Tag: "Taiwan Open of Surfing"

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!

件のコメント 2019年11月30日

ツヅキ・アムロ(日本)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 コンテストの最終日は、金樽港(ジンズンハーバー)に頑強な手に負えないほどの6から8フィートの波が押し寄せ、世界トップクラスのジュニアサーファーがこれにテストされ、歴史的な偉業を成し遂げこの厳しい環境をバラ色の雲の上に変えた。カリフォルニアのケード・マットソンとアリッサ・スペンサーの2人が決勝で準優勝となり、このペ厳しい戦いをした。ツヅキ・アムロ(日本)は今日、新たに歴史を作り、日本初のWSLジュニアワールドサーフィンチャンピオンになった。そして最後は、すべてのヒートで高得点を記録して決勝に進出してきた、アリッサ・スペンサー(アメリカ)と対戦した。決勝日は、彼女にとって以前のヒートのようにはいかず異なり、都筑(ツヅキ)が最終ヒート全体的を制御し、2本の波の組み合わせを13.00(可能な20のうち)として、最終的には彼女がワールドタイトルのトロフィーを得る結果となった。

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

件のコメント 2019年11月28日

2019年「 World Junior Championships」は、台湾の金樽港での2日目の「Taiwan Open of Surfingの一部として継続されている。大会の2日目は、水をえた魚のように生き生きとしたサーファーたちが浴びて3から4フィートの波を忙しく波を捕まえ、クォーターファイナルまでの8人を選び出した。WSLウィメンズワールドチャンピオンのキラ・ピンカートン(米国)が台湾でその日の最高の2本のベストトータルスコアでオープニングラウンドヒートを支配した。ピンカートンの記録した16.76(可能な20のうち)は、金樽の長いレフトの壁に鋭いバックハンドアプローチをくりかえした。 ピンカートンは第1ラウンドと第3ラウンドを通じて、今日のパフォーマンスで再び台湾で他のサーファーを圧勝する予感を魅せた。

マルコ・ジョルジが、「Taiwan Open of Surfing QS3,000」で勝利

マルコ・ジョルジが、「Taiwan Open of Surfing QS3,000」で勝利

件のコメント 2019年11月27日

ウルグアイ出身のマルコ・ジョルジ(URY)が、2019年台湾オープンサーフィンのワールドサーフリーグ(WSL)クォリファイシリーズ(QS)3000に勝利した。 金樽港での決勝戦は強風の中3から4フィートのなみをブレイクし続けた。ジョルジは決勝でオーストラリアのミッチパーキンソン(AUS)に打ち勝った。マルコ・ジョルジ(URY)はこの1週間レーダーを張りまぐらし、決勝まで進み堅実なパフォーマンスを発揮し、イベントではずば抜けた力を魅せるミッチ・パーキンソン(AUS)と対決した。パーキンソンは、空中戦で最高のヒートとタールスコアを記録し、ジョルジは強力なバックサイドターンでジャッジに印象づけした。パーキンソンは、2本の強力なスコアをもとに大多数でヒートをリードした。ジョルジは波を探しあてラインナップをめぐり、最終的にレギュラーサイドの傾斜路に潜り込み、完全に空中で回転するエアーリバースをメイクして、2度目のQS3,000勝利を獲得した。

サーフィンQS3,000の台湾オープンの2日目にいよいよ門が狭まる。

サーフィンQS3,000の台湾オープンの2日目にいよいよ門が狭まる。

件のコメント 2019年11月26日

「Taiwan Open of Surfing 」QS3,000の2日目は22ヒートが行われ、優勝への門が次第に狭まってきた。ラウンド3すべてのヒートをが完了し、ラウンド4は6ヒートまでが、2から3フィートのクリーンでファンな波で競技者を楽しませた。カリフォルニア、サンクレメンテのアップカーマーのケイド・マトソン(アメリカ)は、ラウンド3のヒート8で、トリップパートナーで親友のジェット・シリング(アメリカ)と対戦に挑戦する困難な状況のなか、彼はQSを通じて可能な限り多くの経験をここ金樽港で得たいと考えている。

2017年台湾オープンでのゴールドコスター同士の戦いをパーキンソンが制する!

2017年台湾オープンでのゴールドコスター同士の戦いをパーキンソンが制する!

件のコメント 2017年11月27日

ミッチー・パーキンソン(オーストラリア)と地元スナッパーロックスの仲間シャルドン・シムケス(オーストラリア)は共に旅をしながら、QS1500台湾オープンで勝利をした。この究極な3日間金樽湾の波は常にピークで3~5フィートのコンディションを保ちコンペティター達に提供し続けた。パーキンソンとシムカスは、ファイナルデーで今シーズンのQS史上まれに見るエアリアルショーを展開した。ファイナルでの2人はお互いに波をとらえ、シーソーゲームを行ったが14.23の合計得点を獲得したパーキンソン(20点満点)がQSイベントでの初優勝を飾った。

「TAIWAN OPEN OF SURFING QS1,500」2日目金樽の波は、とどまることを知らずパンピングを続ける!

「TAIWAN OPEN OF SURFING QS1,500」2日目金樽の波は、とどまることを知らずパンピングを続ける!

件のコメント 2017年11月26日

2日目となった金樽湾の波は台湾サーフィンQS1,500オープンに依然質の高い3から4フィートの波をコンペティターに提供した。ラウンド3から勝ち上がったサーファーは16人に絞り込まれラウンド4で最終決戦となる。クォリファイシリーズの後半の数回戦で良い成績をかさねるゴールドコースターのミッチー・パーキンソン(AUS)若さみなぎるレギュラーフッターのパーキンソンはラウンド3の後半残り時間2分のギリギリなところで力強い風の力をうまく利用してものすごい大きなエアリアルを成功した。

QS1,500 「TAIWAN OPEN of SURFING」のDay 1は激しいアクションが展開された。

QS1,500 「TAIWAN OPEN of SURFING」のDay 1は激しいアクションが展開された。

件のコメント 2017年11月25日

台湾台東市金樽湾にて WSLクォリファイシリーズの今シーズン最終戦となる(QS)1,500イベント台湾オープンサーフィン2017が今日開幕した。コンディションは超楽しい波ではあるが、風の影響を受けた3から4フィートのピークで、イベントは第1ラウンドと第2ラウンドの12ヒートが行われた。日本人サーファーの村上舜(JPN)は、今日のイベントでヒートトータルスコアの最高点を記録した。 村上のスコアは17.76で(2本合計20満点)強力なターンをみせ、過激なエアリアルサーフィンも組み込んだライディングで彼はさらに巨大なバックハンドエアーリバースをメイクして完璧な9.46を出しました(10満点中)

金樽海岸にて台湾オープンのファイナリストがセットされた。

金樽海岸にて台湾オープンのファイナリストがセットされた。

件のコメント 2016年11月27日

大会3日目を迎えた金樽海岸には大会史上最高のコンディションとなるAフレームの4フィート波が押し寄せるなか、台東県政府の主催する台湾オープンオブサーフィンのファイナリストが選びだされた。QS1,500メンズで、まずはじめに勝ち上がったのは、オーストラリアのジャクソン・ベイカーだった。残り時間3分まで画期的なスコアがなかったベイカーだが、ひとたびよい波を捕まえると一気に加速して、完璧に近い9.80(10点満点中)の強力なスコアをたたき出しかろうじて勝ち上がった。

いい波が押し寄せる台湾オープンオブサーフィン

いい波が押し寄せる台湾オープンオブサーフィン

件のコメント 2016年11月27日

台東県が招待する2016年の台湾オープンオブの2日目は、大きな波が選手達を出迎えた。今日は、メンズクォリファイシリーズ1,500のラウンド2とロングボードのメンズとウィメンズが行われるとても忙しい大きな1日となった。現在オーストラレイジアツアーを2位でこの大会を迎えたシェーン・ホームズは13位以上でこの大会を終えれば、来シーズン2017年の前半を6,000と10,000イベントへのシード権をえることができることを念頭に水分を取りながら神経を尖らせるホームズは目の前に待ち構えるゴールをひとつずつ片付けてゆく構えだ。

スタンドリックが仲村拓久未を抑えてQS 1,500を制する!『Taiwan Open of Surfing』

スタンドリックが仲村拓久未を抑えてQS 1,500を制する!『Taiwan Open of Surfing』

件のコメント 2015年12月1日

WSL Japan Regionl Tour最終戦となるWSL QS #38 – 1,500『Taiwan Open of Surfing』が、台湾の台東市「ジンズン・ハーバー」にて開催。このイベントは、WSL Australia Regionalとの合同QSイベントであり、今シーズンは「WSL QS 1,500」イベントへとアップグレードされての開催となった。

1 / 3123
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple