Tag: "World Surf League"

ミック・ファニングがJ-Bayを制する

ミック・ファニングがJ-Bayを制する

件のコメント 2016年7月18日

「まずはこの場所で再びパドルアウトすることから始まった」。そう語ったのはミック・ファニングだった。ここJ-Bayに戻ってくることを大いに期待されていた。昨年の決勝戦、ファニングは試合中にサメに襲われ、リーシュを切られるという事態に巡り合わせた。再びこの場所へ戻ってきた彼は、今大会最初のヒートに様々な思いを馳せていた。最初の波をしっかりと捕らえた彼は、そのトラウマを直ちに過去のものにしてしまった。

ショックからミック・ファニングが奇跡の復活 - WCT Outlook

ショックからミック・ファニングが奇跡の復活 – WCT Outlook

件のコメント 2016年7月17日

シャークアタックの翌年のJベイ、そのショックから奇跡の復活、ミック・ファニングが昨年の借りをきっちり返して優勝という、映画のようなストーリー展開。セミは昨年の事件の時と同じ顔合わせ、奇しくもゼッケンの色も同じ。出来すぎ(笑)。ジュリアンもミックも、思い出したくなくても思い出してしまうヒートだっただろう。ただ、昨年と違うのは、今年は海底にソナー、上空にドローン、ジェット、ゾディアックと、何重にも選手たちを守るシステムが張られていたので、なんとか安心できたんじゃないだろうか。それでもイルカの大群がゆったり押し寄せれば、一瞬ドキッとしたと思う。

QS1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2016」の覇者は新井洋人。

QS1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2016」の覇者は新井洋人。

件のコメント 2016年7月15日

神奈川県藤沢市、湘南海岸(2016年 7月15日、金曜日) 2016年WSLジャパンメンズQS15,00イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2016」は、先週の月曜日の7月11日にウェイティング期間の初日を迎え、今日7月15日、金曜日に最終日を迎えた。梅雨前線が太平洋沖に停滞し関東はから梅雨と集中豪雨の間にはいり、今日の会場付近の天候は曇り時々小雨で、無風でサイズは2から4フィート弱とった。

ジョーディ・スミスが魅せた J-Bay Day2

ジョーディ・スミスが魅せた J-Bay Day2

件のコメント 2016年7月9日

こうして映像を振り返ってみると、この日のSupertubesはマシーンウェーブのように完璧に見える。まるで鼓動のように送られ続ける波は毎回同じ場所で同じようにブレイクをしていたかのようだ。しかし、実際には完璧とは程遠かった。ご機嫌かと思えば、風に乱され、潮に揺さぶられ、スウェルの向きや砂の地形に影響を受け、美しく見える波も実際には様々な顔を見せていたのである。

J-Bay Open開幕!ファニングとウィルキンソンが魅せた!

J-Bay Open開幕!ファニングとウィルキンソンが魅せた!

件のコメント 2016年7月8日

そのタイトルを聞いて驚くかもしれない。ミック・ファニングはジェフェリーズベイに到着してからというもの神に祈るような思いだったはずだ。つまりそれは、彼の脳裏に強烈に焼きついた悪夢、昨年この場所で試合中に起こったシャークアタッックのことだ。当時そのニュースは世界中のメディアを駆け巡った。

QS1500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2016」は、ウェイティングの初日からゴーイングオフするか?

QS1500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2016」は、ウェイティングの初日からゴーイングオフするか?

件のコメント 2016年7月4日

2016年WSLジャパンツアーのメンズ1500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2016」は7月11日のウェイティング期間のからスタートしそうなコンディションになりつつある。開催期間は7月18日の月曜日(海の日)までとなる。7月3日の会場付近の天候は、梅雨前線の北上と共に強い南風が吹き上げる梅雨の後半独特な天候とっている、近日中には南の海上に熱帯低気圧が発生しゆっくり移動し始めるよそうだ。気になるのは今後の予報は今後、WSL Japan Tour公認波予報機構の「波伝説」からの最新レポートを随時アップデートして行きますのでご覧ください。

プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

件のコメント 2016年6月27日

グラント・ベーカーはここプエルト・エスコンディードに20年余りも来ている。そしてこの日、彼のショーが始まった。巨大な波の遊技場のようなタフなコンディションの中、南アフリカのレジェンドはまるでプエルトのバレルを試験場だと言わんばかりに、この日の大半をチューブライディングに費やしていた。

ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

件のコメント 2016年6月26日

この日のヒート4、ジェイミー・ミッチェルは少しナーバスだった。なぜなら午前9時に始まったプエルト・エスコンディド・チャレンジは1ヒート75分でミッチェルのヒート4が始まったのは12時45分のことだった。獰猛なメキシコの波はその姿を消す早さでも有名だったのだ、、、

メディーナついにタイトル争いに勝利

メディーナついにタイトル争いに勝利

件のコメント 2016年6月18日

遡ってみるに、ガブリエル・メディーナは確かにリオで何度か目を見張るような展開を見せていた。セミファイナルではそれを垣間見せることはなかったが。今週行われた試合をフォローしていれば、なぜツアー選手たちがフィジーの波が好きなのか理解できるだろう。一方で、このトロピカルパラダイスが膨れ上がったエゴをかき消してくれる。

Fiji Proに戻った波が重大な局面をもたらす

Fiji Proに戻った波が重大な局面をもたらす

件のコメント 2016年6月16日

タジ・バロウはこの日ついにその偉大なキャリアを終えた。そのレジェンドはサーフシーンにおいて最もポピュラーなヒーローだったと言えるだろう。彼は、ジョンジョン・フローレンスを倒すために全力を尽くし、それは信じられない試合展開となったが、勝利を手にすることはできなかった。しかしながら、18年のキャリアを終えたバロウは笑顔だった。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple