Tag: "World Surf League"

Ichinomiya Chiba Openが幕をあける!

Ichinomiya Chiba Openが幕をあける!

件のコメント 2016年5月24日

日本でWSLのビッグイベントが行われるのは3年ぶりこと。この日、Ichinomiya Chiba Openの初戦がいよいよスタートし、2から3ftのビーチブレイクというコンディションの志田下では、メンズラウンド1と2に出場した選手たちが信じられないパフォーマンスを見せてくれた。

ワールドベストサーファーが日本に戻ってくる!

ワールドベストサーファーが日本に戻ってくる!

件のコメント 2016年5月19日

日本でビッグスケールのQSが行われるのはおよそ3年ぶりのことだ。大きなポイントを競う選り抜きのベストサーファーたちが来週、日出ずる国へ戻ってくる。千葉県一宮で始まるICHINOMIYA CHIBA OPENはメンズQS6000とウィメンズQS1000のイベントから成り、日本を興奮の渦に巻き込むだけでなく、世界のサーフシーンが注目することになるだろう。

CT第四戦 新たな驚異が顔を出す

CT第四戦 新たな驚異が顔を出す

件のコメント 2016年5月13日

これまでのシーズンと比べ、今シーズンは未だにランキングが見えてこない。様々な顔が頭角を現しては隠れるといったことを繰り返している様子だ。それは、このリオで始まったゲームの序盤でも同様で、誰がこの混沌とした状況から這い上がるのかを見極めるのは非常に困難だ。今大会のステージのバウンシーなビーチブレイクがその均衡を崩してくれることを期待している。

Billabong Super Kids Challenge Shonan 若きサーファーの優勝が決まる!

Billabong Super Kids Challenge Shonan 若きサーファーの優勝が決まる!

件のコメント 2016年5月1日

2016年4月30日、昨日に引き続き、オフショア胸?肩ほどのグラッシーなコンディションとなった最終日は初日より早い7時半のスタートとなった。まずはグロメット(U-12)を見てみよう。優勝候補だった地元鵠沼出身の矢作紋乃丞(もんのじょう)は波取りに苦戦。

WSL Japan2016年の幕開け! Billabong Super Kids Challenge Shonan 初戦が始まる!

WSL Japan2016年の幕開け! Billabong Super Kids Challenge Shonan 初戦が始まる!

件のコメント 2016年4月30日

明け方まで残った雨により肌寒い天候だったが、オフショアで胸から肩の形のいい波に恵まれた初戦のこの日。試合は午前9時より、Cadet(U-16)のクラスからスタートした。とくに際立っていたのは7.17ポイントを付けた村田嵐と8.00のエクセレントを得た鈴木仁だった。

オージーの新星クリス・ザフィスがメンタワイを制する!

オージーの新星クリス・ザフィスがメンタワイを制する!

件のコメント 2016年4月26日

クリス・ザフィスが世界最高峰の波のポイントのひとつ、インドネシアはメンタワイのランス・ライトで行われたWSLクオリファシリーズ1000での勝利を手にした。ザフィスはファイナルヒートで4~6footの完璧なバレルの波で、バリ島のレジェンドサーファー、デデ・スリアナを破った。

セバスチャン・ジーツ、マーガレットリバーに歴史を残す

セバスチャン・ジーツ、マーガレットリバーに歴史を残す

件のコメント 2016年4月17日

セバスチャン・ジーツはセミファイナルでイタロ・フェレイラを下した後、しばらくの間沖にとどまり、自らの驚くべき飛躍に思いをはせていたようだ。ジーツは昨年、ツアーから脱落。マイナーリーグへ落ちたことにひどく落ち込んでいた。彼はCTツアーを心から愛していたし、世界屈指の波をたった二人で独占できる権利を失いたくなかったのだ。

Margaret River ラウンド3に見た10個の重大なこと。

Margaret River ラウンド3に見た10個の重大なこと。

件のコメント 2016年4月11日

1.) コロヘ・アンディーノ コロヘの特大アリウープは、ラウンド3での強力な対戦相手であるウィグリー・ダンタスから勝利を得るのに大きく貢献した。このカリフォルニア出身のサーファーは、自分のコーチから、フライトコンディションにもっとも相応しい武器を使うようにアドバイスを受けていた。

タジ・バロウ、引退を決意

タジ・バロウ、引退を決意

件のコメント 2016年4月10日

マーガレットリバー第2戦。タジ・バロウがCTからの引退をこの日のモーニングショーで発表した。最終戦を今年のフィジーにする予定であることも併せて伝えた。現在37歳のタジ・バロウは18年以上もの間、CTのエリートツアー選手の中心的人物だった。それでも彼の笑顔が未だかつてないほど輝いているのは、新しい家族と一緒にいることが彼にとってこの上ない喜びだからだろう。

マーガレットリバープロ初戦、ベテラン勢が奮闘!

マーガレットリバープロ初戦、ベテラン勢が奮闘!

件のコメント 2016年4月9日

この数週間を振り返り、ランキングを見直してみると、あなたは何かの間違いだと思うかもしれない。Drug Aware Margaret River Proが始まった今、ケリー・スレーターはトップ20にすら入っていない。ジョエル・パーキンソン、ジョンジョン・フローレンス、アドリアーノ・デ・スーザは、かろうじてトップ10以内を保っている状態だ。そして、二人のルーキーと怪我によるリプレイスメントがトップ8以内におり、マット・ウィルキンソンが断トツでトップに立っている。

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple