Tag: "BWT"

カイ・レニーがビッグウェーブツアー、プエルトエスコンディードの覇者に!

カイ・レニーがビッグウェーブツアー、プエルトエスコンディードの覇者に!

件のコメント 2017年8月3日

プエルトエスコンディード・チャレンジを制したカイ・レニー。彼の輝かしいキャリアにまた一つ大きな勲章が与えられた。ビッグウェーブツアーでの優勝は、週末に行われる国際的に有名なモロカイ・トゥー・オアフパドルレースにも選出されているこのハワイアンウォーターマンにとって初のことだ。

ジェイミー・ミッチェル、ナザレチャレンジに名を残す!

ジェイミー・ミッチェル、ナザレチャレンジに名を残す!

件のコメント 2016年12月24日

オーストラリア出身のジェイミー・ミッチェルがこの日、偉業を達成した。世界屈指のビッグウェーブポイントとしても有名なポルトガルはプライア・ドゥ・ノルテで史上初開催となったナザレチャレンジ。波は30?40footにもなった。そのベテランウェーターマンは、その卓越したスキルでトリッキーなラインナップに対しても落ち着いた戦術で挑み、ビッグウェーブツアーで自身初となる勝利を手にした。ミッチェルは巨大なレフトの波を駆け下りると、トレードマークとも言えるレイルグラブでボトムを維持し、息を飲むようなライディングを見せた。

プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

件のコメント 2016年6月27日

グラント・ベーカーはここプエルト・エスコンディードに20年余りも来ている。そしてこの日、彼のショーが始まった。巨大な波の遊技場のようなタフなコンディションの中、南アフリカのレジェンドはまるでプエルトのバレルを試験場だと言わんばかりに、この日の大半をチューブライディングに費やしていた。

ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

件のコメント 2016年6月26日

この日のヒート4、ジェイミー・ミッチェルは少しナーバスだった。なぜなら午前9時に始まったプエルト・エスコンディド・チャレンジは1ヒート75分でミッチェルのヒート4が始まったのは12時45分のことだった。獰猛なメキシコの波はその姿を消す早さでも有名だったのだ、、、

「ビリー・ケンパー(ハワイ)」が巨大なバレルをメイクして勝利する!WSL BWT『Pe'ahi Challenge』

「ビリー・ケンパー(ハワイ)」が巨大なバレルをメイクして勝利する!WSL BWT『Pe’ahi Challenge』

件のコメント 2015年12月7日

マウイ島のローカルである「ビリー・ケンパー(ハワイ)」は、現地時間の12月6日(日曜日)にキックオフされた2015-2016 WSL BWT『Pe’ahi Challenge』において、ホーム・タウンの群衆の前でビッグ・スコアを記録して勝利。ケンパーは、Round 1、Semi-finals、Finalの3つのヒートにおいて、素晴しいハイスコアをメイク。そして、Finalではパーフェクトなタイミングで巨大なバレルをメイクして『Pe’ahi Challenge』チャンピオンとなった。

アイルランドのラインナップ

アイルランドのラインナップ

件のコメント 2015年3月19日

News:「アイルランド」は、サーフ・スポットとしてよりも、なだらかに起伏(きふく/高くなったり低くなったするさま)に丘陵(きゅうりょう/なだらかな起伏の続く地形)する土地として知られています。そして、極寒の水と一貫性のないコンディションは、熱帯のハワイ、フィジーなどのサーフィンの地、またはヨーロッパ近隣諸国の南側、フランス、ポルトガル、スペインなどでもありません。

2014-2015 WSL『BWT』タイトルは、「マクアカイ・ロスマン(ハワイ)」が獲得する!

2014-2015 WSL『BWT』タイトルは、「マクアカイ・ロスマン(ハワイ)」が獲得する!

件のコメント 2015年3月3日

2015年2月28日をもって、2014-2015シーズンのWSL BWT第5戦、6戦のウェイティング・ピリオド(開催期間)が終了し、ハワイのビッグ・ウェーバーである「マクアカイ・ロスマン(ハワイ)」が「2014-2015 WSL BWT」の世界タイトルを獲得しました。WSL Qualifying Series(QS)ツアーを数年間フォローしたロスマンは、今シーズン「ワイルド・カード(特別枠)」でBWTに出場すると、シーズンの開幕戦(BWT第2戦)となった「Billabong Pico Alto」に優勝し、続く(BWT第4戦)「Punta Galea Challenge」を準優勝でフィニッシュして「BWT 20,833pts」を獲得。世界第2位となった「ガブリエル・ヴィラーラン(ペルー)」に約7,000pts差をつけてのBWT世界チャンピオンに輝きました。

2015年1月21日 PE'AHI SESSION PHOTO'S - Backstage

2015年1月21日 PE’AHI SESSION PHOTO’S – Backstage

件のコメント 2015年1月24日

ハワイ・マウイ島・ピアヒにて、ウェイティングピリオドに、入っているWSL BWT Pe’ahi Challenge。現地ハワイ時間の2015年1月22日(木曜日)午前8時スタートに向けて、一時は「グリーン・アラート(開催間近)」が、コールされたが、その後、大きなスウェルダウンの予報によって、イベント主催者側により、「レッド・アラート(順延)」がコールされた。

BWT『Pe'ahi Challenge』は、「レッド・アラート(順延)」をコール。

BWT『Pe’ahi Challenge』は、「レッド・アラート(順延)」をコール。

件のコメント 2015年1月22日

World Surf League(WSL) Big Wave Tour(BWT)『Pe’ahi Challenge』:2015年1月19日(月曜日):先日ハワイ・マウイ島の「Pe’ahi(ジョーズ)」において「イエロー・アラート」がコールされたWSL BW『Pe’ahi Challenge』は、現地時間1月22日(木曜日)午前8時のキックオフに向けて、きょう「グリーン・アラート」をコールしました。このエリアに30~40フィートにまで達する巨大なスウェルが押し寄せる予報で、世界最高峰のビッグウェーブ・サーファーたちが巨大な波にパドルアウトする姿をWSLイベントサイトのライブ中継からご覧ください。

Big Wave Tour(BWT)イベントガイド:『Pe'ahi Challenge』

Big Wave Tour(BWT)イベントガイド:『Pe’ahi Challenge』

件のコメント 2015年1月6日

「Pe’ahi」は、「ジョーズ」の名で世界的に知られています。「XXL」の世界は、巨大でチャレンジングなコンディションにおけるビッグウェーブサーフィンの頂点であり、Pe’ahiの波は60フィートにまで達することさえあります。マウイ島の北西部から浅い棚になるにつれて屈折して曲がり、その海中の尾根に太平洋の深い大規模な水の量から作られます。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple