「Quiksilver King of the Grommet IZU」の優勝は、U-16Cadet、小林直海、U-12Groms、西 優司、U-20Girls、橋本 恋!

 

静岡県下田市吉佐美多々戸海岸
(2011年 7月 10日、日曜日)

昨日、静岡県下田市吉佐美多々戸海岸で行われた、2011年ASPジャパンツアージュニアシリーズ第2戦、「Quiksilver King of the Grommet IZU」は、今日ファイナルデーを迎え今日午後13:00に3名のイベントチャンピオンが誕生した。

今朝7:00のファーストコールでコンテストディレクターの近江俊哉が向上したコンディションの中、エリートジュニアクラスのアクションにゴーサインを出し、U-16カデットのマンオンマンのクオーターファイナルからスターとした。今日の会場付近の天候は快晴、弱い南西の風でサイズは1から3フィート(1.5メーター)となった。

U-12 Gromsセミファイナル第1ヒートには、ノロ・カイリ対ニシ・ユウジ前半リードのノロだがニシが8.00の高得点で後半ヒートひっくりかえした。第2ヒートはモリ・ユウジ対モモト・ツヅキは前半からじっくり好い波をゲットして得点を重ねた守が終始ヒートをリードしてファイナルへ駒を進めた。

ファイナルに進出したニシ・ユウジとモリ・ユウジの戦いは会場を興奮の渦に巻き込むほど甲乙つけ硬いヒートと成った。再びファイナルでも高いポテンシャルのライドを見せ付けたニシ・ユウジが嬉しい優勝を飾った。

U-16 Girlsセミファイナル第1ヒートはオオムラ・ナオ対スダ・ナツキウェーブセレクトと試合運びを優先し大村がファイナルへ。第2ヒートはハシモト・レン対キタザワ・リナのルーキー同士の戦いとなり、軽快に板を走らせ高い得点をメイクした橋本がファイナルへ勝ち進んだ。

ファイナルに進出したオオムラ・ナオとハシモト・レンは将来のガールズシーンを占うカードとなった。25分ベスト2ウェーブの条件には十分波が時間内に押し寄せその中から的確にハイスコアをメイクして試合をリードしたのが新人で今回のイベントがジュニアデビュー戦のハシモト・レンが見事初優勝をさらった。

U-16 Cadetsセミファイナル第1ヒートはナカムラ・タクミ対コバヤシ・リョウ。第2ヒートはホリコシ・リキ対コバヤシ・ナオミ。

ナカムラは前半から高得点をたたき出しヒートをリードし、コバヤシ・リョウを引き離しポジショニングを与えなかった。

セミファイナル第2ヒートでは、ホリコシがバックサイドで苦戦する中、順調に得点を重ねて行くコバヤシ・ナオミが巧みなレールワークでポテンシャルの高いサーフィンでファイナルへ勝ち上がった。

ファイナルではナカムラ・タクミとコバヤシ・ナオミともに今大会波のセレクトとスコアリングが甲乙つけがたい調子を魅せていた2人はお互いに技の掛け合いを繰り広げた。

ファイナルでコバヤシが1本目のライディングでこれまでイベントを通して最も高い7.00ポイントに成功する。ナカムラは4.33ポイントで反撃。ファイナル残り時間10分を残してナカムラが逆転に必要なスコア5.45ポイントを追う展開となる。最終的にコバヤシはバックアップスコアを2.77とし、ヒートトータルスコアを9.77ポイントに伸ばして7.83ポイントの仲村 拓久未を上回り見事優勝を飾った。

Quiksilver King of the Groms Izu 2011 最終公式結果:

U-12 Groms:

1st:Yuji Nishi(ニシ・ユウジ)
2nd:Yuji Mori (モリ・ユウジ)
3rd: Kairi Noro (ノロ・カイリ)
     Momoto Tsuzuki (ツヅキ・モモト)

U-20 Girls:

1st:Ren Hashimoto (ハシモト・レン)
2nd:Nao Ohmura(オオムラ・ナオ)
3rd:Natsuki Suda (スダ・ナツキ)
     Rina Kitazawa (キタザワ・リナ)

U-16 Cadets:

1st:Naomi Kobayashi (コバヤシ・ナオミ)
2nd:Takumi Nakamura (ナカムラ・タクミ)
3rd:Ryo Kobayashi (コバヤシ・リョウ)
Riki Horikoshi (ホリコシ・リキ)

ASP Japan Junior の予備リーグとして今後最も注目されるCadet(カデット)U-16はシーズン2戦目、そのCadet育成を考え、昨シーズンからスタートしたGrommet(グロメット)U-12が今シーズンの第1戦となり、Junior Girls (ジュニア・ガールズ)U-20のワールドジュニアチャンピオンズ予選も初戦を迎えた。

カデットシリーズは、8月31日までにランキング1位の選手を選抜しその選手が代表となり9月にフランスで開催される「Quiksilver King of the Grommet」(KOTG)の本戦に招待される。このKOTGで優勝する事は事実上16歳以下の世界最高峰となる事は世界的に認められ、過去にこの大会で優秀な成績を収めてきた選手は、次のステージとなるJunior U-20のクラスで確実にその実力を発揮している。

このカデットを目指してワールドスタンダードな試合運びを学ぶリーグGrommet(グロメット)U-12は今大会が第1戦だった。グロメットはヒートをコーチ(保護者)とパドルアウトする事が可能で、海の中で戦略などのアドバイスを受ける事ができる仕組みだ。グロメットも今後は第2戦湘南、第3戦(未定)、第4戦日向と行われる予定。

そしてWJTを目指し熱い戦いを迎えるジュニア・ガールズのクォリファイシリーズの第1戦「Roxy Junior Girls」も開幕した。ガールズはこの試合と第2戦湘南、第3戦一宮にて行われ、現在調整中の第4戦の中からベスト3イベントで1位2位となった選手が10月にインドネシア・バリ島で行われる「OAKLEY Pro Junior」に選抜されるため、この夏最も暑い戦いとなる事は間違えないだろう。

このイベントはインターネットによるライブ放送されました。

イベントハイライトビデオを含む高画質の静止画、ニュースは下記公式サイトを参照願います:

http://www.aspjapantour.com/live/2011/kotg/

ASPジャパンツアー次戦は来週7月15日から7月19日まで神奈川県藤沢市で開催される Murasaki Pro Junior となる。

「Quiksilver King of the Grommet IZU 」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました。
・Quiksilver (クイックシルバージャパン株式会社)
・ASAHI SOF DRINKS(アサヒカルピス飲料株式会社)
・波伝説(サーフレジェンド)

後援
・静岡県
・下田市
・吉佐美区
・原区
・白浜観光連盟
・吉佐美旅館組合

協力
・多々戸サーフィン大会実行委員会
・日本サーフィン連盟下田支部
・マリンネット下田
・多々戸ローカルズ

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
主催運営
協力要請
協賛各社
後援依頼
開催地
ASP JAPAAN
(ワールド・サーフィン・プロモーションズ)

マリンネット下田
日本サーフィン連盟伊豆支部
多々戸サーフィン実行委員会
多々戸ローカルサーファー
Quiksilver(クイックシルバージャパン株式会社)
Asahi Drink(アサヒ・カルピス飲料 株式会社)
波伝説(株式会社 サーフレジェンド)
SYNDICATE(国内通商 株式会社)
下田市 宇佐美旅館組合
静岡県下田市多々戸浜海岸
(移動可能希望地:白浜海岸)