「MALIBU HYUGA PRO 2011」初日の今日はマルチディビジョンによる一大マラソンデーとなった。

 

宮崎県、日向市、小倉ヶ浜海岸
(2011年 10月 8日、土曜日)

2011年ASPジャパンツアー第7戦、メンズスターシリーズ2スターイベント「Malibu HYUGA PRO」は、宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸で今朝7:00にファーストコールの後、無風のクリーンコンディションの中ゴーサインが出た。今朝の会場付近の天候は晴れで波のサイズは2フィート(1メーター)のコンディションとなった。

今朝、スモールコンディションの中、最初のアクションはメンズスターシリーズ、ラウンドオブ48、続いてメンズLQSラウンドオブ32、U-16カデット、ラウンドオブ32、そしてウィメンズLQSラウンドオブ18、そしてラウンドオブ16とアクションが続いた。

今期2戦目となる、メンズスターシリーズでは開幕ヒートに登場したベテランの森哲太(鹿児島)が7.00ポイントで、今日一番の高いウェーブハイスコアを最初のヒートで記録した。メンズLQSでは、第5ヒートに登場したトニー・シルバッグニ(アメリカ合衆国)が7.50と6.25ポイントと今日一番高いウェーブで13.75のヒートハイスコアを共に独占する大活躍を披露した。U-16では7月静岡県で開催されたイベントで優勝している小林直海(神奈川)が、5.00と9.75ポイントで今日一番高いウェーブとヒートハイスコアを共に独占した。ウィメンズLQSではディフェンディング・ウィメンズASPジャパンツアーLQSウーメンチャンピオンの宇井 初美(千葉)がレイトエントリーにより今回トライヤルにあたる、ラウンドオブ18よりのエントリーとなった。宇井は順当にラウンドオブ18で5.50と8.85ポイントで、今日一番高いウェーブとヒートハイスコアを共に独占してクオーターファイナルに進みここでもヒート残り時間数分を残す所まで下位を走りあわや敗退の危機を乗り越え、終盤貫禄の大逆転に成功して首位で明日以降のセミファイナルに勝ち進んだ。

明日のファーストコールは6:30です。

2011年ASPジャパンツアー第7戦、「Malibu HYUGA PRO」は今日10月8日(土)開幕して10月10日(月)体育の日にフィナーレを迎える。

賞金総額$25,000- スターシリーズ2スターイベント「Malibu HYUGA PRO」、更に今年は同時開催イベントとしてグレードアップした賞金総額$10,000- LQSシリーズ・メンズ2スター、ウィメンズ1スター$2,000−の「MALIBU HYUGA PRO LONGBOARD」、そしてジュニアシリーズの育成リーグにあたるカデットクラスU-16とグロメットU-12「Quiksilver King of the Grommet Hyuga」が開催される。

今年のスターシリーズ(WQS)イベントの第1シードを勤めるサーファーは、田嶋 鉄兵 (タジマ・テッペイ)、更に5に月開催された2スターイベント「Malibu Amami Pro」でファイナリストとなった、実力者の田中樹(タナカ・イズキ)VS 田中 英義(タナカ・ヒデヨシ)、Eddie Would Go招待選手でベテランの脇田 貴之(ワキタ・タカユキ)が参戦。LQS 2スターメンズには、1996年、2009年の世界チャンピオン、ボンガ・パーキンスが参戦を決めている。カデットには昨年のグロメットからレベルアップをした飯田航太と脇田泰地らが参戦し、今シーズンカデットツアーランキング2位の小林直海との戦いが注目される。

日向市(ひゅうがし)は、宮崎県の北東部に位置する市である。 日向灘に面し、温暖で降水量が多い、一方で日照時間は全国トップクラスである。また宮崎県の他の市と同様台風の影響を受けやすく、しばしば大きな被害を受ける。また細島港という天然の良港に恵まれ、古くから県のゲートウェイとしての役割を担ってきた。県内有数の工業地帯としても知られる。 日向市出身者として有名なのは、闘志を前面に押し出したプレースタイルで知られ、元千葉ロッテマリーンズの「魂のエース」と称された、「ジョニー黒木」こと 黒木 知宏。更に2005年にはセリーグ最多安打記録を持つ東京ヤクルトスワローズの青木 宣親外野手が有名である。当然プロサーファーも多く輩出しており、今では日向のレジェンドサーファーとなった伊久良 城二を始め、窪田 聡、そして海埜 士 等の良き先輩達に続けと多くの楽しみな若手選手が豊富なエリアとして全国にその名を誇る。

今年も10月開催の南国九州での開催のこのイベントは毎年恒例開催のイベントであり、毎年のようにクラシックなコンディションでの開催される事で有名でもある。

スターシリーズは第2戦、LQSは初戦、そしてカデット、グロムクラスは今年2011年ASPジャパンツアーの最終イベントとなる。2011年ASPジャパンツアーカデットチャンピオの仲村拓久未は「Quiksilver King of Grommets」の本戦に出場のため現在フランスで海外のU-16と戦っている。そしてウィメンズLQSにはらいシーズンからジャパンツアーに移籍を決めているウエムラ・ミク(ハワイ)が2012年のワールド・ロングボード・チャンピオンズの枠を狙って参戦を決めジャパンツアー2011チャンピオンの宇井 初美との戦いが楽しみである。今回のイベントではメンズスターシリーズ、メンズLQSシリーズ、そしてカデット、グロメットと5名のイベントチャンピオン全員が出揃うのは10月10日体育の日となる。

ASPジャパンが行う、このイベントはインターネットによるライブ放送をご覧戴けます。

直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブをお楽しみ下さい。

イベント公式ページはhttp://www.aspjapantour.com/live/2011/hyuga/ からどうぞ!

「HYUGA PRO 」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。
・MALIBU(サントリーアライド株式会社)
・清本鐵工株式会社
・あくがれ(富の露酒造店株式会社)
・Quiksilver Japan(クイックシルバー・ジャパン株式会社)
・SYNDICATE(ビーチカルチャー)
・ASAHI SOFT DRINK(アサヒカルピス飲料株式会社)
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・阪急交通

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
主催
特別協賛
協賛各社
協力
後援
お倉浜プロサーフィン大会実行委員会
MALIBU(サントリーアライド株式会社)
Quiksilver(クイックシルバージャパン株式会社)
清本鐵工株式会社
株式会社 富乃露酒造店
Asahi Drink(アサヒ・カルピス飲料 株式会社)
SYNDICATE(国内通商 株式会社)
日向サーファーズ
宮崎県、日向市日向観光協会日向市商工会議所
宮崎日日新聞社
株式会社 阪急交通社