Tag: "World Surf League"

ステファニー・ギルモアが「 Corona Open J-Bay」のウィメンズで優勝し、再びCTランキングの1位にかえりざく。

ステファニー・ギルモアが「 Corona Open J-Bay」のウィメンズで優勝し、再びCTランキングの1位にかえりざく。

件のコメント 2018年7月14日

「Corona Open J-Bay」のウィメンズは一週間ほどのウェイティングが続いた、しかし大会当日には素晴らしい波に恵まれ、そのウェイティング期間には十分な価値が得ることができた。ウィメンズサーファー達は、まだ外が暗い早朝に会場に集まり、日の出を待ちわびた。そして日が出ると、ダブルオーバーヘッドのパーフェクトなJ-BAYの波が水平線に広がっているのを目にした。それは紛れもなく今大会期間中で最高の波であった。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」のFinal Dayは激戦の末、安室丈が勝利し幕を閉じた!!

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」のFinal Dayは激戦の末、安室丈が勝利し幕を閉じた!!

件のコメント 2018年7月11日

2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の3日目は、ラウンドオブ16から始まり、台風8号から胸?肩ほどのスウェルが海岸に押し寄せチャンピョンを決めるにふさわしい場がととのった、最高の場で世界各国から集まり、トップサーファー達がハイレベルな戦いを見せてくれた。そんな中で激闘を制した安室丈が見事、今大会を制した。7月11日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」Day2は極上なコンディションでトップアスリートのアクションがさく裂した。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」Day2は極上なコンディションでトップアスリートのアクションがさく裂した。

件のコメント 2018年7月10日

2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の2日目は、朝から無風で波のサイズが一気に上がり極上なコンディションのなかトップシードの選手が豪快なサーフィンを披露した。7月10日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」Day1は台風のうねりを受け始めたファーストスウェルにキックオフ。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」Day1は台風のうねりを受け始めたファーストスウェルにキックオフ。

件のコメント 2018年7月9日

2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」は7月9日のウェイティング期間初日からスタートし、一日中を通じて安定したコンディションでキックオフした。開催期間は7月16日の月曜日(海の日)までの8日間となる。7月9日の会場付近の天候真夏の強烈な日差しがビーチを焦がし、無風に近いコンディションでイベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド1が始まった。ラウンド1となるR112は1ヒートから8ヒート、続いてラウンド2となる96が行われた。

湘南の鵠沼海岸で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」で次世代ヒーローたちの暑い戦いが繰り広げられた。

湘南の鵠沼海岸で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」で次世代ヒーローたちの暑い戦いが繰り広げられた。

件のコメント 2018年7月8日

7月8日、初夏の陽気の中で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」が開催された。1日中を通して過ごしやすい気候で、ややオンショアが吹いていたものの、波のサイズも腰?胸ほどで、条件は最高のコンテスト日和となった。日本の選手のみならず外人選手も参加し、ワールドクラスのジュニア大会が繰り広げられた。カテゴリーは16歳以下がカデット、12歳グロム、16歳以下のガールズとなり、すべてのクラスで見応えのあるヒートが展開された。

フィリペ・トレドが再びJ-BAYで優勝を飾る。日本の五十嵐カノアは3位と大健闘!!!

フィリペ・トレドが再びJ-BAYで優勝を飾る。日本の五十嵐カノアは3位と大健闘!!!

件のコメント 2018年7月7日

4日間にわたって開催されていた「Corona Open J-Bay – Men’s」は、ブラジルのスーパースターのフィリペ・トレドの勝利によって幕を閉じた。今大会のトップ10のスコアのうち5本を記録するなど、彼は圧倒的な強さを見せていた。クオーターファイナルまでは、ジュリアン・ウィルソンがCTランキングの1位を守っていたがフィリペ・トレドがガブリエル・メディーナに勝利したことによってランキングの1位におどりでた。『とってもワクワクしています。』と語ったフィリペ。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」が 7月 9日(月)にキックオフとなる!!

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」が 7月 9日(月)にキックオフとなる!!

件のコメント 2018年7月3日

2018年WSLアジアツアージャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」は 7月 9日(月曜日)のウェイティング期間からいきなりスタートしそうな気圧配置となりかけている。開催期間は 7月16日の月曜日(海の日)迄の8日間です。7月 2日(月曜日)の会場付近の天候は、梅雨が明けも早く夏の天候とっている。現在、南西の海上にある台風7号が日本海へ抜けた後に日本付近の気圧配置を大きく入れ替え、そのあとに近づく次の台風が今後の期待となりそうだ。現在の予報では再び日本列島に接近し週明けの8、9日ごろにはコンディションを大きく左右する展開となりそうだ。

ピーターソン・クリサントが「The Ballito Pro pres. by Billabong」を制する。

ピーターソン・クリサントが「The Ballito Pro pres. by Billabong」を制する。

件のコメント 2018年7月2日

『QS Men’s Event: Ballito Pro pres. by Billabong』の最終日は素晴らしいコンディションの中、ブラジリアンのピーターソン・クリサントがベテランコンペティターのジャックフリーストンとの激戦を制した。4フィートほどの波で、2人のレギュラーフッターがあつい戦いを繰り広げた。それはベテランの熟練VS新人ルーキーと言った感じで、若々しさという対照的なスタイルとの戦いとなった。そんな戦いを制したのが、早めのレギュラーの波を綺麗に乗りこなし、高得点を出したのがピーターソン・クリサントだ。

「Volkswagen SA Open of Surfing pres by Hurley」ウィメンズで日本の松田詩野が2位、野中美波が3位と大健闘!!!

「Volkswagen SA Open of Surfing pres by Hurley」ウィメンズで日本の松田詩野が2位、野中美波が3位と大健闘!!!

件のコメント 2018年6月21日

絶好なコンテスト日和となった南アフリカで「Volkswagen SA Open of Surfing pres by Hurley」が開催された。そんな中でも、素晴らしいサーフィンを見せたゾー・マクドガルとルーク・スリペンが見事エリザベスビーチの覇者となった。

1日を通じて3フィートの波が押し寄せるコンディションのなか世界各国から集まったジュニアサーファーが波の変化に対応じた素晴らしい演技を披露した。ウィメンズセミファイナルのヒート1目は、なんと野中美波と松田詩野がクラッシュする日本人同士の対決となった。先日開催されたQS1000の「 Jordy Smith Cape Town Surf Pro pres by O’Neill」で優勝をおさめた野中であったが、松田の前にあと一歩及ばず惜しくもファイナル進出を逃し、松田がファイナルへと進んだ。

日本の、野中美波が大舞台で躍動!「Jordy Smith Cape Town Surf Pro press by O'Neill」を制する!!

日本の、野中美波が大舞台で躍動!「Jordy Smith Cape Town Surf Pro press by O’Neill」を制する!!

件のコメント 2018年6月19日

日本の野中美波とオーストラリアのジョーダン・ローラーが、「Jordy Smith Cape Town Surf Pro press by O’Neill」 を制した。小波ではあったが形の良いビッグベイの波で、素晴らしいサーフィンを披露した2人のサーファーが見事優勝を成し遂げた。最終日にはサイズが下がり沿岸の風も厳しくなり、難しいコンディションとなったがコンテストには十分な波となった。ウィメンズでは、セミファイナルのヒート1でニコル・パレットが試合での経験と実力を見せて1位通過。日本の野中は、リスクのある技をしっかりとメイクしながら2位でラウンドアップした。セミファイナルのヒート2では、2人の南アフリカのグーフィーサーファー、サラー・バウムとケイラー・ノグエイラが1位、2位でラウンドアップを果たした。

1 / 4012345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple