「OAKLEY Pro Junior」2011のメンズチャンピオンは加藤嵐とガールズチャンピオンは高橋みなととなる。

 


千葉県長生郡一宮町
(2011年 8月7日、日曜日)

2011年ASPジャパンツアーの第4戦となるジュニアツアー「OAKLEY PRO JUNIOR」が今朝、千葉県長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸(志田下ポイント)でファイナルデーを迎え、7:00のファーストコールの後、ASPジャパンツアーマネジャーの小川昌男がファイナルデーにゴーサインを出した。会場付近の天候は晴れ、クリーンな3から4フィート(1.5メーター)のコンディションとなった。

クオーターファイナルでは凄い演技が続出するなか、ガールズセミファイナルの第1ヒートに進出したのは水野 亜彩子(神奈川)と北沢 麗奈(千葉)だった。トータルスコアを水野が10.00ポイントで対する8.40ポイントの北沢を上回りファイナル一番乗りを決めた。第2ヒートは高橋みなと(宮城)対村松 爽香。12.35ポイント対8.50ポイントで村松を上回った高橋がファイナルへ進出した。メンズセミファイナルの第1ヒートは田中 海周(徳島)対加藤嵐(千葉)。14.75ポイント対5.50ポイントという大差で田中を上回った加藤がファイナル進出。第2ヒートは大橋海人(神奈川)対黒越 太気 (徳島)。7.30対6.75ポイントのクロースヒートを大橋が制してファイナル進出。

いよいよ釣ヶ崎海岸が正午を過ぎファイナル2ヒートを残すのみのグランドフィナーレを迎え、ガールズファイナルは水野 亜彩子に対する被災地仙台出身の高橋みなとの好カードが実現した。

最初に仕掛けたのは高橋、水野も最初の演技でバックサイドで丁寧に乗り継ぎ3.0ポイントを。すると高橋もフロントサイドで3.15ポイントに成功してこの攻防を上回る。しかし、水野がプライオリティーを握り残り時間15分で更に攻防が続く中、残り時間7分で高橋がリードして水野は逆転に必要な2.91ポイントを追う展開なり両選手共に攻め続ける。ファイナル残り時間1分のところで高橋みなとがバックハンドで1マニューバーながら非常に難易度の高いビッグマニューバーに成功すると4.50ポイントに成功して勝利を決定的として最終的にトータルスコアを7.65ポイントに伸ばして水野亜彩子の5.00ポイントを上回り被災地東北に勇気を与える嬉しい昨年の北泉以来の今期初優勝に輝いた。

「ありがとうございます」と高橋は語った。「優勝が出来て本当に嬉しいです。スポンサー各位を始め皆さんの応援のお陰です。皆さんの応援が自分の力に成り、勇気が出ました。

最後に仙台でサーフィンが出来なかった最近、青森に多く練習の為に遠征しました。青森の皆さんに特に暖かく迎えて頂き面倒を見てくれました。特に青森の皆さんにとても感謝を述べたいと思います」

メンズファイナルは、今期初戦奄美大島のファイナル以来の加藤嵐(千葉)対大橋海人(神奈川)の好カードの再現となった。ファイナル開始直後、加藤は直ぐに攻めてフロントサイドでカービングに成功して6.50ポイントの高得点。大橋も直ぐに反撃に出るがなんと今大会すでにエクセレントスコアを2本記録している加藤が2本目のライディングで3本目のエクセレントなスコアの8.75ポイントに成功する。その後、大橋も攻めの資性を崩さない。圧巻的だった加藤は。ここでこれまでイベントを通して最も高いエクセレントな9.50ポイントに成功。その後も両者の攻防が続くが最終的にファイナルでの2本が今大会4つのエクセレントなスコアに成功した加藤嵐が18.25ポイント対10.50ポイントで大橋海人を上回り今期初優勝を成し遂げた。

「ありがとうございます」と革めて加藤は語った。「今回は運が良く特にいい波を掴む事が出来ました。コーチを始め関係者皆さんに感謝したいです。優勝が出来たのもスポンサー各位や皆さんの応援のお陰です。次戦も最大限頑張りたいと思います」

このジュニアイベントはJunior Mens(ジュニア20歳以下)U-20とJunior Girls(ジュニア・ガールズ20歳以下)U-20の2クラスで争われた。ジュニアU-20はワールドジュニアチャンピオンズに選抜される男子5名、女子2名がセレクトされる重要な大会でもある。今大会はグレード1(1スター)のポイントが争われ中盤のポイントゲットに向けて各選手とても重要な試合だった。

ワールドジュニアチャンピオンズ(WJC)は、世界7地域から選抜された48人のジュニアが、インドネシア、ブラジル、オーストラリアで開催されるチャンピオンシップに招待され世界タイトルを争う世界最高峰の戦いの場であり、この試合で好成績を残す選手は将来のワールドツアー参戦に最も有利なシード権を得る事が出来、同時にこの大会で優勝をする事はジュニアの世界チャンピオンを意味する事となる。そしてWJCを目指し熱い戦いを迎えるジュニアガールズのクォリファイシリーズも第3戦を迎え、ガールズはこの試合と第4戦「Roxy Junior Girls Open」の4戦からベスト3イベントスコアで1位2位となった選手が10月にインドネシア・バリ島で行われる「OAKLEY Pro Junior」に選抜されるため、この夏は引き続き重要な事は間違えないだろう。


2011 OAKLEY Pro Junior最終公式結果:

ジュニアメンズ:

1st:250Pts, U$2,000 加藤嵐
2nd:188Pts, U$900 大橋海人
3rd place, 141Pts, U$550 田中 海周、黒越 太気

ジュニアガールズ:

1st:250Pts:高橋みなと
2nd:188Pts:水野 亜彩子
3rd place, 141Pts:北沢 麗奈、村松 爽香

このイベントはイベント通してインターネットによるライブ放送されました。

高画質静止画、動画を含むイベントハイライトは下記公式サイトからお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www2.oakley.jp/projunior/

2011ASPジャパン次戦は2011年8月18日から8月20日まで高知県安芸郡東洋町 で開催されるQuiksilver Pro Junior Shikoku Open (Roxy Junior Girls Shikoku Open )となる。


「OAKLEY PRO JUNIOR」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました:

・OAKLEY JAPAN.K.K(オークリージャパン株式会社)
・ASAHI SOF DRINKS(アサヒカルピス飲料株式会社)
・波伝説(サーフレジェンド)
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・株式会社アーゴプロジェクト
・一宮不動産株式会社
・SYNDICATE(シンジケート・サーフ・プロダクツ)

公認:
・ASP インターナショナルジャパン

協力:
・株式会社エイ出版社

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com

VOLVO J SPORTS