Tag: "featured"

『Momentum』の製作の裏側に迫った『Momentum Generation』が12月11日に発売!

『Momentum』の製作の裏側に迫った『Momentum Generation』が12月11日に発売!

件のコメント 2018年11月8日

1989年の冬、アメリカ中に四散する指折りのヤングサーファーたちがノースショアの波を追い求め、1つの屋根の下に集まった。その中にはケリー・スレーター、ロブ・マチャド、シェーン・ドリアン、ロス・ウィリアムズ、テイラー・ノックス、カラニ・ロブといった。その当時の新しいサーフシーンの礎を築いた精鋭たちがそろっていた。彼らはベンジー・ウェザリーのお母さんのサポートによって衣食住を共にし、近所の家に住むテイラー・スティールがその模様をカメラに収めた。テイラー・スティールは、ベンジーの家に集まった仲間のサーフィンやライフスタイルを撮影し続け、3年後に自身初の代表作となる『Momentum』(モーメンタム)をリリースした。このフィルムに収められたヤングサーファーたちの斬新なサーフィンやライフスタイルは、非常に魅力的であり、当時のサーフィン業界に新たな旋風を巻き起こしたことは間違えない。このフィルムのリリース以降、彼らはこの作品のタイトルを文字って『モーメンタム世代』と呼ばれるようになった。

ペイジ・ハーブが日本の「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」で待望のを勝利を飾る!

ペイジ・ハーブが日本の「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」で待望のを勝利を飾る!

件のコメント 2018年10月21日

「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」の最終日が開催され、QSのベテランのペイジ・ハーブがイサベラ・ニコラスを撃破し、見事に優勝を飾った。最終日はラウンド3からファイナルまで行うハードスケジュールとなったが、ハーブは勢いを止めることなく持ち前の力を発揮した。CT選手のハーブは過去に一度10年近くCTから姿を消していたが、昨年はCTに返り咲き今シーズンの結果次第では、今回の勝利が彼女を再びCTで残留できる可能性を多くのファンに示した。彼女は現在13,800のQSポイントを保持しており、現在QSランキングを3位につけている。

ウィメンズにとっては厳しいコンディションとなった QS3000「ホワイトバファロー日向プロ」

ウィメンズにとっては厳しいコンディションとなった QS3000「ホワイトバファロー日向プロ」

件のコメント 2018年10月20日

ワールド・サーフ・リーグ(WSL)ウィメンズ(QS)ホワイト・バッファロー・ウィメンズ・日向プロQS 3000は2日目を迎え 大会に出場する選手は第2ラウンドでの重要な勝利を収めることを強いられた。今日はこのラウンドを行うだけの短いスケジュールとなった。2~3フィートのオンショアの影響を強く受けない波で、早期終了を余儀なくされた。 明日の決勝に向けて3,000ポイントの争奪戦がいよいよ激しくなってきた。

トップの女性サーファーが集まりホワイトバファロー日向プロQS 3000のオープニングデーを飾った!

トップの女性サーファーが集まりホワイトバファロー日向プロQS 3000のオープニングデーを飾った!

件のコメント 2018年10月19日

ワールドサーフリーグ(WSL)女子クォリファイシリーズ(QS)のオープニングデー「White Buffalo Hyuga Pro QS 3000が今日開幕した。 現役のチャンピオンツアーと元チャンピオンシップツアー(CT)の競技者たちが、2から3フィートのお倉が浜ビーチで、クオリティの高い競技会場に挑戦し、勝ち残りを決めた。ラウンド1でのアクションは、日本のツズキ・アムロが現役ベテランCTサーファーのセージ・エリクソン(米国)とパチャ・ライトをおさえて大きなパフォーマンスをみせた。 ツズキの軽快で華麗な素早いアプローチは、トータル14.66(20点満点)を獲得し、7.83の最高シングルスコアウェーブ(10点満点)を掲示し、ファッションを見せつけるキャンペーンを開始した。

世界の最強が集まるQS3,000イベント「WHITE BUFFALO HYUGA PRO」がついに上陸!!

世界の最強が集まるQS3,000イベント「WHITE BUFFALO HYUGA PRO」がついに上陸!!

件のコメント 2018年10月17日

今シーズン国内最大級となる2018年WSL AsiaウィメンズQS3000イベント「WHITE BUFFALO HYUGA PRO」は10月19日から21日の日曜日まで宮崎県日向市のお倉が浜で開催される。長年「Hyuga Pro」としてここ宮崎県日向市のワールドクラスの波で開催されるプロの大会としては今回が最大級となり世界中からトップレベルの女子プロサーファーが集結しベストなパフォーマンスを披露する。10月17日の大会会場付近の天候は、秋晴れの晴天で、波のコンディションは胸から肩サイズでさわやかなオフショアが吹いて波が海岸に打ち寄せている。

最高なコンディションの中で『伊勢志摩プロジュニア』のチャンピオンが決まった!WJC代表も確定!

最高なコンディションの中で『伊勢志摩プロジュニア』のチャンピオンが決まった!WJC代表も確定!

件のコメント 2018年10月14日

極上なコンディションの中で開催された『伊勢志摩プロジュニア』は、WJC(ワールドジュニアチャンピョンシップ)への出場権をかけた選手たちがしのぎを削り、代表の枠を決めるには相応しいコンテストとなった。試合会場となった、三重県志摩市の国府ノ浜には2?3フィート(胸から肩)のスーパーファンウェイブが押し寄せ、ジュニアの選手たちが大人顔負けの巧みなワールドレベルのライディングを見せたつけた。U18メンズクラスのセミファイナルを勝ち上がりファイナルにそろったのは、昨年のWJC第2位の安室丈(アヅチ・ジョウ)、現在オーストラリアでスキルアップに励む田中透生(タナカ・トウイ)、先週の南房総ジュニアプロで4位となった西優司(ニシ・ユウジ)、そしてインドネシアから参加した昨年のアジアチャンピオン和井田理央(ワイダ・リオ)といった豪華なメンバーが揃った。

伊勢志摩プロのDAY1終了

伊勢志摩プロのDAY1終了

件のコメント 2018年10月13日

今日からスタートした、『伊勢志摩プロジュニア』。 昨日の試合会場の波がフラットであったためコンディションが心配されたが、今日は2から3フィートの波が押し寄せた。
先週開催された南房総ジュニアプロ同様に、 今大会も来年に開催されるWJC(ワールドジュニアチャンピョンシップ)の出場権がかかっていることもあり、日本のみならず海外からも選手が集い、熱い戦いを繰り広げた。

WSLジャパンツアー第5戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月13日(土)、14日(日)志摩市国府の浜で開催。

WSLジャパンツアー第5戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月13日(土)、14日(日)志摩市国府の浜で開催。

件のコメント 2018年10月12日

2018年のWSLジャパンツアー第4戦目となるジュニアイベント「南房総ジュニアプロ」M.B.J.が10月6日(土)から 7日(日)に、千葉県南房総市の千歳ポイントで開催される。台風が頻繁に発生する今年の日本は、すでに25号目となる次の台風が日本列島を今週末に北上する予想となりコンディションが向上することが期待される。WSL Asia Juniorは、今シーズンン2戦目が予定されている。10月13日には伊勢志摩市で「伊勢志摩プロジュニアサーフィンゲーム」が開催を決定している。

2018年ワールドロングボードチャンピオンの日本代表が決定!!

2018年ワールドロングボードチャンピオンの日本代表が決定!!

件のコメント 2018年10月11日

WSLは今季のワールドロングボードチャンピョンシップを台湾の台東で再び開催することを正式に発表しているが。この度コミッショナーからの報告も公表された。メンズ、ウィメンズともに世界中からの選抜された選手が発表された。今年で台湾の国際大会は7回目となるが、今回もワールドクラスの波が期待できる、台東の金樽(ジンズン)ポインで試合が開催される予定。ワールド・ロングボード・チャンピョンシップは、11月26日から12月2日までに開催される。

『Minami Boso Junior Pro 2018』のチャンピオンが決定!

『Minami Boso Junior Pro 2018』のチャンピオンが決定!

件のコメント 2018年10月8日

『南房総ジュニアプロ』M.B.Jのファイナルデイが開催され、各クラスのチャンピョンが決まった。前日に比べて風が強まったが、会場の千歳ポイントには2から3フィート(胸?肩)の波が押し寄せて、白熱した戦いが繰り広げられた。U18メンズクラス、U18ウィメンズクラスともにセミファイナルからのスタートとなった。U18メンズクラスのセミファイナルでは国内外で活躍が目立つ次世代の選手たちがマッチアップした。第1ヒートでは西優司(ニシ・ユウジ)がエクセレントスコアとなる8.00ポイントと7.33ポイントをスコアしてセミファイナルでのハイエストスコアでファイナルへと進んだ。そして、古川海夕(フルカワ・ミユ)、インドネシアのワイダ・リオ、金沢呂偉(カナザワ・ロイ)といったメンバーもファイナルへと進んだ。風が強く難しいコンディションの中、ファイナルで勝負強さを発揮したのが、最年少の金沢である。ヒート中盤に大きなスプレーを飛ばしながら4つのアクションを成功させ、グッドレンジとなる7.10ポイントをマークした。ヒート終盤に古川が逆転を狙い、レフトの波をつかんだが金沢のスコアには及ばず、16歳の金沢が大金星となるプロジュニア初優勝を飾った。

1 / 10712345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple