催される最終戦に皆が夢を繋ぐ結果で幕が降りた。


2010年ASPジャパンツアー、プロジュニアシリーズは、今回の「2010SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」を終えるまで、先週までに第1戦の千葉県館山市、第2戦のインドネシア・バリ島、第3戦、千葉県一宮町のツアーが続いた。

2010年ASPジャパンツアー、プロジュニアシリーズは後半最後の福島県北泉で開催される最終第5戦のみとなり(カデットU-16の最終戦は宮崎日向)、今回のイベントはまさに終盤戦の山場となった。

「SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」は毎年恒例で開催され、過去3年は同じく神奈川県の湘南藤沢市で開催され、今回第4回目の開催にあたり、神奈川県藤沢市から20キロ、西に国 道134号線を走り、湘南平塚市での開催と決定した。昭和の初期、多くの海水浴場客で賑わっていたのが平塚海岸。しばらく海水浴場が閉鎖されていた時期を 経て2002年から海水浴場が復活し、まさに現在注目されているのが平塚市でもある。

ASP WJTが待望のシリーズ化の初年度が今年であるからである。そして秋にはインドネシア、バリ島で開催される、賞金総額$75,000のWJTイベント 「Oakley World Junior」はWJT初戦として今年開催されるのである。

今年はWQSランキングよりもこのジュニアランキングが優先される事となるこのツアーは、ベスト5の選手がツアーの5戦中、3試合のベストスコアをここ平塚で纏めてきた。「SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」は今年、同時開催でカデットとガールズ部門も開催された。

明日2010お盆休み最終日の日曜日、「SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」に引き続き、「Billabong Vonzipper 湘南グロメッツ最高カップ」も開催されます。お楽しみに!


2010ASPジャパンツアープロジュニアシリーズ最終次戦は、2010ASPジャパンツアー2スターイベント、メンズスターシリーズ第1戦、Malibu presented MURASAKI PRO KIAIZUMIと同時開催される、MURASAKI PRO JUNIOR Kitaizumiとなる。

Malibu presented MURASAKI PRO KIAIZUMIは更にメンズ、ウィメンズロングボードイベントも同時開催される一大イベントとなる。

日程は、2010年8月18日(火)から8月22日(日)までとなる。クラス別の詳しい日程を含む情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspjapantour.com/2010/schedule/

シード権のより詳細情報は下記公式ページを参照願います:

http://www.aspjapantour.com/2010/ratings/2010_ranking_jr.pdf

※「SHONAN SUPER KIDS CHALLENGE support by ASAHI DRINK」はイベントを通して世界中にライブ配信されました。

イベント公式ページは、http://www.aspjapantour.com/live/2010/shonan/ からどうぞ!

世界中どこに行ってもライブが観られる ASP Webcast on iPhoneアプリ「ASPtogo」からもどうぞ!