Tag: "WJC"

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

件のコメント 2019年11月28日

2019年「 World Junior Championships」は、台湾の金樽港での2日目の「Taiwan Open of Surfingの一部として継続されている。大会の2日目は、水をえた魚のように生き生きとしたサーファーたちが浴びて3から4フィートの波を忙しく波を捕まえ、クォーターファイナルまでの8人を選び出した。WSLウィメンズワールドチャンピオンのキラ・ピンカートン(米国)が台湾でその日の最高の2本のベストトータルスコアでオープニングラウンドヒートを支配した。ピンカートンの記録した16.76(可能な20のうち)は、金樽の長いレフトの壁に鋭いバックハンドアプローチをくりかえした。 ピンカートンは第1ラウンドと第3ラウンドを通じて、今日のパフォーマンスで再び台湾で他のサーファーを圧勝する予感を魅せた。

キラ・ピンカートンが2018年のワールド・ジュニア・チャンピオンシップ制する!

キラ・ピンカートンが2018年のワールド・ジュニア・チャンピオンシップ制する!

件のコメント 2018年12月7日

キラ・ピーカートンが、ケアラ・トモダ・バナートを倒して2018年の『Taiwan Open World Junior Championships』のチャンピョンとなった。キラ・ピンカートンは16歳とは思えない落ち着きのあるサーフィンを見せ、ファイナルデイでは、ギリギリの局面で何度も勝負強さを見せた。ファイナルの序盤にスコアを揃え、ヒートを有利に進めた。しかし、トモダ・バナートが4発のビックアクションを含むレフトのライディングを見せ、エクセレントスコアとなる8.20ポイントを出すと状況は一変した。残り2分、エクセレントに近いスコアが必要な状況でピンカートンは形の良いレフトの波を掴む。持ち前の落ち着いたサーフィンで7.77ポイントをスコアし、見事にトモダ・バナートからリードを奪い返した。ヒート終了直前にトモダ・バナートが追い上げを見せるが、わずかに及ばず、ピンカートンがWJCで初優勝を飾った。ピンカートンは勝利インタビューに「優勝したことがまだ信じられません。優勝を目指していたので本当に嬉しく思います。今日は接戦が多かったので非常に濃い1日となりました。この一週間、台湾で素晴らしい時間を過ごすことができました。台湾では、素晴らしい景色が海岸広がり、私のホームポイントがあるサン・クレメンテに似ているのでとても落ち着きました。」と喜びをこめて答えた。

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。

件のコメント 2018年1月11日

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)は、ニューサウスウェルズのカイヤマで開催された「2017 WSLメンズ&レディース、ジープ ワールドジュニアチャンピオンシップ」を制した。バンボービーチでの最終日は3から4フィートの波で、28ヒートが行われた。ジープ・ワールド・ジュニア・チャンピオンシップの開幕を目前に、足首の怪我や飛行予定のエラーが発生したにもかかわらず、フィン・マッギル(ハワイ)は、2017年のタイトルを獲得するために勝ち上がった。 マッギルはなかなか点が伸びないサーフィンをしている安室 丈(日本)に対して、2つの優れたウェーブスコア(8.00と8.90)を獲得して電光石火のパフォーマンスを見せつけトータルスコアを16.90にした。 マッギルは最後のヒートで大きなバックサイドのターンを連続で成功させ、安室がマッギルからリードを逆転するために必要なスコアを2の演技を組み合わせなければ取り戻せないコンボの状態に追い込んだ。

シルベイラとニコラスが世界ジュニア・チャンピオンに輝く!日本の「大原洋人」は5位入賞!『2016 WSL Ericeir World Junior Championship(WJC)』

シルベイラとニコラスが世界ジュニア・チャンピオンに輝く!日本の「大原洋人」は5位入賞!『2016 WSL Ericeir World Junior Championship(WJC)』

件のコメント 2016年1月15日

世界ジュニア・アスリート・サーファーの頂点を極めるべく、また世界最高峰のWSL「Championship Tour(CT)」への登竜門として名高い権威を持つ『2016 WSL Ericeira WJC』が、ポルトガルのエリセイラにて開幕中。ウェイティング・ピリオド(開催期間)の最終日、「リベイラ・ディリハス」のクリーンで素晴らしいスロープ・フェイスを魅せるメインブレイクにおいて、クライマックスとなる「Men’sディビジョン」 と「Women’sディビジョン」のファイナルデーを迎えた。そして、「Men’sディビジョン」では、ブラジルの「ルーカス・シルベイラ(ブラジル)」が、グアドループ島出身の18歳「ティモシー・ビッソ(グアドループ島)」とのFinalを制して「2016 WSL Men’s Ericeira WJC」タイトルを獲得。「Women’sディビジョン」では、オーストラリアの「イザベラ・ニコラス(オーストラリア)」が、イベントのディフェンディング・チャンピオンである「マエダ・マヒナ(ハワイ)」を抑えて「2016 WSL Women’s Ericeira WJC」タイトルを獲得した。

世界最高の舞台でのサムライ対決を制した「大原洋人」はQ.Final進出!「新井洋人」は9位タイでフィニッシュ!『World Junior Championship(WJC)』Day 9

世界最高の舞台でのサムライ対決を制した「大原洋人」はQ.Final進出!「新井洋人」は9位タイでフィニッシュ!『World Junior Championship(WJC)』Day 9

件のコメント 2016年1月13日

世界ジュニア・アスリート・サーファーの頂点を極めるべく、また世界最高峰のWSL「Championship Tour(CT)」への登竜門として名高い権威を持つ『2016 WSL Ericeira WJC』が、ポルトガルのエリセイラにて開幕中。ウェイティング・ピリオド(開催期間)からイベント9日目を迎え、ようやく「リベイラ・ディリハス」のメインブレイクに戻り、Men’s Round 3 Heat 3~Round 4までを終了させ、いよいよファイナルデーへ向かうベスト8のワールド・ジュニア・アスリートが出そろった。

日本の「大原洋人」が驚異的なスコアを記録!「新井洋人」は「稲葉玲王」とのサムライ対決を制してRound 4へ!『World Junior Championship(WJC)』Day 6

日本の「大原洋人」が驚異的なスコアを記録!「新井洋人」は「稲葉玲王」とのサムライ対決を制してRound 4へ!『World Junior Championship(WJC)』Day 6

件のコメント 2016年1月10日

世界ジュニア・アスリート・サーファーの頂点を極めるべく、また世界最高峰のWSL「Championship Tour(CT)」への登竜門として名高い権威を持つ『2016 WSL Ericeira WJC』が、ポルトガルのエリセイラにて開幕中。ウェイティング・ピリオド(開催期間)からイベント6日目を迎え、この日もバックアップ・サイトである「プライア・ドス・ペスカドーレス」のトリッキーで難しい2~3ftのコンディションにおいて再開され、Round 2 Heat 11~Round 3 Heat 2までを終了させた。

日本の「安井拓海」がビッグスコアでRound 3へ勝ち上がる!森、都筑、川合、須田は惜しくも敗退。『World Junior Championship(WJC)』Round 2

日本の「安井拓海」がビッグスコアでRound 3へ勝ち上がる!森、都筑、川合、須田は惜しくも敗退。『World Junior Championship(WJC)』Round 2

件のコメント 2016年1月9日

世界ジュニア・アスリート・サーファーの頂点を極めるべく、また世界最高峰のWSL「Championship Tour(CT)」への登竜門として名高い権威を持つ『2016 WSL Ericeira WJC』が、ポルトガルのエリセイラにおいて開幕中。ウェイティング・ピリオド(開催期間)からイベント5日目を迎えたが、依然としてバックアップ・サイトである「プライア・ドス・ペスカドーレス」のスーミーなタフで難しいコンディションが続いているが、世界最高のジュニア・アスリート・サーファーたちの素晴らしいハイパフォーマンスが繰り広げられている。

日本の「新井洋人」がハイスコアを記録!「大原洋人」もエクセレント・スコアでRound 3へ進出!『World Junior Championship(WJC)』Day 2

日本の「新井洋人」がハイスコアを記録!「大原洋人」もエクセレント・スコアでRound 3へ進出!『World Junior Championship(WJC)』Day 2

件のコメント 2016年1月7日

世界ジュニア・アスリート・サーファーの頂点を極めるべく、また世界最高峰のWSL「Chanpionship Tour(CT)」への登竜門として名高い権威を持つ『2016 WSL Ericeira WJC』が、ポルトガルのエリセイラにおいて開幕中。ウェイティング・ピリオド(開催期間)から2日目を迎え、初日よりもコンディションはややまとまりつつも、バックアップ・サイトである「プライア・ドス・ペスカドーレス」の強いサイドショアが吹き付けるトリッキーな2~3ftのコンディションにおいて、Men’sのRound 1 Heat 5~Heat 16までを終了。

ストーミーなコンディションで『World Junior Championship(WJC)』開幕!日本のサムライ・ジュニアサーファーはRound 2へ回る

ストーミーなコンディションで『World Junior Championship(WJC)』開幕!日本のサムライ・ジュニアサーファーはRound 2へ回る

件のコメント 2016年1月6日

世界ジュニア・アスリート・サーファーの頂点を極めるべく、また世界最高峰のWSL「Chanpionship Tour(CT)」への登竜門として名高い権威を持つ『2016 WSL Ericeira WJC』が、ポルトガルのエリセイラにおいて開幕! ウェイティング・ピリオド(開催期間)初日は、バックアップ・サイトでのストーミーな3~4ftのコンディションにおいて、Women’s Round 1と、Men’s Round 1のHeat 1~Heat 4までを終了させた。

コミッショナーオフィスからのお知らせ事項

コミッショナーオフィスからのお知らせ事項

件のコメント 2015年12月7日

ワールド・ジュニアチャンピオンシップ(WJC) について。WSL主催の2015年度 World Junior Champions (WJC)は、ポルトガル、エリセイラにて2016年1月4日から13日の開催予定の選手全員が確定しました。各リージョンの選抜選手は、メンズ(Boys)6人、ウィメンズ(Girls)2人です。

1 / 3123
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple