7分間の沈黙を破り、ドラマチックな逆転で優勝をした加藤嵐!!

news_arashi-kato_Q2H6209.jpg

鹿児島県、奄美大島龍郷町手広海岸
(2012年10月28日、日曜日)

2012年ASPジャパンツアー最終戦、メンズスターシリーズ、2スターイベント「LENTO Presents Malibu Amami Island Pro」は、鹿児島県大島郡龍郷町の手広海岸にて今日ファイナルデーを迎えドラマチックなフィナーレとなった。

天候は若干曇りと晴れが入り混じる今日となったが、波のコンディションは、シーズンフィナーレに相応しい最高にクリーンな2から3フィートのコンディションとなり、7:30のファーストコールでASPジャパンツアーマネージャーの近江俊哉は、ファイナルデーにゴーサインを出した。

賞金総額$30,000- スターシリーズ2スターイベント「LENTO Presents MALIBU Amami Island Pro」は、今日の午前中にクオーターファイナルの第1から第4ヒートを行った。より向上したコンディションを見込み、午後にセミファイナルはホールドとなった。そして干潮が終わり午後の14:00にセミファイナルにゴーサインが出された。

セミファイナルの第1ヒートは、和光 大 対 松岡 慧斗。序盤から松岡がリードを握るが、残り8分のところで、和光がバックサイドでエクセレントな8.75ポイントに成功して逆転に成功した。

残り時間5分でプライオリティーを見事に利用した和光は、更にフロントサイドで再びエクセレントな9.25ポイントに成功して松岡をコンボの状態とする。その後松岡も反撃するが再逆転は成らなく、18.00対11.10ポイントで松岡を上回った和光がファイナル進出する。

セミファイナルの第2ヒートは、加藤嵐 対 大原洋人。加藤が最初のライディングをフロントサイドで7.00ポイントを出す一方、大原は4本目の波で6.00ポイントに成功した。残り時間17分のところで加藤が2本目のライディングを5.50ポイントに成功し、この段階で12.50ポイント対10.50ポイントとなり、加藤がリードにする。加藤は、その後3本目でエクセレントな9.40ポイントに成功すると、ヒートトータルスコアを16.40ポイントに伸ばす。大原もエクセレントな8.00ポイントで反撃。11分を残して16.40対14.00で加藤がリード、大原は逆転に必要なスコアの8.41を追う。加藤は更に4本目のライディングで7.15ポイントに成功してトータルを16.55ポイントに伸ばし、大原は8.56を追う苦しい状況になる。最終的に、この激戦スコアはクロースヒートの16.55対14.25ポイントとなり大原を上回った加藤嵐がファイナル進出を決定させた。

15分のインターバルを挟み、和光大 対 加藤嵐の30分グランドファイナルが開始した。最初の10分は加藤、和光共にミドルスコアを中心にスコアを組み立てるなか、序盤戦は加藤がリード握るが、残り時間15分の中盤折り返しで、和光が5.70ポイントをだし逆転に成功し、加藤が5.15ポイントを追う状況に変わる。その後、和光がバックサイドで6.75ポイントに成功してリードを伸ばす。加藤は逆転に必要なスコアが6.71に伸びるなか、ファイナルの残り時間10分という場面で12.45対10.65となり、和光リードでプライオティーは加藤。加藤はじっくりチャンスを待つ中、和光が残り時間6分でバックサイドの7.50ポイントに成功して加藤が逆転に必要なスコアが更にひろがり、8.50ポイントに伸びた。残り時間5分、更に最後の1分で状況14.25対10.65のまま、和光がリードを終始握るが、7分間の沈黙を破り、終了間際の1秒で加藤がテイクオフすると試合終了のホーンが鳴る。すると加藤はフロントサイド最後のコンビネーションで見事な演技を終えビーチに上がりスコアコールを待つ。

そして会場に公式アナウンスがながれ、スコアはなんと8.50ポイントでドラマチックな大逆転勝利に成功した。優勝は加藤嵐となり、最終スコアは8.50と5.75でヒートトータルスコアが14.25の加藤嵐、そして7.50と6.75でヒートトータルスコアが14.25ポイントとなりカウントバックでハイエスとスコアをマークした加藤嵐が和光大を下す結果となった。

「最後の波当初まさか、あれ程良い波だとはまさか思わなかったのですが、ダブルアップして来て結果的は本当に最高の波になりました。プロジュニアイベントで昨年の大会は、ファイナルで負けて準優勝という悔しい思い出が晴れました。今週末、手広海岸を開放してくれたローカルの皆さんに大きく感謝します。奄美大島の海は本当に綺麗で最高の土地です。来年もここへ戻ってくることを本当に楽しみにしています」

LENTO Presents MALIBU Amami Island Pro最終公式結果:

1st, 500Pts, R$5,000:加藤 嵐(千葉)
2nd, 375Pts, R$2,500:和光 大(神奈川)
3rd place, 281Pts, R$2,150:松岡 慧斗(宮城)、大原 洋人(千葉)


東日本大震災により被害を受けられた地域の皆様に、謹んでお見舞い申しあげます。一日も早い復興と皆様のご健康を心からお祈り申しあげます。2013年こそ明るく平和な一年でありますようお祈りしております。

2012年は2011年の東日本大震災の復興に日本が一丸となって進む中、ASPジャパンツアーも皆様のご協力のお陰で無事に本日2012年シーズンを終了する事が出来ました。2013年のよりグレードアップされたシーズンにどうぞご期待下さい。2012 ASPジャパンツアーは今日閉幕しますが、日本代表の今シーズンの戦いは続きます。スターシリーズそしてプライムシリーズはハワイへと向かい、そしてロングボードの2012世界チャンピオンを決めるチャンピオンシップが中国で11月に開催されます。少しでも日本に元気を与えようと日の丸を背負い日本代表のサーファー達の戦いは今シーズン更に世界を舞台に続きます。どうぞ引き続き日本代表に熱い応援を是非お願い致します。

頑張れ日本!


「LENTO Presents MALIBU Amami Island Pro」はイベントを通してインターネットでライブ中継されました:

イベント公式ページは、http://www.aspjapantour.com/webcast/2012/amami/ からどうぞ!

「LENTO MALIBU Amami Island Pro」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました。

・MALIBU(サントリーアライド株式会社)
・れんと(奄美大島開運酒造株式会社)
・株式会社 アーダン
・大島郡龍郷町
・名瀬徳洲会
・藤本軌道株式会社
・NPO法人海遊
・町田酒造株式会社
・あかおぎ歯科
・BAREFOOTRESORT
・株式会社イナポリトレイディング
・平木商店
・社会福祉法人新世会サンクリーン
・NAKISURF
・築陽美術
・ASAHI SOFT DRINK(アサヒカルピスビバレッジ株式会社)
・G-shock(カシオ電算機)
・波伝説(サーフレジェンド)
・株式会社ムラサキスポーツ

後援
・鹿児島県大島支庁
・龍郷町
・奄美群島広域事務協会
・奄美群島観光物産協会
・奄美大島観光物産協会
・奄美商工会
・奄美大島観光協会
・奄美大島青年会議所
・奄美市連合青年団
・奄美テレビ放送
・南海日日新聞
・奄美新聞社
・奄美エフエムディ!ウェイブ
・奄美群島情報サイトしーまブログ
・ams メディアステーションHD

協力
・国際プロサーフィン大会奄美実行委員会
・ほか奄美と海を愛するたくさんの人や企業・団体様・・・

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com

LATEST NEWS

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
協賛
後援
協力
  
  
MALIBU(サントリーアライド株式会社)
株式会社 奄美大島開運酒造
龍郷町
株式会社 アーダン
Asahi Drink(アサヒ・カルピス飲料 株式会社)
波伝説(株式会社 サーフレジェンド)
RASH WETSUITS(株式会社イナポリトレイディング)
G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
名瀬徳洲会
BAREFOOTRESORT
あかおぎ歯科
(株)イナポリ・トレイディング
社会福祉法人 新世会サングリーン
NPO法人 海遊
藤本軌道 株式会社
筑陽美術
NAKISURF
平木商店
株式会社ムラサキスポーツ
鹿児島県(大島支庁)
龍郷町
奄美群島広域事務組合
奄美群島観光物産協会
奄美大島観光物産協会
奄美大島観光協会
あまみ商工会
奄美大島青年会議所
奄美市連合青年団
奄美テレビ放送
南海日日新聞
奄美新聞社
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
奄美群島情報サイト しーまブログ
amsメディアステーションHD
国際プロサーフィン大会奄美実行委員会
ほか奄美と海を愛する沢山の人や企業・団体様