Tag: "World Surf League"

Flight Centre Burleigh Pro始まる!

Flight Centre Burleigh Pro始まる!

件のコメント 2017年1月27日

いよいよ今年も、オーストラリアのポイントブレイクのアイコンとも言えるバーレーヘッズでFlight Centre Burleigh Proがキックオフ!ワールドクラスのウォールとして有名なバーレーだが、初日となったこの日は期待通りとはいかなかった。しかし、世界トップのQSの選手たちには十分にパフォーマンス可能だと判断したイベントオーガナイザーたちは、メンズ、ウィメンズともにラウンド1を行うことを決定したのだった。タフなコンディションのバーレーですら、クイックなサーフィンで魅せるブラジル出身のグーフィーフッター、ウェズリー・レイトにかかればいい波に見えてしまう。ビジーに動き回り、ヒートで最も多くの波に乗った。その作戦が功を奏し、いくつかのオープンセクションを見つけるに至り、ヒート最高ポイント9.0とトータルポイントではこの日のイベントで最高点となる16.50ポイントを手にした。

ジェイミー・ミッチェル、ナザレチャレンジに名を残す!

ジェイミー・ミッチェル、ナザレチャレンジに名を残す!

件のコメント 2016年12月24日

オーストラリア出身のジェイミー・ミッチェルがこの日、偉業を達成した。世界屈指のビッグウェーブポイントとしても有名なポルトガルはプライア・ドゥ・ノルテで史上初開催となったナザレチャレンジ。波は30?40footにもなった。そのベテランウェーターマンは、その卓越したスキルでトリッキーなラインナップに対しても落ち着いた戦術で挑み、ビッグウェーブツアーで自身初となる勝利を手にした。ミッチェルは巨大なレフトの波を駆け下りると、トレードマークとも言えるレイルグラブでボトムを維持し、息を飲むようなライディングを見せた。

カノア・イガラシ、ミッション・コンプリート - WCT Outlook

カノア・イガラシ、ミッション・コンプリート – WCT Outlook

件のコメント 2016年12月21日

2016年最終戦、ビラボンパイプマスターズを制したのは、ミシェル・ボレーズ。久しぶりの表彰台だ。トリプルクラウンタイトルはジョンジョン・フローレンス、3度目。ワールドタイトルに花を添えた。ミシェルはポルトガルの後に子供が生まれ、バタバタした中での最終戦になったけど、パパ、強しだね。厳しかったのはラウンド5のフィリッペとの対決かな、と思う。フィリッペがこの大会唯一の10点満点を出してたから。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

件のコメント 2016年12月21日

今日この日起こった事を一言で表わすのは非常に難しい。ジョンジョンが優勝した可能性だって十分あったし、あるいはケリー・スレーターにも可能性はあった。しかし結論はそうではなかった。今年のビラボン・パイプマスターズは最初から最後まで波の心配があった。この日の波は4-6foot(主にバックドアがメイン)で、大きな期待はできなかった。しかし、実際にはよりドマラティックな展開となったのだ。いくつかの物語がある。その一つが、多くの人が注目したであろうカノア五十嵐とナット・ヤングだろう。ナット・ヤングは来年のCTにクオリファイするために少なくともラウンド5まで勝ち進む必要があった。その間にカノアはセミファイナルを勝ち上がった。このビッグリーフブレイクにおいてこのルーキーが成し遂げたことは快挙だと言っていい。来年のチャンピオンシップツアーではいよいよ親友のイズキール・ラウと激突する姿を見る事ができるだろう。

カノアおめでとう! 初パイプマスータズ2位!! WSL CTランキング20位でフィニッシュ!! - Backstage

カノアおめでとう! 初パイプマスータズ2位!! WSL CTランキング20位でフィニッシュ!! – Backstage

件のコメント 2016年12月20日

初のパイプマスータズ2位、おめでとう、カノア・五十嵐(19歳)

カノア・五十嵐、ラウンド4で、王者・ケリー・スレーターとBigマッチアップ!! - Backstage

カノア・五十嵐、ラウンド4で、王者・ケリー・スレーターとBigマッチアップ!! – Backstage

件のコメント 2016年12月19日

パイプマスターズは、ストームの接近により、3日間のウエイティングをし、今日バックドア対決の幕が再開された。今日のパイプマスターズでは、2014年のWSLワールド・チャンピオン、ガブリエル・メディーナ(ブラジル)と2015年WSLワールド・チャンピオン・2015年パイプマスター、エイドリアーノ・デ・ソーザ(ブラジル)、二人の王者が破れる大波乱が起きた。

明日、パイプマスターズ、ラウンド2再開に期待!!- backstage

明日、パイプマスターズ、ラウンド2再開に期待!!- backstage

件のコメント 2016年12月18日

The Billabong Pipe Masters Day10 ハワイ時間、昨晩20時のブイを観ると、13second, 20ftのカミングアップとオンショアが吹き荒れ一夜経った今朝のパイプラインには、若干落ち着きを見せ期待を含まらせる、8~12ftのオフショア・コンディションからのスタートとなった。HAWAII時間の朝7時30分、パイプマスターズのコンテストディレクター、マーティー・トーマスから、11時40分までのオン・ホールドがコールされた。

2010パイプマスター・ジェレミー・フローレスが日本語放送出演インタビュー!!/ backstage

2010パイプマスター・ジェレミー・フローレスが日本語放送出演インタビュー!!/ backstage

件のコメント 2016年12月15日

The Billabong Pipe Masters Day7を迎えた今朝は、メインラウンド初日ではあったが、残されたスケジュールの中で非常に重要な1日となる決断に迫られた。ハワイ時間の、12月20日までのウェイティング期間内では、12月16日(金)17日(土)の、パイプラインは、10~15ft前後のサイズアップだが、風がパイプラインには合わない予報。ウェイティング期間内では、チューブ・コンデイションではないが、ハイパフォーマンス・グッドウェーブに適した、今日を選んだ運営側の判断は、正解であっただろう。

若干16歳のフィン・マクギルがパイプラインインヴィテーショナルを制する

若干16歳のフィン・マクギルがパイプラインインヴィテーショナルを制する

件のコメント 2016年12月14日

ついに始まったメンズ、パイプインヴィテーショナル。この日ノースショアを沸かせたのはフィン・マクギルだった。若干16歳のオアフ出身の彼は、サンセットビーチで行われたHIC Proのファイナルに進出してからというもの、常にヘッドラインを騒がせてきた。そして今日、シーズン最後の大舞台、パイプラインインヴィテーショナルにおいて、その大躍進の仕上げとも言えるような快挙を成し遂げた。4日間のレイデイを過ごしたが、パイプラインのコンディションは整うことはなく、インヴィテーショナルは3~4ftのバックドアとパイプラインで行われた。規定により、インヴィテーショナルラウンドはこの日までにスタートする必要があり、32名の選手達はかなり困難なトライアルを余儀なくされた。

コナー・オレアリー、プライムタイムに向けて。

コナー・オレアリー、プライムタイムに向けて。

件のコメント 2016年12月8日

最後にコナーに会ったのは7月。彼が南アフリカで行われたQS10000イベントBallito Proで優勝し、彼のホームタウンであるクロヌラにあるMOBサーフショップでのことだった。サーフショップのアシスタントでもあった彼の2017年の活躍は約束されたものだと言っても過言ではなかった。アイリッシュの父と日本のサーフィンでのチャンピオンである母との間に生まれたオレアリーは今クロヌラで生活している。そしてショップにいる間の多くの時間を給与のためではなく、ローカルコミュニティーと絆を深めるために使っていると彼は語ってくれた。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple