Tag: "featured"

Drug Aware Pro、ノースポイントにて始まる!

Drug Aware Pro、ノースポイントにて始まる!

件のコメント 2017年3月30日

「俺たちは歴史をつくってるんだ」。そう言うとセバスチャン・ジーツは大きな笑い声を上げた。この日行われたDrug Aware MargaretRiver Proのラウンド1の最後のヒートに姿を現したシーバス。イベント最初のパーフェクト10をスコアした。このヒートでは、15分間誰も波に乗らなかったため、ルールにのっとり試合は再スタート。今大会ディフェンディングチャンピオンのシーバス。残り12分をプライオリティーを持ち、波を待っていた。その時持っていたスコアは僅か0.37ポイント。それまでの11ヒートすべてに言えることだが、強烈な南アングルのウネリにより、長い小康状態が常で、それによって選手達のパフォーマンスも大成功か、大失敗に二分されていた。しかし、ひとたびセットが入れば、パワフルで、完璧な波がブレイクしたのだった。

新たなタイトルレーがスタート - WCT Outlook

新たなタイトルレーがスタート – WCT Outlook

件のコメント 2017年3月20日

いよいよスタートしたCTツアー2017。昨年のワールドタイトルはジョン・フローレンスとタイラー・ライトだったが、またトップ32、トップ17が新たなタイトルレースのスタートを切った。世代交代完了なのか、45歳の奇跡の現役ケリー・スレーターの本気がどこまで来るのか、女子のサーフィンのレベルはどこまで上がるのか、いろいろ見どころの多いシーズンが始まった。オウエン・ライト、ビード・ダービッジ、ミック・ファニング、レイキー・ピーターソンなど、昨シーズンをけがなどで休んでいた選手たちも全員復帰。

オーウェン・ライトがミラクルなミッションを成し遂げた!

オーウェン・ライトがミラクルなミッションを成し遂げた!

件のコメント 2017年3月20日

マット・ウィルキンソン「この大会が始まる前、オーウェン・ライトに、決勝で会おうと約束したんだ。それが現実になった」。まったく信じられない、出来すぎた話が、このQuiksilver Pro Gold Coastで起こったのだ。オーウェンとウィルコは決勝で対峙した。ウィルコの予知能力か、はたまた運命か。その裏には驚異的なオーウェン・ライトの躍進劇があった。それは単なる逆転劇などではない。パイプラインでの怪我から半年あまり。それは見事な復活劇だった。

スナッパーロックスを沸かせたルーキーたち!

スナッパーロックスを沸かせたルーキーたち!

件のコメント 2017年3月18日

一体何が起こった!?この日ゴールドコーストで行われた、Quiksilver Proにいた誰もがそう思った瞬間があった。これほどまでに完璧な波があるだろうか。そしてツアールーキー達がイベントチャンピオンを次々に打ち破り、パーフェクト10ポイントを叩き出したものもいた。チャンピオンシップツアーに参戦する誰もが、今シーズンを見直すことになるだろう。

世界王者戦、ついに始まる。

世界王者戦、ついに始まる。

件のコメント 2017年3月17日

86日。これが何を意味するか分かるだろうか。時間にして2,064時間。123,840分。我々はこの日が来るのを楽しみにしていた。それはチャンピオンシップツアーのヒーロー達が、ヒートに戻ってくるまでの時間だ。2017年のシーズンがいよいよキックオフした。Quiksilver Proのラウンド1とRoxy Proのラウンド2がスナッパーロックのライトハンダーで、この日おこなわれた。この86日間は長い月日に感じるだろう。世界王者を競うトップサーファーたちがツアーのもと、一堂にかいした。

頭角を現し始めた大原洋人、表彰台に舞い戻る!

頭角を現し始めた大原洋人、表彰台に舞い戻る!

件のコメント 2017年3月14日

大原洋人とホリー・ウォンがオーストラリアはビーチブレイクのアボカビーチで行われた、2017年のKomunity Project Central Coast Proを制した。大原洋人がこの5日間を大暴れ。そのエレクトリックなエアリアルを駆使し、首尾一貫してハイスコアをメイクしつづた。この日本から来たナチュラルフッター、セミファイナルとファイナルではエクセレントスコアを連発し、オーストラリアはマルブラのサーファー、モンティ・テイトを打ち破り、見事勝利を手にした。これは大原にとって2015年のUS Open以来の優勝となった。

絶好の波のマンリーを制した、ジェシー・メンデスとマリア・マニュエル!

絶好の波のマンリーを制した、ジェシー・メンデスとマリア・マニュエル!

件のコメント 2017年3月6日

ジェシー・メンデスとマリア・マニュエルがこの日、恐らくはかつてないほどのベストコンディションの波のマンリーで行われていた2017 Australian Open of Surfingを制した。今シーズン2度目のQS6000は2~3ftの波でファイナルを迎えた。先週行われていたNewcastle Surfestでファイナリストとなったブラジリアンのグーフィーフッター、メンデスが今回はより大きな成績を残す結果となった。最終日となったこの日、ハングリーなQSコンペティターが揃う中、メンデスが決勝で対峙した最も大きな壁は、現在世界ランキング8位、今大会No1シード選手である、ジュリアン・ウィルソンだった。

WSL Asiaシリーズがいよいよ4月のインドネシアから始まる!

WSL Asiaシリーズがいよいよ4月のインドネシアから始まる!

件のコメント 2017年3月2日

WSLコミッショナーオフィスは2017年シーズンから正式に、リージョナルの区分を拡大する改革を決定し、アジアツアーは4月から始まります。まず、最も大きな括りでわけられていた太平洋の真ん中にあるサーフィンのルーツでもある「Hawaii」リージョンを拡大し、1月からツアーを開始し、新規に「Hawaii/Tahiti Nui」リージョンとなりました。そしてジャパン(日本)リージョンは、アジア州の中心として地域拡大をする中で、以前までは「オーストラレイジア」リージョンに含まれていたアジア諸国(中国、台湾、インドネシア、フィリピン、スリランカ、モルジブ、インド)を統合し、改めて「Asia」リージョンとなります。

ヤゴ・ドラとジョアンナ・デフェイがニューカッスルを制する!

ヤゴ・ドラとジョアンナ・デフェイがニューカッスルを制する!

件のコメント 2017年2月28日

WSLクオリファイシリーズ6000イベントがこの日、3~4ftの波のメレウェザーポイントで終了した。若きブラジリアン、ヤゴ・ドラが今大会を終始リードし、決勝では同胞、ジェシー・メンデスを相手に、バトルを繰り広げた。ドラはトレードマークとも言えるエアリアルを駆使し、優勝をその手にした。この日の立ち上がり、ドラは若干スロースタートだった。しかし、一度リズムを掴むと、解き放たれたかのように目を覚ました。決勝も例外ではなかった。ビッグセクションで驚異のエアリアルでエクセレントな8.83ポイントを手にすると、次にフルローテーションのエアリヴァースで文句なしのパーフェクト10ポイントを稼いだ。

ギルモアが完璧なスタートを切ったSurfest Newcastle

ギルモアが完璧なスタートを切ったSurfest Newcastle

件のコメント 2017年2月24日

オーストラリアはニューカッスルで始まっているMaitland and Port Stephens Toyota Pro。ラウンド3のヒート10まで消化されたウィメンを見てみよう。試合は2~3ftの波に若干、風が入ったコンディションの中行われた。ステファニー・ギルモアは今シーズンのスタートをトータルスコアほぼパーフェクトの19.00ポイントで切る事が出来た。6度の世界制覇に裏付けられた彼女のパワーと精度は、他を寄せ付けなかった。

1 / 9312345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple