Tag: "Billabong Pipe Masters in Memory of Andy Irons"

2度目のワールド・チャンピオン輝いたガブリエル・メディーナ - Backstage

2度目のワールド・チャンピオン輝いたガブリエル・メディーナ – Backstage

件のコメント 2018年12月19日

2018年ワールドタイトルレース・ショーダウンは、2014年彗星の如く現れた、史上最年少ワールドチャンピオン(当時20歳)から、4年ぶりにガブリエル・メディーナ(現24歳・ブラジル)が、2度目のワールドチャンピオンと初パイプマスターに輝いた。WSL(旧ASP)歴代複数年ワールドチャンピオンは、ミック・ファニング(オーストラリア・3回)、ケリー・スレーター(アメリカ・11回)、アンディ・アイアンズ(ハワイ・3回)、ダミアン・ハードマン(オーストラリア・2回)、トム・カレン(アメリカ3回)、トム・キャロル(オーストラリア・2回)、マーク・リチャーズ(オーストラリア・5回)と時代は1982年まで遡る。

トリード敗退。明日のワールド・タイトルレースは、メディーナ vs ウィルソン!!

トリード敗退。明日のワールド・タイトルレースは、メディーナ vs ウィルソン!!

件のコメント 2018年12月17日

2018年ワールドタイトルレース・ショーダウン!!本日ラストヒート、ラウンド3・ヒート12には、夕方まで会場のビーチを埋め尽くす観客と、素晴らしいサードリーフ・リアル・パイプラインで最高のマッチアップを迎えた。11Xワールドチャンピオン・7度のパイプマスター、キング・ケリー・スレーター(アメリカ・47歳)vs フィリッペ・トリード (ブラジル・23歳)は、ケリーが、バックドアとパイプのバレルを決め、トリードをコンビネーションに追い込み、3名のワールド・タイトルレース・ショーダウンからトリードが外れる結果となった。

脇田パイプ・インビテーショナル・セミファイナル進出!! - Backstage

脇田パイプ・インビテーショナル・セミファイナル進出!! – Backstage

件のコメント 2018年12月14日

日本人唯一パイプ・インビテーショナル出場の脇田貴之。ファイナル進出への期待も高まったが、セミファイナルでは、30分ヒートの中で、1本のパイプ・バレルがゲットできず、惜しくもファイナル進出を逃した。脇田は、パイプライン31年の経験を生かし、世界で選ばれた32名のバレルスペシャリスト達と戦い、セミファイナルまで進出をした。

カノア・イガラシ、ミッション・コンプリート - WCT Outlook

カノア・イガラシ、ミッション・コンプリート – WCT Outlook

件のコメント 2016年12月21日

2016年最終戦、ビラボンパイプマスターズを制したのは、ミシェル・ボレーズ。久しぶりの表彰台だ。トリプルクラウンタイトルはジョンジョン・フローレンス、3度目。ワールドタイトルに花を添えた。ミシェルはポルトガルの後に子供が生まれ、バタバタした中での最終戦になったけど、パパ、強しだね。厳しかったのはラウンド5のフィリッペとの対決かな、と思う。フィリッペがこの大会唯一の10点満点を出してたから。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

件のコメント 2016年12月21日

今日この日起こった事を一言で表わすのは非常に難しい。ジョンジョンが優勝した可能性だって十分あったし、あるいはケリー・スレーターにも可能性はあった。しかし結論はそうではなかった。今年のビラボン・パイプマスターズは最初から最後まで波の心配があった。この日の波は4-6foot(主にバックドアがメイン)で、大きな期待はできなかった。しかし、実際にはよりドマラティックな展開となったのだ。いくつかの物語がある。その一つが、多くの人が注目したであろうカノア五十嵐とナット・ヤングだろう。ナット・ヤングは来年のCTにクオリファイするために少なくともラウンド5まで勝ち進む必要があった。その間にカノアはセミファイナルを勝ち上がった。このビッグリーフブレイクにおいてこのルーキーが成し遂げたことは快挙だと言っていい。来年のチャンピオンシップツアーではいよいよ親友のイズキール・ラウと激突する姿を見る事ができるだろう。

カノアおめでとう! 初パイプマスータズ2位!! WSL CTランキング20位でフィニッシュ!! - Backstage

カノアおめでとう! 初パイプマスータズ2位!! WSL CTランキング20位でフィニッシュ!! – Backstage

件のコメント 2016年12月20日

初のパイプマスータズ2位、おめでとう、カノア・五十嵐(19歳)

カノア・五十嵐、ラウンド4で、王者・ケリー・スレーターとBigマッチアップ!! - Backstage

カノア・五十嵐、ラウンド4で、王者・ケリー・スレーターとBigマッチアップ!! – Backstage

件のコメント 2016年12月19日

パイプマスターズは、ストームの接近により、3日間のウエイティングをし、今日バックドア対決の幕が再開された。今日のパイプマスターズでは、2014年のWSLワールド・チャンピオン、ガブリエル・メディーナ(ブラジル)と2015年WSLワールド・チャンピオン・2015年パイプマスター、エイドリアーノ・デ・ソーザ(ブラジル)、二人の王者が破れる大波乱が起きた。

明日、パイプマスターズ、ラウンド2再開に期待!!- backstage

明日、パイプマスターズ、ラウンド2再開に期待!!- backstage

件のコメント 2016年12月18日

The Billabong Pipe Masters Day10 ハワイ時間、昨晩20時のブイを観ると、13second, 20ftのカミングアップとオンショアが吹き荒れ一夜経った今朝のパイプラインには、若干落ち着きを見せ期待を含まらせる、8~12ftのオフショア・コンディションからのスタートとなった。HAWAII時間の朝7時30分、パイプマスターズのコンテストディレクター、マーティー・トーマスから、11時40分までのオン・ホールドがコールされた。

ブラジリアンパワー炸裂!!2014パイプマスターズ・FINAL DAY! - Backstage

ブラジリアンパワー炸裂!!2014パイプマスターズ・FINAL DAY! – Backstage

件のコメント 2014年12月22日

バンザイ・パイプライン・オアフ島・ハワイ(2014年12月21日・日曜日)2014年 ASP World Title Show Downの歴史的瞬間を、パイプマスターズ録画日本語放送でお楽しみ下さい。

ブラジルに初のワールドタイトル - WCT Outlook

ブラジルに初のワールドタイトル – WCT Outlook

件のコメント 2014年12月20日

ブラジルに初のワールドタイトル。苦節25年とかかね。ファビオ、フラビオとかの時代からだから。長いことかかったけど、日本よりはだいぶ早い。20歳の若さでタイトルを取るって、日本の選手たちがそれをイメージできるとは思えないし、今のジュニア選手たちがあと4年5年でそこに行くというのもあまり現実的なことではなさそうだ。

1 / 212
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple