Tag: "World Surf League"

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

件のコメント 2018年2月13日

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)の2018年シーズンに向け、20歳の五十嵐カノア選手が日本人選手としてツアーに参戦することを公式発表した。 日本と米国の二つの市民権を持つ五十嵐は、東京で開催される2020年のオリンピックでサーフィンが史上初の採用となったことを受けて代表国を日本にすることに決めた。「私は、今年のWSLチャンピオンシップツアー(CT)から日本人代表選手として参戦します」と五十嵐は語った。

2X WSL World champion ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)- Backstage

2X WSL World champion ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)- Backstage

件のコメント 2017年12月21日

2017 WSL CTワールドチャンピオンは、2年連続ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)に輝いた。CT最終戦の、パイプマスターズは、カウントダウン間際に、ジェレミー(フランス)に、8.33バックドアバレルで逆転され、ジョンジョンは2位となる。最終戦に相応しいドラマチックな、WSL CT2017年の、パイプラインマスターズ・ファイナルデーとなった。

明日 2017 WSLチャンピオンが誕生か?! - Backstage

明日 2017 WSLチャンピオンが誕生か?! – Backstage

件のコメント 2017年12月18日

バンザイパイプライン・オアフ島・ハワイ(2017年12月17日、日曜日)WSL CT 2017 Billabongパイプマスターズ、明日ファイナルデーを迎えるのか?!

パイプマスターズに、ウォーター・セーフティーJAPAN !! - Backstage

パイプマスターズに、ウォーター・セーフティーJAPAN !! – Backstage

件のコメント 2017年12月12日

サーフィンの聖地、ハワイ・オアフ島・バンザイパイプライン。WSL世界チャンピオンを決める最終戦、バンザイ・パイプラインに、今年も日本人の姿があった。ビラボンパイプマスターズでの、ウォーターセーフティージャパンの活動をレポート。

『ワキタピーク』- Backstage

『ワキタピーク』- Backstage

件のコメント 2017年12月11日

WSL CTメイン・コメンテーター・ジョー・ターペルと日本語放送コメンテーター脇田 貴之の二人が、今後のパイプマスターズのフォーキャストを解説。

パイプマスターズ・5 Day'sフォーキャスト - Backstage

パイプマスターズ・5 Day’sフォーキャスト – Backstage

件のコメント 2017年12月10日

ビラボンパイプマスターズ・ウェイティングDay2は、4-5ftにサイズダウン、今日はDay off。今夜から、バンザイパイプラインには、新しいラージサイズ・NWスウェル8-12、15ftのフォーキャスト、明日のメインラウンド開幕に、期待が高まる!!

パイプ・インヴィテーショナル・キックオフ!?

パイプ・インヴィテーショナル・キックオフ!?

件のコメント 2017年12月8日

日本時間の明日深夜3時に、パイプ・インヴィテーショナル・キックオフ・スタンバイ!!ここ、ハワイ・オアフ島・バンザイパイプラインのオフィシャル・フォーキャストは、8?20ftクラスが1週間続く予報で、風さえ合えば、エキサイティングな、ビッグパイプに期待が高っている!!今日のバンザイ・パイプラインには、今シーズン1番の、8?15ftのスウェルが1日中ヒットし、明日のパイプ・インヴィテーショナル・キックオフには、十分なサイズが、夕方にも炸裂していた。

2017年台湾オープンでのゴールドコスター同士の戦いをパーキンソンが制する!

2017年台湾オープンでのゴールドコスター同士の戦いをパーキンソンが制する!

件のコメント 2017年11月27日

ミッチー・パーキンソン(オーストラリア)と地元スナッパーロックスの仲間シャルドン・シムケス(オーストラリア)は共に旅をしながら、QS1500台湾オープンで勝利をした。この究極な3日間金樽湾の波は常にピークで3~5フィートのコンディションを保ちコンペティター達に提供し続けた。パーキンソンとシムカスは、ファイナルデーで今シーズンのQS史上まれに見るエアリアルショーを展開した。ファイナルでの2人はお互いに波をとらえ、シーソーゲームを行ったが14.23の合計得点を獲得したパーキンソン(20点満点)がQSイベントでの初優勝を飾った。

「TAIWAN OPEN OF SURFING QS1,500」2日目金樽の波は、とどまることを知らずパンピングを続ける!

「TAIWAN OPEN OF SURFING QS1,500」2日目金樽の波は、とどまることを知らずパンピングを続ける!

件のコメント 2017年11月26日

2日目となった金樽湾の波は台湾サーフィンQS1,500オープンに依然質の高い3から4フィートの波をコンペティターに提供した。ラウンド3から勝ち上がったサーファーは16人に絞り込まれラウンド4で最終決戦となる。クォリファイシリーズの後半の数回戦で良い成績をかさねるゴールドコースターのミッチー・パーキンソン(AUS)若さみなぎるレギュラーフッターのパーキンソンはラウンド3の後半残り時間2分のギリギリなところで力強い風の力をうまく利用してものすごい大きなエアリアルを成功した。

QS1,500 「TAIWAN OPEN of SURFING」のDay 1は激しいアクションが展開された。

QS1,500 「TAIWAN OPEN of SURFING」のDay 1は激しいアクションが展開された。

件のコメント 2017年11月25日

台湾台東市金樽湾にて WSLクォリファイシリーズの今シーズン最終戦となる(QS)1,500イベント台湾オープンサーフィン2017が今日開幕した。コンディションは超楽しい波ではあるが、風の影響を受けた3から4フィートのピークで、イベントは第1ラウンドと第2ラウンドの12ヒートが行われた。日本人サーファーの村上舜(JPN)は、今日のイベントでヒートトータルスコアの最高点を記録した。 村上のスコアは17.76で(2本合計20満点)強力なターンをみせ、過激なエアリアルサーフィンも組み込んだライディングで彼はさらに巨大なバックハンドエアーリバースをメイクして完璧な9.46を出しました(10満点中)

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple