2011 ASPジャパンツアー最終戦「Real Bvoice Pro Longboard Nichinan Press by MALIBU」が今朝、宮崎県日南市、昭寿園前でLQSウィメンズ、ラウンドオブ18から開幕!

 

日南市風田、宮崎
(2011年 10月 15日、土曜日)

今年のASP Japanツアーもいよいよ終盤戦となり、九州宮崎レッグの最終戦となる「Real BvoicePro Longboard Nichinan Press by MALIBU」が今朝、宮崎県日南市風田(通称:昭寿園前)でウィメンズLQS,ラウンドオブ18より開幕した。

今朝、8:30ファーストコールでされ、コンテストディレクターの河合繁輝が今シーズン最終戦のイベント開幕にゴーサインを出した。更にイベント主催者達は、コンディションのモニターを続け、今日は更にメンズラウンド32もスタンバイステータスとした。今朝の会場付近の天候は曇り空で風は弱い西風のコンディションで波のサイズは1から3フィート(1.5メーター)のコンディションとなった。イベント公式波予報機関株式会社サーフレジェンド小川予報士は今日のコンディションを「東〜南東寄りのうねりや、南東〜南寄りの風波が続くでしょう。また、日中は多少南〜南東寄りの風が入りやすく、波質を落としてしまう可能性もあります」と予想している。

2011 ASPジャパンツアー最終戦「Real Bvoice Pro Longboard Nichinan Press by MALIBU」は今日10月15日(土)そして明日10月16日(日)まで開催される。

暦では秋の宮崎日南はまだ残暑が感じられるさわやかな心地よい気候で南国宮崎の雰囲気を漂わせている。

先週、宮崎県日向市お倉が浜で行われた「MALIBU Hyuga Pro Longboard」に参戦したLQSのツアーサーファーは約2時間南へ移動して、日南海岸にて2週連続の競技参戦となる。

年々ハイレベルなサーフィンパフォーマンスが話題となり真のプロサーフィンが評価されるLQSツアーは、昨年の太東大会で優勝をしているディフェンディングチャンピオンのボンガ・パーキンス(ハワイ)を迎え、先週の日向大会に優勝したトニー・シルバー二(アメリカ合衆国)、ジャパンツアーリーダーのユージン・ティール(千葉)らが華麗なロングボードテクニックを披露してくれる。

さらに実力に自身のある40人の以上のツアープロが参戦し、若手の畑ゆうじ、桜岡こうたやベテランの尾頭信弘も燻し銀の技を披露してくれることだろう。

開幕戦も会場に足を運び世界最高峰のロングボードアクションをナマで観戦するかネット配信のライブで観戦するかはどちらも興味心身だ。

九州初上陸となる、元世界チャンピオンのボンガ・パーキンスとノースアメリカツアーリーダーのトニー・シルバー二はこの大会に参戦する事をとても興奮している。

http://www.aspjapantour.com/live/2011/nichinan/index.php?rLingua=jp

 

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
主催
特別協賛
協賛各社
協力
後援
日南サーフィン連盟
Real B voice(リアル・ビー・ボイス)
MALIBU(サントリーアライド株式会社)
Asahi Drink(アサヒ・カルピス飲料 株式会社)
DESTINATION
Schaper
KONG wet suits
On The Board
NALU
フリーダム サーフボード