Tag: "Murasaki Shona Open"

湘南の18歳、鈴木 仁(スズキ・ジン)が自身初となるQS制覇を成し遂げた!

湘南の18歳、鈴木 仁(スズキ・ジン)が自身初となるQS制覇を成し遂げた!

件のコメント 2019年7月15日

『Murasaki Shona Open』は18歳の若き日本人サーファーが優勝して、幕を閉じた。最終日は今大会期間の中でもっともコンディションに優れたコンディションのもと、チャンピョンを決定するのにふさわしい、素晴らしい環境が整った。Day8はクオーターファイナルからスタートし、塚本勇太(ツカモト・ユウタ)、石川(イシカワ・ケンタ)、ワイダ・リオ、鈴木 仁がファイナルまで進出した。

タフなコンディションで始まった湘南オープンは選手たちを輝かせた!

タフなコンディションで始まった湘南オープンは選手たちを輝かせた!

件のコメント 2019年7月10日

湘南の鵠沼海岸で開催されている『Murasaki Shonan Open QS 1,500 supported by Nissan Caravan NV350』の初日がキックオフし、ラウンド1の全てとラウンド2の1から7ヒートまでが行われ日没となった。日中は、コンスタントな波がブレイクしていたコンディションで、選手たちはダイナミックなアクションとスコアを連発し観客を沸かせた。和氣 匠太朗(ワケ・ショウタロウ)(日本)は、バックハンドアタックで見事なアプローチを魅せ、彼の最初の波で7.00を獲得した(10点満点中)。 千葉県出身の彼は、昨年のムラサキ湘南オープンでデビューした後、世界のQSエリートに加わることを望みキャリアを進めている。 彼はその先を見据えて多感にサーフィンをし、今回もダイナミックなスタートとなった。彼の才能が開花しる時期かもしれない。「やはり国際大会に出ることは重要な機会です。現在は国内のイベントに参戦していますが、QSにはできる限りでた戦いたいです」と和氣 匠太朗(ワケ・ショウタロウ)はコメントした。「自分はより高いレベルの競争相手に対してサーフィンすることが大切です、そしてこのレベルで良いスコアを得ることはより困難でもあります。 それによって自分のスキルと考え方の両方においてその次のレベルに到達することを実現します。 ポイントを積み重ね、もっと大きなイベントへのサーフィンを目指します。」

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple