「Real Bvoice Pro Longboard Nichinan Press by MALIBU」のメンズ優勝は、ボンガ・パーキンス!

 

日南市風田、宮崎
(2011年 10月 16日、日曜日)

2011 ASPジャパンツアー最終戦、「Real BvoicePro Longboard Nichinan Press by MALIBU」が今朝、宮崎県日南市風田(通称:昭寿園前)でファイナルデーを迎え、今日メンズ、ウィメンズ2名の2011イベントチャンピオンが誕生した。このイベントチャンピオンが誕生した瞬間、2011 ASPジャパンツアーも閉幕となり今シーズンの競技を全て終了した。

今朝、9:00ファーストコールで、コンテストディレクターの河合繁輝が、今シーズン最終戦のイベント最終日にゴーサインを出した。ファイナルデーのレギュレーションは、マンオンマンのメンズセミファイナル、ファイナルそしてウィメンズ、クオーターファイナル、セミファイナルそしてファイナルと計10ヒートとなった。

今朝の会場付近の天候は、晴天が戻り風は西風のコンディションで、波のサイズは1から3フィート(1.5メーター)のコンディションだった。

ウィメンズLQSではクオーターファイナルで大波乱が起こった。共に2011 ASP WLT戦士で2012 ASP WLTシリーズクオリファイを目指す、ウエムラ・ミク(ハワイ)と宇井 初美(日本)がクオーターファイナルで敗退した。そんな状況のセミファイナル第1ヒートは小栗 瑞恵(日本)対 割鞘 ジュリ(日本)、そして第2ヒートは残ったもう1人のWLT戦士の吉川広夏(日本)対 地元宮崎代表のトッププロの筌口 聡子(日本)の好カードが実現した。セミファイナルを勝ち抜きファイナルに進出したのは小栗 瑞恵と吉川広夏となった。過去ショートボード含め実績十分の小栗 瑞恵と全日本アマチュアチャンピオンで2011 ASP WLTシリーズ日本代表の吉川広夏の2人による大変楽しみな大一番が実現した。ウィメンズLQSイベントを制したのは嬉しい今シーズン初優勝となった吉川広夏だった。(LQSは2度目)

メンズLQSセミファイナル第1ヒートは、ボンガ・パーキンス(ハワイ)対 新城 譲(日本)、そして第2ヒートは畑 雄二(日本)対 スコット・フォング(ハワイ)の好カードが実現した。ファイナルに勝ち上がったのはボンガ・パーキンスと畑 雄二となった。

ファイナルは13.25対8.75ポイントで過去通産2度の元ASP世界ロングボードチャンピオンである、ボンガ・パーキンス(ハワイ)が貫禄の優勝すると共にイベントタイトルを防衛した。

先週、宮崎県日向市お倉が浜で行われた「MALIBU Hyuga Pro Longboard」に参戦したLQSのツアーサーファーは約2時間南へ移動して、日南海岸にて2週連続の競技参戦となった。

「Real Bvoice Pro Longboard Nichinan Press by MALIBU」からのハイライト動画を含むイベント詳細は下記公式サイトを参照願います。

http://www.aspjapantour.com/live/2011/nichinan/index.php?rLingua=jp


Real B Voice Pro Longboard 2011最終公式結果:

ウィメンズLQS 1 STAR

1st:250Pts, U$1,000 :Hiroka Yoshikawa JPN

2nd:188Pts, U$400  : Mizue Oguri JPN

3rd place, 141Pts, U$200 :Juri Warisaya JPN ;  Satoko Ukeguchi  JPN


メンズLQS 2 STAR
1st:500Pts, U$2,500 : Bonga Perkins HAW
2nd:375Pts, U$1,500 : Yuji Hata JPN

3rd place, 281Pts, U$1,000 :Yuzuru Shinjo JPN;  Scotty Jr.Fong HAW

東日本大震災により被害を受けられた地域の皆さんに、謹んでお見舞い申しあげます。一日も早い復興と皆様のご健康を心からお祈り申しあげます。2012年こそ明るく平和な一年でありますよう、お祈りしております。

2011年は東日本大震災の影響もあり、ASPジャパンツアーは日程の調整等を余儀無くされました、皆さんのご協力のお陰で無事に本日2011年シーズンを終了する事が出来ました。2012よりグレードアップされたシーズンにどうぞご期待下さい。2011 ASPジャパンツアーは今日閉幕しますが、日本代表の今シーズンの戦いは続きます。プライムシリーズはカリフォルニアそしてハワイへと、WJTシリーズはブラジルそしてオーストラリア、そしてWLTシリーズは中国、イタリアへと戦いが続きます。

少しでも日本に元気を与えようと日の丸を背負い日本代表のサーファー達の戦いは今シーズン更に世界を舞台に続きます。どうぞ引き続き日本代表に熱い応援を是非お願い致します。

頑張れ日本!

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
主催
特別協賛
協賛各社
協力
後援
日南サーフィン連盟
Real B voice(リアル・ビー・ボイス)
MALIBU(サントリーアライド株式会社)
Asahi Drink(アサヒ・カルピス飲料 株式会社)
DESTINATION
Schaper
KONG wet suits
On The Board
NALU
フリーダム サーフボード