Tag: "Drug Aware Margaret River Pro"

ネクストレベルに到達したジョンジョン・フローレンス、マーガレットリバープロを制する!

ネクストレベルに到達したジョンジョン・フローレンス、マーガレットリバープロを制する!

件のコメント 2017年4月10日

ここ外洋の波を、これほどまで完璧に乗ることのできるサーファーはもはやCTの中でフローレンスしかいない。ランピーもバンピーも乗りこなし、深い位置でのリッピングもリヴァースも文句なし。もはやアンタッチャブルな存在ですらある。メインブレイクの気まぐれさは、多くのサーファーにとって頭の痛いところだった。しかし、この男にとってその波は、ちょうどノースショアのププケアライトのような巨大な遊び場所だったようだ。

Margaret River 2日目は、メディーナ、ウィルコ、ミックが破れる大波乱!

Margaret River 2日目は、メディーナ、ウィルコ、ミックが破れる大波乱!

件のコメント 2017年3月31日

カノア「時に、自分にとってのヒーローや、尊敬する人と戦う、それがツアーなんです。でもヒートの間は、彼らはヒーローなどではなく、叩くべき相手だと、切り替えなければなりません」。この日、ミック・ファニングを打ち負かしたカノアは、さらに危険なサーファーたちが待つラウンドへと駒を進めた。この日、試合開始そうそうに波乱は起きた。ローカルワイルドカードとして出場したジェイコブ・ウィルコックスとガブリエル・メディーナは10ftのセットがブレイクする沖へとパドルアウト。ウィルコックスはローカルの知識をもって2014年のワールドチャンピオンを打ち負かしたのだった。

Drug Aware Pro、ノースポイントにて始まる!

Drug Aware Pro、ノースポイントにて始まる!

件のコメント 2017年3月30日

「俺たちは歴史をつくってるんだ」。そう言うとセバスチャン・ジーツは大きな笑い声を上げた。この日行われたDrug Aware MargaretRiver Proのラウンド1の最後のヒートに姿を現したシーバス。イベント最初のパーフェクト10をスコアした。このヒートでは、15分間誰も波に乗らなかったため、ルールにのっとり試合は再スタート。今大会ディフェンディングチャンピオンのシーバス。残り12分をプライオリティーを持ち、波を待っていた。その時持っていたスコアは僅か0.37ポイント。それまでの11ヒートすべてに言えることだが、強烈な南アングルのウネリにより、長い小康状態が常で、それによって選手達のパフォーマンスも大成功か、大失敗に二分されていた。しかし、ひとたびセットが入れば、パワフルで、完璧な波がブレイクしたのだった。

セバスチャン・ジーツ、マーガレットリバーに歴史を残す

セバスチャン・ジーツ、マーガレットリバーに歴史を残す

件のコメント 2016年4月17日

セバスチャン・ジーツはセミファイナルでイタロ・フェレイラを下した後、しばらくの間沖にとどまり、自らの驚くべき飛躍に思いをはせていたようだ。ジーツは昨年、ツアーから脱落。マイナーリーグへ落ちたことにひどく落ち込んでいた。彼はCTツアーを心から愛していたし、世界屈指の波をたった二人で独占できる権利を失いたくなかったのだ。

タジ・バロウ、引退を決意

タジ・バロウ、引退を決意

件のコメント 2016年4月10日

マーガレットリバー第2戦。タジ・バロウがCTからの引退をこの日のモーニングショーで発表した。最終戦を今年のフィジーにする予定であることも併せて伝えた。現在37歳のタジ・バロウは18年以上もの間、CTのエリートツアー選手の中心的人物だった。それでも彼の笑顔が未だかつてないほど輝いているのは、新しい家族と一緒にいることが彼にとってこの上ない喜びだからだろう。

マーガレットリバープロ初戦、ベテラン勢が奮闘!

マーガレットリバープロ初戦、ベテラン勢が奮闘!

件のコメント 2016年4月9日

この数週間を振り返り、ランキングを見直してみると、あなたは何かの間違いだと思うかもしれない。Drug Aware Margaret River Proが始まった今、ケリー・スレーターはトップ20にすら入っていない。ジョエル・パーキンソン、ジョンジョン・フローレンス、アドリアーノ・デ・スーザは、かろうじてトップ10以内を保っている状態だ。そして、二人のルーキーと怪我によるリプレイスメントがトップ8以内におり、マット・ウィルキンソンが断トツでトップに立っている。

マーガレットリバーのワイルドカード!

マーガレットリバーのワイルドカード!

件のコメント 2016年4月7日

チャンピオンシップツアー第3戦となるマーガレット・リバー・プロのワイルドカードの一枚に地元サーファーのジャック・ロビンソンが選ばれた。ハワイのビッグウェーブにおいても存在感を見せるこの18歳の若きサーファーは、地元で開催されるこのイベントの台風の目になるかもしれない。

Men's WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、デ・ソウザが優勝!世界ランキングのトップにも躍り出る!

Men’s WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、デ・ソウザが優勝!世界ランキングのトップにも躍り出る!

件のコメント 2015年4月27日

Men’s Samsung Galaxy World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #3『Drug Aware Margaret River Pro』:Semi-finals、Final:ウェスタン・オーストラリア/マーガレットリバー:Men’s Samsung Galaxy WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、サイズのある素晴しいクリーンなコンディションの続くメインブレイクにてファイナルデーを迎え、ハワイのスター・サーファーである「ジョン・ジョン・フローレンス(ハワイ)」とのFinalを制したブラジリアン・ストームのリーダー「エイドリアーノ・デ・ソウザ(ブラジル)」が見事に優勝。デ・ソウザは、イベントチャンピオンに輝くと同時に、WSL CT世界ランキングでもカレントリーダー(1位)へとジャンプアップし、「ジープ・リーダー・ボード」のトップにクレジット。デ・ソウザは、次の故郷ブラジルへと戻って開催されるMen’s Samsung Galaxy WSL CT #4「Oi Rio Pro」において、世界No 1の称号である「ゴールド(イエロー)・ジャージ」を着用する。

Women's WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、コンローグが優勝!世界ランキング2位へと浮上する!

Women’s WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、コンローグが優勝!世界ランキング2位へと浮上する!

件のコメント 2015年4月24日

Women’s Samsung Galaxy World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #3『Drug Aware Margaret River Pro』:Round 4、Round 5、Quarter-finals:ウェスタン・オーストラリア/マーガレットリバー:Women’s Samsung Galaxy WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、サイズのある素晴しいクリーンなメインブレイクにおいて、2度のWomen’s世界チャンピオンである「カリッサ・ムーア(ハワイ)」をFinalに迎えて、アグレッシブなレールトゥレールのサーフィンを披露した「コートニー・コンローグ(アメリカ合衆国)」が優勝。今シーズンCTカレントリーダー(1位)を走るムーアの連勝を止めたコンローグは、「2015 Women’s Samsung Galaxy WSL CT世界ランキング」2位へと浮上。

Men's WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、ベスト4が決定!デ・ソウザは世界No 1の称号「ゴールド(イエロー)・ジャージ」を獲得する!

Men’s WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、ベスト4が決定!デ・ソウザは世界No 1の称号「ゴールド(イエロー)・ジャージ」を獲得する!

件のコメント 2015年4月21日

Men’s Samsung Galaxy World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #3『Drug Aware Margaret River Pro』:Round 4、Round 5、Quarter-finals:ウェスタン・オーストラリア/マーガレットリバー:Men’s Samsung Galaxy WSL CT #3『Drug Aware Margaret River Pro』は、Round 4、Round 5、そしてQuarter-finalsまでを素晴しいクリーンなコンディションのメインブレイクにて終了させ、いよいよファイナルデーへと向かうベスト4が決定。そして、ブラジリアン・ストームのリーダーである「エイドリアーノ・デ・ソウザ(ブラジル)」は、Round 3では驚異的なスキルを披露してパーフェクト10ポイントをスコアした11度のMen’s世界チャンピオン「ケリー・スレーター(アメリカ合衆国)」をQuarter-finalsの相手に向かえると、素晴しいエクセレント・ライドによって見事スレーターを破った。デ・ソウザは、ファイナルデーのSemi-fainalsへと進むと同時に「Men’s Samsung Galaxy WSL CT世界ランキング」カレント・リーダー(1位)へとジャンプアップし、次の故郷ブラジルで開催されるMen’s Samsung Galaxy WSL CT #4「Oi Rio Pro」において、世界No 1の称号である「ゴールド(イエロー)・ジャージ」を着用する。

1 / 3123
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple