Tag: "World Surf League"

ロスカボスを制したブロンテ・マコーレー

ロスカボスを制したブロンテ・マコーレー

件のコメント 2016年6月14日

WSL Women’s QS6000 Los Cabos Openがついに終了した。優勝したオーストラリア出身のブロンテ・マコーレーは信じられない才能を発揮し、CT入りを目指すなか貴重な6000ポイントを得て、現在QSランキング2位につけている。

Wemen'sQS6000トップシードが出揃ったロスカボス

Wemen’sQS6000トップシードが出揃ったロスカボス

件のコメント 2016年6月13日

大会3日目。予想されたスウェルは完璧とも言えるスコアーをジッパーにもたらし、この日出場したサーファーたちを混乱に陥らせた。この日はラウンド4の残りのヒートをコンプリートさせ、2~4ftの波がラインナップされ続けるなか、ラウンド5そして6までを終えた。

Los Cabos Open of Surfing シードラウンドのヤングガンたちの戦い

Los Cabos Open of Surfing シードラウンドのヤングガンたちの戦い

件のコメント 2016年6月12日

第3ラウンドが行われたこの日の午前の波は多少良くはなっていたものの、ウィメンQS6000はおおよそ昨日と同じようなコンディションの中行われた。風による1~3ftの波にサーファーたちは、十分な演技で応えてくれた。

フィジープロ2日目 ベテランたちの戦い

フィジープロ2日目 ベテランたちの戦い

件のコメント 2016年6月8日

「結果は良かったけど、実はとてもナーバスだったんだ」。そう語るのはタジ・バロウだった。ツアー歴18年のベテランはラウンド2で現在ランキング10位内のブラジル出身、カイオ・イベリを相手に辛くも勝利を手にした。このオーストラリアのレジェンドはここフィジーを自身のCT最後の地としている。しかしその輝かしい戦績は今後も語り継がれていくことだろう。

ワイルドコンディションが志田を襲ったIchinomiya Chiba Open 5日目

ワイルドコンディションが志田を襲ったIchinomiya Chiba Open 5日目

件のコメント 2016年5月28日

より良いスウェルを待つため、レイデイを選択した昨日から一夜明けたIchinomiya Chiba Openはこの日、メンズラウンド4をコンプリート。大会5日目となったこの日、選手達は昨日のフラットなコンディションとは全くもって対照的な強烈なオンショアの風とピーキーな2~3ftの波に直面することとなった。

志田に揺さぶられた Day3

志田に揺さぶられた Day3

件のコメント 2016年5月26日

イベント3日目となったこの日、波は1~2ftと小さいなりにクリーンなコンディションの中、メンズQS6000はラウンド3を終え、ウィメンQS1000がスタートした。

Ichinomiya Chiba Openが幕をあける!

Ichinomiya Chiba Openが幕をあける!

件のコメント 2016年5月24日

日本でWSLのビッグイベントが行われるのは3年ぶりこと。この日、Ichinomiya Chiba Openの初戦がいよいよスタートし、2から3ftのビーチブレイクというコンディションの志田下では、メンズラウンド1と2に出場した選手たちが信じられないパフォーマンスを見せてくれた。

ワールドベストサーファーが日本に戻ってくる!

ワールドベストサーファーが日本に戻ってくる!

件のコメント 2016年5月19日

日本でビッグスケールのQSが行われるのはおよそ3年ぶりのことだ。大きなポイントを競う選り抜きのベストサーファーたちが来週、日出ずる国へ戻ってくる。千葉県一宮で始まるICHINOMIYA CHIBA OPENはメンズQS6000とウィメンズQS1000のイベントから成り、日本を興奮の渦に巻き込むだけでなく、世界のサーフシーンが注目することになるだろう。

CT第四戦 新たな驚異が顔を出す

CT第四戦 新たな驚異が顔を出す

件のコメント 2016年5月13日

これまでのシーズンと比べ、今シーズンは未だにランキングが見えてこない。様々な顔が頭角を現しては隠れるといったことを繰り返している様子だ。それは、このリオで始まったゲームの序盤でも同様で、誰がこの混沌とした状況から這い上がるのかを見極めるのは非常に困難だ。今大会のステージのバウンシーなビーチブレイクがその均衡を崩してくれることを期待している。

Billabong Super Kids Challenge Shonan 若きサーファーの優勝が決まる!

Billabong Super Kids Challenge Shonan 若きサーファーの優勝が決まる!

件のコメント 2016年5月1日

2016年4月30日、昨日に引き続き、オフショア胸?肩ほどのグラッシーなコンディションとなった最終日は初日より早い7時半のスタートとなった。まずはグロメット(U-12)を見てみよう。優勝候補だった地元鵠沼出身の矢作紋乃丞(もんのじょう)は波取りに苦戦。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple