Tag: "ジュリアン・ウィルソン"

ウィルソンが"新"ホームタウンで優勝、QS5000第5戦 決勝で地元のキャリナンとの豪州対決制す

ウィルソンが”新”ホームタウンで優勝、QS5000第5戦 決勝で地元のキャリナンとの豪州対決制す

件のコメント 2020年3月9日

男子のクオリファイングシリーズ(QS)5000の第5戦、サーフェスト・ニューキャッスル・プロが行われた。オーストラリア勢同士の対決となったファイナルは、ジュリアン・ウィルソンが地元ミアウェザービーチのローカルサーファー、ライアン・キャリナンを下し戴冠したが悲喜こもごもの結果となった。35分間の決勝で両者が14.27のスコアで並ぶも、マークリチャーズトロフィーは、イベントのルールに沿って、シングルウェーブの最高スコア8.5を出した世界11位のウィルソンへ正当に贈られた。一方、世界14位でグーフィースタイルのキャリナンは、初のローカルサーフェスト勝者になることに今までで最も近づいた。地元の声援を受けてファイナルまで進んだが、決勝で対戦したウィルソンもこのタイトルを切望していたかもしれない。ウィルソンは2年前に家族と移住し、地元のコネクションを使って元サーフェストファイナリストのルーク・イーガンにコーチしてもらっていた。

『2014 ASP Men's世界タイトル』はブラジル人史上初の「ガブリエル・メディーナ(ブラジル)』が獲得!『Billabong Pipe Masters』と『2014 Vans Triple Crown』2つのタイトルは「ジュリアン・ウィルソン(オーストラリア)」が獲得!

『2014 ASP Men’s世界タイトル』はブラジル人史上初の「ガブリエル・メディーナ(ブラジル)』が獲得!『Billabong Pipe Masters』と『2014 Vans Triple Crown』2つのタイトルは「ジュリアン・ウィルソン(オーストラリア)」が獲得!

件のコメント 2014年12月20日

『2014 Vans Triple Crown』:ASP WCT『Billabong Pipe Masters』:2014年 12月19日(金曜日):現地時間の2014年12月19日(金曜日)午前7時30分(日本時間の2014年12月20日(土曜日)午前2時30分)、新たなスウェルによって6~8フィートまでアップした「バンザイパイプライン」において、『2014 Vans Triple Crown Of Surfing』の最終戦であり、「Samsung Galaxy 2014 ASP World Championship Tour」の最終戦でもある『Billabong Pipe Masters』のファイナルデーがキックオフされた。

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple