「Malibu HYUGA PRO」WQS優勝は、ハリー・バティスタ(ブラジル)! LQS Mensの優勝は、ボンガ・パーキンズ(ハワイ)、Womensは、ミク・ウエムラ(ハワイ)が優勝!

news_825.wqs_halley_batista.jpg

宮崎県、日向市、小倉ヶ浜海岸
(2012年 10月8日、日曜日)(体育の日)

2012年ASPジャパンツアー第9戦、メンズスターシリーズ2スターイベント「Malibu HYUGA PRO」とロングボードメンズ2スター、ウィメンズ1スターは今日ファイナルデーを迎えた。

イベント最終日3日目、今朝の宮崎県日向市の天候は晴天で波のコンディションは肩~頭、7:00のファースコールで7:30にASPジャパンツアーマネジャーの近江俊哉がイベントファイナルデーにゴーサインを出した。

Womens LQSセミファイナル第1ヒートは、吉川広夏(日本)対ミク・ウエムラ(ハワイ)。この勝負11.05対7.15ポイントでウエムラが吉川を上回りファイナル進出した。第2ヒートは、宇井初美(日本)対クリスタル・ディアズ(ハワイ)。7.85対7.50ポイントの小差でディアズを上回った宇井がファイナル進出した。ファイナルはイベントディフェンディングチャンピオンのミク・ウエムラ(ハワイ)対元ASPジャパンツアー、ウィメンズLQSリーディングサーファーの宇井初美(日本)の共にWLTに参戦するトップウィメンズアスリートの勝負となった。ウエムラは4.70と4.50ポイントでヒートトータルスコアが9.20ポイントで一方の宇井は4.00と1.65ポイントでトータル5.65ポイントでファイナル残り時間2分を迎え、優勝する為に必要なスコアの5.20を追うが無常にもタイムアップでウエムラがタイトルを防衛した。

9.20対5.65ポイントで宇井初美を上回った、ミク・ウエムラ(ハワイ)が連続優勝した。

「地元、日向のローカルの方々を始め皆様本当にありがとうございました。最高に楽しいイベントでした。良い波にも恵まれて幸運でした。このイベントは毎年シーズンを通して最も楽しみにしているイベントの1つです。来年も是非エントリーしたいとと楽しみにしています」

LQS Mensセミファイナル第1ヒートはハリー・バティスタ(ブラジル)対ディフェンディングイベントチャンピオンのトニー・シルバーニ(アメリカ合衆国)。17.25対14.50ポイントでシルバーニを上回ったバティスタがファイナル進出した。第2ヒートは共に元イベントチャンピオン同士の東川泰明(日本)対ボンガ・パーキンズ(ハワイ)。15.50対12.00ポイントで東川の演技を上回ったパーキンズがファイナル進出した。

バティスタ対パーキンズのグランドファイナルは潮が満潮時間を迎えスローヒートの展開となった。

残り時間10分を切るとパーキンズはバックサイドアタックで7.25ポイント成功した。その後、最後のライディングでエクセレントな8.50ポイントに成功してパーキンズはトータルを15.75ポイントに伸ばして、4.50と6.50ポイントのバティスタを上回り、ボンガ・パーキンズ(ハワイ)が優勝した。

「スロースタートとなったが、幸運にも自分の思う方向に事が進みました。イベント通してインフォームなサーファーは間違いなくバティスタでした。彼にはまだショートボードのファイナルも残っています。自分は運が良かっただけです。今回イベントに参加するか最後まで決まりませんでしたので、サーフボードの調整も遅れました。イベント始まったもまだチューニングを余儀なくされました。シャーパーのサーフボードは最高です。ローカルの方々を始め関係者の皆様、サポーターの皆さん本当にありがとうございました」

WQSクオーターファイナルでは、全ヒート、トップベテラン対将来楽しみなヤングガン達の戦いとなった。全ヒート大激戦だったが、その中でも、後のイベント覇者のバティスタを最後まで苦しめたクオーターファイナル第1ヒートでの大原洋人(日本)の奮闘は見事な活躍だった。第2ヒートの児玉椋もトップシードサーファーの高梨直人との差は小数点の差だった。第3ヒートでは小林直海がトップスターの田嶋鉄平との好勝負を演じた。第4ヒートには中堅トップサーファーの河村海沙と若干14歳のグロムサーファーである村上 舜が見事に勝ち上がった。

WQSセミファイナル第1ヒートはハリー・バティスタ(ブラジル)対高梨直人(日本)。

今回ダブルエントリーをしてLQSでも準優勝のバティスタの勢いは恐ろしく、セミファイナルで今回イベント通して唯一のパーフェクト10を記録した。超ド級のバックハンド・コラプト・グラブ・リバース・エアリアルに成功した。バックアップスコアも9.50ポイントで、ヒートトータルスコアも19.50ポイント。高梨のハートは見事崩れる事無く反撃してバックハンドアタックでエクセレントな9.40ポイントに成功し、コンボの状態は変わらず、今回のバティスタの勢いは止められなかった。19.50対12.90ポイントで高梨を上回ったバティスタがファイナルに進出した。

第2ヒートは田嶋鉄平対村上 舜。田嶋は落ち着いてエクセレントな8.25と7.65ポイントを記録してトータルを15.90ポイントに伸ばして5.75と3.50ポイントでトータル9.25ポイントに留まった村上を上回りファイナル進出した。

今回のイベント最後のヒートとしてWQSファイナルに進んだのは、ハリー・バティスタ(ブラジル)と田嶋鉄平(日本)となった。田嶋が終始ファイナルリードを握る展開の中、イベントを終始エアリアルで勝負してきたバティスタが、残り時間10分の段階でフロントサイドのエアリアルに成功すると9.30ポイント。更にその後、6分を残して勝利を決定的とするバックハンドのエアリアルを成功させて9.00ポイント。最終的にトータル18.30ポイントに伸ばしたバティスタが6.25と5.50でトータルスコアがファイナルで、11.75ポイントに留まった田嶋を上回り見事勝利したのはハリー・バティスタ(ブラジル)。

「神様、ありがとうございます。そして地元の方々をはじめ関係者の皆さん、サポーターの皆さん、本当にありがとうございました。正直言って疲れました。最高のファイナルでした。日本は最高です。日本人、日本食、全て最高です。今回勝利の女神と成ってくれたのは娘です。本当にありがとうございます」

更にポルトガル語にて自国ブラジルのサポーターの方々を始め関係者全員に感謝をバティスタは述べた。


MALIBU HYUGA PRO 2012 最終公式結果:


MALIBU HYUGA PRO 2012
WQS

1st, 500Pts, U$6,000:ハリー・バティスタ(ブラジル)
2nd, 375Pts, U$3,000:田嶋鉄平(日本)
3rd, 281Pts, U$2,000:高梨直人(日本)、村上 舜 (日本)


MALIBU HYUGA PRO 2012
LQS Men

1st, 500Pts, U$2,500:ボンガ・パーキンズ(ハワイ)
2nd, 375Pts, U$1,500:ハリー・バティスタ(ブラジル)
3rd, 281Pts, U$1,000:トニー・シルバーニ(アメリカ合衆国)、東川泰明(日本)

MALIBU HYUGA PRO 2012
LQS Women

1st, 250Pts, U$1,000:ミク・ウエムラ(ハワイ)
2nd, 188Pts, U$400:宇井初美(日本)
3rd, 141Pts, U$200:吉川広夏(日本)、クリスタル・ディアズ(ハワイ)


ASPジャパンツアー次戦は、10月26日から10月28日まで鹿児島県奄美大島龍郷町手広海岸に開催される、2012最終戦、スターシリーズ、2スターイベントMalibu Amami Island Proとなる。

賞金総額$30,000- スターシリーズ2スターイベント「Malibu HYUGA PRO」と同時開催イベントとして賞金総額$10,000- LQSシリーズ・メンズ2スター、ウィメンズ1スター$2,000-の「MALIBU HYUGA PRO LONGBOARD」が開催された。

ASPジャパンが行う、このイベントはインターネットによるライブ放送をご覧戴けます。
直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブをお楽しみ下さい。

イベント公式ページは http://www.aspjapantour.com/webcast/2012/hyuga/ からどうぞ!

「MALIBU HYUGA PRO」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました。

・MALIBU(サントリーアライド株式会社)
・あくがれ(富の露酒造店株式会社)
・ASAHI SOFT DRINK(アサヒカルピスビバレッジ株式会社)
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・C4 WATERMAN JAPAN

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com

LATEST NEWS

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
主催
特別協賛
協賛各社
協力
後援
お倉浜プロサーフィン大会実行委員会
MALIBU(サントリーアライド株式会社)
清本鐵工株式会社
G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
株式会社 富乃露酒造店
Asahi Drink(アサヒ・カルピス飲料 株式会社)
C4 WATERMAN JAPAN
波伝説(株式会社 サーフレジェンド)
日向サーファーズ
宮崎県、日向市日向観光協会日向市商工会議所
宮崎日日新聞社
株式会社 阪急交通社