Tag: "Kelly Slater"

怪我のケリー・スレーター、6週間の欠場

怪我のケリー・スレーター、6週間の欠場

件のコメント 2017年7月20日

月曜の朝、ケリー・スレーターは右の中足骨を二本骨折する大怪我を負った。それはJ-Bayでのフリーサーフィンでの出来事だった。海から上がるのに人の手を借りなければならない状態で、病院でレントゲン診察を行なった。その結果、スレーターはジュリアン・ウィルソンとカノア・イガラシを撃破したラウンド1を最後に戦線を離脱することとなった。

帝王ケリーがタヒチを制覇、フローレンスは首位!

帝王ケリーがタヒチを制覇、フローレンスは首位!

件のコメント 2016年8月25日

誰もがケリー・スレーターが再び勝利を手にする日を待ち望んでいたはずだ。結局のところこういう白熱した試合にはパーフェクトなチョープーのような波が理想的だということだ。感極まったケリーは試合後にこう語った。「これは間違いなく人生で最高の勝利だった。ジョンジョンと決勝を演じることが出来て幸せさ。だってそうだろ?キャリアの終焉に近づいている僕と、これからまだまだ将来があるジョンジョンやガブリエル。彼らはモンスターだよ。

Volcom Pipe Proはケリー・スレーターの優勝で幕を閉じる

Volcom Pipe Proはケリー・スレーターの優勝で幕を閉じる

件のコメント 2014年2月8日

ハワイ、オアフ島、バンザイ・パイプライン (2014年 2月5日、水曜日) – エピックなトリプル・オーバーヘッドのバレル・コンディションの中で開催されたVolcom Pipe Proのファイナルヒートで一本目のライディングから圧倒的なパフォーマンスを披露した過去11度のASPメンズ世界チャンピオンに輝いたケリー・スレーター(アメリカ合衆国)がイベント優勝を果たした。スレーターにとって今回の優勝はAssociation of Surfing Professionals (ASP) tour通算66勝目となり、更に Banzai PipelineでのASPイベント8勝目となった。来週の火曜日満42歳となる、スレーターは今シーズンがASPツアーに参戦して24年目の年となった。

2014 ASP World Championship Tourに参戦する、ASP Top 34名が確定。

2014 ASP World Championship Tourに参戦する、ASP Top 34名が確定。

件のコメント 2013年12月18日

米国、カリフォルニア州、ロサンゼルス (2013年 12月15日、日曜日) – 2013年のASP World Championship Tour (WCT) シーズンは、先日ドラマチックなフィナーレによってBillabong Pipe Mastersがシーズン全日程の終了とともに閉幕し、2013年のASPメンズ世界チャンピオンとしてミック・ファニング(オーストラリア)が決定した。

Billabong Pipe Mastersの優勝はケリー・スレーター、Vans Triple Crown of Surfingチャンピオンにはジョン・フローレンス。

Billabong Pipe Mastersの優勝はケリー・スレーター、Vans Triple Crown of Surfingチャンピオンにはジョン・フローレンス。

件のコメント 2013年12月16日

ハワイ、オアフ、パイプライン (2013年 12月14日、土曜日) – 極上な10から15フィート(3から4メーター)のパイプラインで開催されたBillabong Pipe Masters in Memory of Andy Irons で、既にVans Triple Crowシリーズチャンピオンを確定させたジョン・フローレンス(ハワイ)との激闘ファイナルを小数点差で制し、イベントに優勝したのはケリー・スレーター(アメリカ合衆国)となった。

Billabong Pipe Mastersの結果でASPメンズ世界チャンピオンが誕生すると共に2014年のクオリファイが最終確定する。

Billabong Pipe Mastersの結果でASPメンズ世界チャンピオンが誕生すると共に2014年のクオリファイが最終確定する。

件のコメント 2013年12月5日

ハワイ、オアフ、パイプライン (2013年 12月5日、木曜日) – 2013 ASP World Championship Tour (WCT) もいよいよフィナーレが近づき、残すは最終戦のBillabong Pipe Masters in Memory of Andy Ironsのみとなった。最終戦ではミック・ファニング(オーストラリア)とケリー・スレーター(アメリカ合衆国)の2名に絞られてきた、ASPメンズ世界チャンピオン争いも終結する。そしてもう1つの大きな焦点は2014 ASP World Championship Tourにクオリファイするサーファー達が最終決定する。

Billabong Pipe Masters期間中の長期予報には大きく期待出来そうだ。

Billabong Pipe Masters期間中の長期予報には大きく期待出来そうだ。

件のコメント 2013年12月4日

ハワイ、オアフ、パイプライン (2013年 12月 3日、火曜日) – Vans Triple Crown of Surfingの最終第3戦、Billabong Pipe Masters in memory of Andy Ironsの公式ウェイティング期間が、日曜日の12月3日に始まった。このイベントの今年の最大の焦点はミック・ファニング(オーストラリア)とケリー・スレーター(アメリカ合衆国)の2名によるASPメンズ世界チャンピオン争いとなる事はいうまでもないが、同時に大きな話題になるのが2014 ASP Top 34へのリクオリファイも壮絶な最終決戦となる。Vans Triple Crown of Surfing公式波予報機関のSurflineの担当者によると、ウェイティング期間内に到来の可能性を持つ2つの要素を既にモニタリングし、ウェイティング期間の初日に早くもパイプラインがさく裂する可能性もあるという。

Quiksilver Pro Franceの初日、エリート・トップ34がハイレベルな演技を披露した。

Quiksilver Pro Franceの初日、エリート・トップ34がハイレベルな演技を披露した。

件のコメント 2013年9月27日

フランス、シーグノーズ・レ・ペノン (2013年 9月26日、水曜日) – Quiksilver Pro Franceは今日、3から4フィートのクリーンなA-Frameコンディションで、イベントサブ会場のシーグノーズ・レ・ペノンにて開幕した。世界最高峰のサーファー達によって、再び白熱したASPメンズ世界チャンピオン争いが繰り広げられた。

Hurley Pro at Trestlesの優勝はタジ・バロー;ASP WCTランキングの首位はミック・ファニング。

Hurley Pro at Trestlesの優勝はタジ・バロー;ASP WCTランキングの首位はミック・ファニング。

件のコメント 2013年9月20日

米国、カリフォルニア州、サン・クレメンテ、ローワー・トラッセルズ (2013年 9月18日、水曜日) – ローワー・トラッセルズの2から4フィート(1メーター)のコンディションの中で開催され、大激闘となったファイナルでジュリアン・ウィルソン(オーストラリア)と対戦した、タジ・バロー(オーストラリア)が2013 Hurley Pro at Trestlesで優勝した。

ハーレープロ2013はタジ・バロウ優勝、ファニングがランキング争いトップに - Yuki's WT Outlook

ハーレープロ2013はタジ・バロウ優勝、ファニングがランキング争いトップに – Yuki’s WT Outlook

件のコメント 2013年9月19日

カリフォルニアのロウワー・トラッスルズで行われていたWCTハーレープロは、タジ・バロウが優勝。2位にジュリアン・ウイルソン、3位がジョーディ・スミスとミシェル・ボレーズという結果になった。ワールドタイトル争いのトップグループが、早い段階で敗れる番狂わせが続いた中、ファイナルデーまで勝ち残っていたミック・ファニングが、ケリーに代わって現時点でのタイトル争いのトップに立った。

1 / 612345...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple