Tag: "Kanoa Igarashi"

日本の至宝、イガラシ・カノアが2連覇!VANS US OPENで2連勝!!

日本の至宝、イガラシ・カノアが2連覇!VANS US OPENで2連勝!!

件のコメント 2018年8月7日

「Vans U.S. Open」の最終日は数々のヒートを制した地元ハンティントンビーチ育ちの2人のサーファーが優勝に輝いた。ウィメンズのCTでは怪我から復帰したコートニー・コンローグが勝利、メンズはローカルヒーローで日本の宝でもあるイガラシ・カノアが2009年と2010年にブレット・シンプソン以来となる連覇を成し遂げた。

USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」

USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」

件のコメント 2018年7月27日

カノア・イガラシは3 歳の時の、彼のお父さんがハンティントンビーチのピアの南側の波に、彼のお父さんがカノアを押して波乗りを始めた。そして、今年は20歳になったチャンピオンシップ・ツアー(CT)サーファーが、日本を代表しているが、彼は南カリフォルニアの故郷に大きく根ざしている。だから、毎年夏になるとVans US Open Surfingが町にやってくれば、イガラシはビーチでの地元サポートをうけている。過去数年間、イガラシは自らのコミュニティを誇りにしてきた。.2015年と2016年は3位でフィニッシュした後、2017年には優勝トロフィーをホームに持ちかえり、ブラジルのトーマス・エルメスを上回り、メンズQSシリーズトップクラスで優勝した。「今日は、自分の人生にとって最高の日です」と、イガラシは勝った後に言った。イガラシ以前に、USオープンに勝った最後のハンティントンビーチ出身のサーファーは2009年に勝利したブレット・シンプソンである。

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

件のコメント 2018年2月13日

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)の2018年シーズンに向け、20歳の五十嵐カノア選手が日本人選手としてツアーに参戦することを公式発表した。 日本と米国の二つの市民権を持つ五十嵐は、東京で開催される2020年のオリンピックでサーフィンが史上初の採用となったことを受けて代表国を日本にすることに決めた。「私は、今年のWSLチャンピオンシップツアー(CT)から日本人代表選手として参戦します」と五十嵐は語った。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

件のコメント 2016年12月21日

今日この日起こった事を一言で表わすのは非常に難しい。ジョンジョンが優勝した可能性だって十分あったし、あるいはケリー・スレーターにも可能性はあった。しかし結論はそうではなかった。今年のビラボン・パイプマスターズは最初から最後まで波の心配があった。この日の波は4-6foot(主にバックドアがメイン)で、大きな期待はできなかった。しかし、実際にはよりドマラティックな展開となったのだ。いくつかの物語がある。その一つが、多くの人が注目したであろうカノア五十嵐とナット・ヤングだろう。ナット・ヤングは来年のCTにクオリファイするために少なくともラウンド5まで勝ち進む必要があった。その間にカノアはセミファイナルを勝ち上がった。このビッグリーフブレイクにおいてこのルーキーが成し遂げたことは快挙だと言っていい。来年のチャンピオンシップツアーではいよいよ親友のイズキール・ラウと激突する姿を見る事ができるだろう。

WSL QS 6,000『Hurley Australian Open Of Surfing』は、ジュニア・チャンピオンが決定!

WSL QS 6,000『Hurley Australian Open Of Surfing』は、ジュニア・チャンピオンが決定!

件のコメント 2015年2月12日

World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) 6,000『Hurley Australian Open Of Surfing』:現地時間2015年2月10日(火曜日):WSL QS 6,000『Hurley Australian Open Of Surfing』は、きょうMen’sディビジョンのRound 2を終了すると、その後は「プロ・ジュニア・ツアー・イベント」でのMen’s、Women’sのチャンピオンがそれぞれ決定。

HD World Junior Championships pres. by Devassaの決戦に向け、次世代の最高峰サーファー達がフロリアノポリスに向い始める。

HD World Junior Championships pres. by Devassaの決戦に向け、次世代の最高峰サーファー達がフロリアノポリスに向い始める。

件のコメント 2013年10月22日

ブラジル、フロリアノポリス、ジョアクイナ・ビーチ (2013年 10月21日、月曜日) – 今年のASP世界ジュニアチャンピオンを決めるべく、U-21の世界最高峰のサーファー達一同が、HD World Junior Championships pres. by Devassaの決戦に向け、ブラジルのサンタリナ、フロリアノポリスのジョアクイナ・ビーチに向い始めた。

ASP 1-Star DNA Energy Pro Junior、優勝はカノア・イガラシ

ASP 1-Star DNA Energy Pro Junior、優勝はカノア・イガラシ

件のコメント 2012年3月12日

ニュー・シマイルナ・ビーチ・インレットのチャレンジングで、かつストーミーな3から4フィートのコンディションの中、開催されたASP 1-Star DNA Energy Pro Junior presented by Western Atlantic Surfのファイナルでダニエル・グレン(アメリカ合衆国)、エバン・トンプソン(アメリカ合衆国)、そして、ライアン・クロテアウ(アメリカ合衆国)と対戦し、最上級の演技を披露したカノア・イガラシ(アメリカ合衆国)が自身生涯ASPイベントで初優勝を収めた。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple