Tag: "World Surf Leaague"

【速報】日本代表最後の1枠をかけて!!「第2回ジャパンオープンオブサーフィン」開催概要決定!!

【速報】日本代表最後の1枠をかけて!!「第2回ジャパンオープンオブサーフィン」開催概要決定!!

件のコメント 2020年2月7日

ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会(事務局:東京都新宿区、一般社団法人 日本サーフィン連盟)は、サーフィンの日本一を決定する祭典「第2回ジャパンオープンオブサーフィン」を、2020年4月19日(日)から22日(水)までの4日間にわたり、千葉県一宮町一宮海岸にて開催することを決定いたしました。本大会は、一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)が主催し、一般社団法人 日本プロサーフィン連盟(JPSA)およびWorld Surf League Japan(WSL Japan)の協力のもと実行委員会を組織して2019年5月に初開催されたサーフィンの日本一を決定する大会です。

CTランキング日本人トップの五十嵐ら男女4人がISA世界選手権の代表選手に内定、波乗りジャパン記者会見

CTランキング日本人トップの五十嵐ら男女4人がISA世界選手権の代表選手に内定、波乗りジャパン記者会見

件のコメント 2019年12月19日

会見では今年の活動報告に加え、東京五輪内定選手、2020年強化指定選手と2020年主要イベントの概要が発表された。波乗りジャパンからは、大原洋人、安室丈、金澤呂偉、矢作紋乃丞、脇田紗良、中塩佳那、松岡亜音の7選手が出席した。この日発表された現時点での来年開催されるISAワールドサーフィンゲームズ出場の内定選手は、男女2人ずつの計4人。CTランキング日本人トップの五十嵐カノアと都筑有夢路、9月のISAワールドサーフィンゲームズで日本人最高位に入った村上舜と松田詩野。日本人枠は男女とも3枠ずつあるので、残り1枠は4月中旬~下旬に行われるJAPAN OPEN OF SURFINGの優勝者に内定する。ただ、来年5月9日~17日の間に開催されるISAワールドサーフィンゲームズの結果次第では、CT日本人ランキングトップ以外の村上と松田は入れ替わるかも可能性がある。

おめでとう・インヴィテーショナル優勝をビリーケンパーが飾った!!

おめでとう・インヴィテーショナル優勝をビリーケンパーが飾った!!

件のコメント 2019年12月10日

おめでとう!!インヴィテーショナル優勝、ビリー・ケンパー(ハワイ・マウイ)、会場を賑わせた、マウイのヤングガン、イマイカラニ・デヴォルト(ハワイ・マウイ)

カリッサ・ムーアが通算4度目のワールドタイトルを獲得し、ステファニー・ギルモアが通算5度目となる「lululemon Maui Pro」で優勝

カリッサ・ムーアが通算4度目のワールドタイトルを獲得し、ステファニー・ギルモアが通算5度目となる「lululemon Maui Pro」で優勝

件のコメント 2019年12月4日

今日、カリッサ・ムーア(ハワイ)は、WSLウィメンズワールドチャンピオンシップツアーの最終目的地となる「lululemon Maui Pro」で2019 World Surf League(WSL)の世界タイトルを獲得した。 ムーアの勝利は、東京2020オリンピックの暫定的な資格も得る結果となった。 彼女は17歳のキャロライン・マークス(米国)を破り、4回目の世界タイトルを獲得したが、来年の東京オリンピックでのサーフィンデビューで、アメリカを代表2人のうち1人になった。

ウィメンズが日向の波でファイアリングした!

ウィメンズが日向の波でファイアリングした!

件のコメント 2019年10月17日

ウィメンズは、ホワイトバッファローHYUGAプロQS 3,000で今日一日を中とおしてさく裂した日向市お倉が浜の波に強烈なアプローチをした。3から5フィートのうねりのなか、メンズのラウンド3が始まる前に、ウィメンズラウンド1が行われ素晴らしい演出を披露したトップアスリートたちが多くのエクセレントスコアをメイクした。現在のQSランキング 7位のリッサ・スペンサーとタヒチからエントリーのヴァヒネ・フィエロは、今日のトップパフォーマンスでショー独り占めにし次世代の幕開けを予言した。

カノア・イガラシとステファニー・ギルモアが「Corona Bali Protected」に優勝した。

カノア・イガラシとステファニー・ギルモアが「Corona Bali Protected」に優勝した。

件のコメント 2019年5月25日

今日、ステファニー・ギルモア(AUS)とカノア・イガラシ(JPN)が2019年ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)で第3戦「コロナ バリ プロテクテッド」で優勝を飾った 。世界でも最も素晴らしい波の1つを誇るクラマで開催されたファイナルシリーズは、開催期間中でも最高のコンディションとなる、きれいな6から8フィート+(約1.8から2.4メートル)の波を提供した。

トップシードが登場した!「Ichinomiya Chiba Open」のDay2が行われた!

トップシードが登場した!「Ichinomiya Chiba Open」のDay2が行われた!

件のコメント 2019年4月30日

「Ichinomiya Chiba Open」のDay2は、メンズのトップシード選手が登場するラウンドで、さらに今日はウィメンズのラウンド1がスタートした。冷たい雨が降るコンディションでも、世界各国から集まってきた世界最高峰レベルの選手たちのアクションは観客を大いに沸かせた。フランスから参戦しているジョーガン・クーズネは癖のあるビーチブレイクを上手くコントロールし、鋭い縦のアクションでエクセレントスコアとなる8.00ポイントをマークした。クーズネはここ数年、あと一歩のとことでCTクオリファイを逃し、今年のCTクオリファイへかける気持ちは人一倍熱いはずだ。

次世代のスターがトライアルを制し、本戦へコマを進める!

次世代のスターがトライアルを制し、本戦へコマを進める!

件のコメント 2019年4月28日

本日より千葉県一宮で開催される「Ichinomiya Chiba Open」のトライアルが開催され、日本のヤングスターである伊東李安琉(イトウ・リアル)と平原颯馬(ヒラハラ・ソウマ)が激闘を制し、本戦への切符を手にした。

日本の野中美波が『Nelson Mandela Bay Surf Pro』のウィメンズQSとジュニアの2カテゴリーで優勝!日本勢が大活躍!

日本の野中美波が『Nelson Mandela Bay Surf Pro』のウィメンズQSとジュニアの2カテゴリーで優勝!日本勢が大活躍!

件のコメント 2019年4月21日

日本の次世代スターである野中美波が、南アフリカで開催された『Nelson Mandela Bay Surf Pro』にて、ウィメンズQSとジュニアの2カテゴリーで優勝するという快挙を成し遂げた。ジュニアのファイナルでは安定したライディングを披露し、その後に行われたウィメンズQSのファイナルでも、他の選手を寄せつけない最高のサーフィンを披露した。今回の2つの勝利は、野中にとって大きな自信と今後のツアーへの勢いをもたらしたに違いない。

セージ・エリックソンとコナ・オレアリーが 「Sisstrevolution and Vissla Central Coast Pro」を制覇する。

セージ・エリックソンとコナ・オレアリーが 「Sisstrevolution and Vissla Central Coast Pro」を制覇する。

件のコメント 2019年3月6日

日本から参戦の脇田紗良(ワキタ・サラ)が堂々の準優勝となる!!ウィメンズのQS『The Sisstrevolution Central Coat Pro』において日本の脇田紗良(ワキタ・サラ)が世界の強豪を打ち破り、見事な準優勝を成し遂げた。また、QS『Vissla Central Coat Pro』に出場したコナ・オレアリーがメンズ優勝を成し遂げ、来年のCT参戦へ向けて絶好な位置につけてきた。オーストラリのセントラルコーストに位置するアボカ・ビーチで開催されたファイナルデーは3?4フィートのレギュラーの波が押し寄せ、世界各地の選手たちが熱い戦いを繰り広げた。

1 / 212
RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple