Tag: "Hurley Pro at Trestles"

ロウワートラッスルズのハーレープロ、女子のスウォッチウイメンズプロが終了 / WCT Outlook

ロウワートラッスルズのハーレープロ、女子のスウォッチウイメンズプロが終了 / WCT Outlook

件のコメント 2017年9月18日

タイトル争いもすでに終盤ともいえる重要な局面がロウワートラッスルズのハーレープロ、女子のスウォッチウイメンズプロ。会場のロウワートラッスルズはライトもレフトもあるAフレームの美しい波が特徴。サイズが上がればサーフィンのうまい下手がきっちりわかってしまう波だ。それとともに、ロウワーが苦手、という選手はほとんどいないと思うほど、様々なタイプのマニューバーでハイパフォーマンスが期待できる波。誰もが自分の限界を超えるチャージをすることができる波ともいえるし、実際に過去、何度も既存のサーフィンの枠を超えた、エポックメイキングなパフォーマンスが見られた場所でもある。

Hurley Pro at Trestlesが始まる!ワイルドカードの奮闘劇!

Hurley Pro at Trestlesが始まる!ワイルドカードの奮闘劇!

件のコメント 2017年9月14日

五日間のウェイティングを経て、十分な南のスウェルが届いたこの日、Hurley Pro at Trestlesがいよいよ始まった。目立っていたのは、タイトル争いに絡むサーファーたちを次々になぎ倒したワイルドカードの存在だ。現在世界ランキング3位と4位のマット・ウィルキンソンとオーウェン・ライトがラウンド2で姿を消した。

終盤に向けてのターニングポイント / WCT Outlook

終盤に向けてのターニングポイント / WCT Outlook

件のコメント 2016年9月15日

2016年のワールドツアーも終盤に向けてのターニングポイント。カリフォルニアはロウワー・トラッスルズのハーレープロと女子のスウォッチ・ウイメンズプロは、ジョーディ・スミスとタイラー・ライトの優勝で幕を閉じた。開催翌日に、このツアーで20年以上の長きにわたってセキュリティのトップを務めていたデビッド”ウディ”ウッドの自殺など、ショッキングなニュースもあって、スタート序盤は騒然としたムードに包まれた。しかし、試合は滞りなく進行。ファイナルデーは波数の少ないコンディションになったが、迫力のあるカービング合戦が見られた。

ハーレープロ始まる!ローカルの活躍とパーキンソンの奮闘!

ハーレープロ始まる!ローカルの活躍とパーキンソンの奮闘!

件のコメント 2016年9月9日

ローカルの知識を過小評価すべきではない。ロアーズは難しいオンショアコンディションだったこの日、サンクレメンテのクルーにとって経験が結果につながる形となった。そのクルーは何人かのワールドベストサーファーたちの集まりだ。フィリッペ・トレードとジョーディ・スミスは最近カリフォルニアの有名なサーフ・ハブに居を構えている。彼らはロアーズで育ったコロへ・アンディーノやワイルドカードのタナー・ガダスカスといった才能溢れるサーファーたちとも親しい関係だ。

バックハンドアタック、違いわかりますか? - WCT Outlook

バックハンドアタック、違いわかりますか? – WCT Outlook

件のコメント 2015年9月14日

ナット・ヤング、ウィゴリー・ダンタス、エース・バッカン、ガブリエル・メディーナと、クオーターファイナリスト8名の半分がグーフィー、バックハンドアタックで戦って勝って来た選手だ。このバックハンドアタックってけっこうクセモノだと私は思っている。

ジョーディ・スミス、

迫力のダブルファイナルデー。- WCT Outlook

件のコメント 2014年9月19日

Yuki’s WCT Outlook – ハーレープロ、スウォッチガールズプロ共にクオーターから先を残したファイナルデー。ウイメンズは優勝ステファニー・ギルモア、2位にサリー・フィッツギボンスとなり、サリーがカリッサ・ムーアに代わってタイトルレーストップに躍り出た。ステファニーはファイナルスタートのオープニングライドで9.50、そのあとも持ち前の美しいカービングや迫力のあるリップで、男女通して唯一の10点満点をたたき出した。

ガブリエル・メディーナ - © ASP / YUKI

ガブリエル・メディーナのヒート運び – WCT Outlook

件のコメント 2014年9月17日

Yuki’s WCT Outlook – 全世界のコンペティターにとって、本当にガブリエル・メディーナのヒート運びというか、彼の試合のやり方、というのは参考になると思うし、マネした方がいいと思う。今回お気に入りのマジックボードを折ってしまったようで、今ひとつ調子が悪いわけだけど、その中でもなんとか今日勝ち上がったのは、ガブのヒートのやり方のうまさにあると思う。今日なんかもうそれがすごくよく出てた。

カルロス・ムニョス

ワイルドカード大活躍 – WCT Outlook

件のコメント 2014年9月12日

Yuki’s WCT Outlook – なんか、初日と同じ話になってしまいますが、やっぱり、自分に与えられたチャンスを生かす、殺す、って、すごく大事だと思うし、出てくる人は確実に生かしてきてると思った大会2日目。番狂わせ続出。タジ、ケリー、ガブ、カリッサ総崩れ。カリッサはこの試合9位で終わった。タジ、ケリー、ガブはまだラウンド2があるけど、けっこういや~な相手。ケリーがジェレミー・フローレス、ガブは同じブラジルのラオニ・モンテイロ。おそらく男子ラウンド2は来週の月曜に入り始めるビッグスウェルで行われると思うので、そうなるとね、どっちもあまり好んで当たりたい選手ではないよね。あるいは明日このスウェルの残りでやったとすれば、風やセットがピタッと止まる潮周りの時に番狂わせは再度起こりうるだろうし。

Hurley Pro at Trestlesの優勝はタジ・バロー;ASP WCTランキングの首位はミック・ファニング。

Hurley Pro at Trestlesの優勝はタジ・バロー;ASP WCTランキングの首位はミック・ファニング。

件のコメント 2013年9月20日

米国、カリフォルニア州、サン・クレメンテ、ローワー・トラッセルズ (2013年 9月18日、水曜日) – ローワー・トラッセルズの2から4フィート(1メーター)のコンディションの中で開催され、大激闘となったファイナルでジュリアン・ウィルソン(オーストラリア)と対戦した、タジ・バロー(オーストラリア)が2013 Hurley Pro at Trestlesで優勝した。

ハーレープロ2013はタジ・バロウ優勝、ファニングがランキング争いトップに - Yuki's WT Outlook

ハーレープロ2013はタジ・バロウ優勝、ファニングがランキング争いトップに – Yuki’s WT Outlook

件のコメント 2013年9月19日

カリフォルニアのロウワー・トラッスルズで行われていたWCTハーレープロは、タジ・バロウが優勝。2位にジュリアン・ウイルソン、3位がジョーディ・スミスとミシェル・ボレーズという結果になった。ワールドタイトル争いのトップグループが、早い段階で敗れる番狂わせが続いた中、ファイナルデーまで勝ち残っていたミック・ファニングが、ケリーに代わって現時点でのタイトル争いのトップに立った。

1 / 212
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple