QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN の優勝は加藤嵐、ROXY PRO JUNIOR の優勝は高橋みなと、KING OF THE GROMMETS のカデット優勝は仲村 拓久未。

news_3120.jr-arashi-kato.jpg

高知県安芸郡東洋町
(2012年 8月20日、月曜日)

2012年ASPジャパンツアーの第7戦となるジュニアイベント「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」は今朝、高知県安芸郡東洋町生見サーフィンビーチにてファイナルデーを迎えた。

最終日の今日、高知県安芸郡東洋町は、雷雨と晴天が入り混じり、波のコンディションはサイズアップし、2から3フィート(胸~肩)のコンディションの中、7:00のファーストコールでASPジャパンツアーマネジャーの近江俊哉が7:45にイベントファイナルデーにゴーサインを出した。

U-16 カデット、セミファイナル第1ヒートは仲村 拓久未 (三重)対西 慶司郎(大阪)、そして第2ヒートは安井 拓海(埼玉)、松下 諒大(神奈川)。第1ヒートは14.25対8.25ポイントで仲村 拓久未が西 慶司郎の演技を上回りファイナル進出。第2ヒートは11.50対10.10ポイントで安井 拓海が松下 諒大に勝利してファイナル進出。

ファイナルは今期共に1勝のイベントディフェンディングチャンピオンの仲村 拓久未対安井 拓海の最高のマッチアップが実現して13.65対12.00ポイントで安井 拓海の演技を上回った仲村 拓久未が優勝して今期、カデット2勝目を収めタイトルを防衛した。

U-20ガールズ、セミファイナル第1ヒートは野呂 玲花対高橋 みなと。第2ヒートは北沢 麗奈対須田 那月。第1ヒートは12.50対7.50ポイントで野呂 玲花が高橋 みなとに勝利してファイナル進出。第2ヒートは11.75対8.75ポイントで須田 那月が北沢 麗奈に勝利してファイナル進出。ファイナルは共に今期初勝利を狙う高橋 みなと、そして須田 那月の対決。ファイナルは12.25対10.10ポイントで見事高橋 みなとが須田 那月を上回り今期初優勝を飾った。

「皆さん応援ありがとうございます。生見は今回が初めてでしたが、ローカルの皆さんの心のこもったケアにより今回はリラックスして自分の長所を発揮する事が出来ました。生見のローカルの皆さん、イベントの関係者全員、サポーターの皆さんに大きく感謝すると共に、自分の地元、東日本大震災の被災地の仙台のサポーターの皆さんの応援が自分の力に働き、大きく感謝を述べたいと思います」

U-20メンズ、セミファイナル第1ヒートは田中 海周対加藤 嵐、そして第2ヒートは仲村 拓久未対、西 修司となった。第1ヒートは16.00対11.35ポイントで加藤 嵐が田中 海周の演技を上回りファイナル進出。第2ヒートはクオーターで8.90の自己の持つイベント通して一番高いウェーブハイスコアを更新するえエクセレントな9.00ポイントを含む、17.40対10.60ポイントで仲村 拓久未が西 修司を上回りファイナル進出した。

ファイナルは、今期1勝そしてイベントディフェンディングチャンピオンの加藤 嵐対元ASPジャパンカデットシリーズグランドチャンピオンの仲村 拓久未となった。まずファイナル最初の波を掴んだのは加藤が、いきなりフロントサイドの演技でエクセレントな9.00ポイントに成功した。加藤はバックアップもしっかり7.65ポイントに纏め上げてヒートスコアを16.65ポイントに伸ばした。ファイナル5分を残した状態で、仲村はトータル8.50ポイントとなり、コンボの16.66ポイントを追う苦しい状況。仲村は最後に3.50ポイントに成功したがトータルを9.00ポイントに若干伸ばすだけで、状況は変わらずで、16.65対9.00ポイントで加藤嵐がイベント2年連続、そして今期2戦連続の優勝を飾った。

「皆さん応援ありがとうございました。セミファイナル同様に先手必勝の自分の戦略が今回も吉に出て大きな勝因に働きました。今日は予報通り波も上がり自分の長所を発揮出来ました。ここで生見のローカルの皆さん、イベントの関係者全員、サポーターの皆さんに大きく感謝致します。次戦、宮崎の最終戦も頑張ります」

QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN 2012
Junior 最終公式結果:

1st, 250Pts, U$2,000 :加藤 嵐
2nd, 188Pts, U$900 : 仲村 拓久未
3rd place, 141Pts, U$550 :田中 海周、西 修司


ROXY Girls Ikumi Open 2012
Girls 最終公式結果:

1st, 250Pts, U$0 :高橋 みなと
2nd, 188Pts, U$0 :須田 那月
3rd place, 141Pts, U$0 :野呂 玲花、北沢 麗奈


QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN 2012
Cadet 最終公式結果:

1st, 250Pts, U$0 :仲村 拓久未
2nd, 188Pts, U$0 :安井 拓海
3rd place, 141Pts, U$0 :西 慶司郎、松下 諒大

QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN 2012
Grom 最終公式結果:

1st, 250Pts, U$0 :内藤 遥
2nd, 188Pts, U$0 :西 優司
3rd place, 141Pts, U$0 :安室 丈、小笠原 由織


2012 ASPジャパンツアー次戦は8月31日~9月2日まで宮崎県日向市お倉が浜海岸にて開催される、Grade2 QUIKSILVER Pro Junior Hyuga、Grade1 (ROXY Girls Challenge Hyuga)、(QUIKSILVER King of the Groms Hyuga)となる。

ASPジャパンツアー、各クラスのランキングは今回のイベントを終えて調整に入る選手も発生します。ランキングの詳細は下記ASPジャパンツアー公式ウェブペイジのトップメニューよりランキングのプルダウンメニューにて参照願います:

http://www.aspjapantour.com/


7月に神奈川県湘南海岸で第1戦、8月第1週に千葉県一宮で第2戦が、すでに行われジュニアリーグの第3戦戦となる「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」は、ワールドジュニアクリファイのランキング争いにとっては重要なポイント争いの砦となった。

各選手上位5位までの入賞を基準に、(ガールズは上位2名)10月に行われるワールド・ジュニア・チャンピオンズ代表の座を争い2012年シーズン のツアーランキングを獲得するチャンスでもある。さらに同時開催のカデット(U-16)は4戦目を向かえ、Quiksilver King of the Gromシリーズの第2戦となった。Quikslver社の主催で10月にフランスで開催競れる「Quiksilver King of the Grommets」の1名の出場権をかけてのポイント争いの2戦目となった。

グレード1の「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」プロジュニアU-20は、ジュニアイベントとして今年2回目となったが、ここ高知県東洋町は以前からプロサーフィンコンテストの盛んなサーフィン のメッカでもある。かつてはWCT(ワールドチャンピオンズツアー)もこの生見サーフィンビーチで行われた記録もあり、町全体でこの世界レベルのサーフィ ン大会が戻ってきたことを歓迎してくれている。ジュニアといえども、昨今では大人顔負けのレベルの高いサーフィン技術を習得し世界レベルなスキルを競い合 い国際大会への窓口としてジュニアツアーに参加している選手のサーフィンは見逃せない。全国から最も優秀なジュニアが48人参加した。

このジュニアイベントは、Junior Mens(ジュニア20歳以下)U-20とJunior Girls(ジュニア・ガールズ20歳以下)U-20、Cadet(16歳以下)、Grommets(12歳以下)の4クラスで争われた。

ワールドジュニアチャンピオンズ(WJC)は、世界7地域から選抜された48人のジュニアが、インドネシアで開催される チャンピオンシップに招待され世界タイトルを争う世界最高峰の戦いの場であり、この試合で好成績を残す選手は将来のワールドツアー参戦に最も有利なシード 権を得る事が出来、同時にこの大会で優勝をする事はジュニアの世界チャンピオンを意味する事となる。そしてWJCを目指し熱い戦いを迎えるジュニア、ジュ ニア・ガールズ共にクォリファイシリーズは後半を迎え、ガールズもこの試合「Roxy Junior Girls IKUMI Open」と次戦の5戦からベスト3イベントスコアで1位2位となった選手が10月にインドネシア・バリ島で行われる「OAKLEY Pro Junior」に選抜される。

このイベントはインターネットによるライブ放送されました。

イベント公式ページは、http://www.aspjapantour.com/webcast/2012/ikumi/ からどうぞ!

「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました。

・Quiksilver Japan(クイックシルバー株式会社)
・ASAHI SOF DRINKS(アサヒカルピスビバレッジ株式会社)
・波伝説(サーフレジェンド)
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・SYNDICATE(シンジケート・サーフプロダクツ)

公認
・ASP インターナショナルジャパン

主催
・東洋町サーフィン振興実行委員会

■問合せ先:高知県安芸郡東洋町役場
総務課企画調整室 tel:0887-29-3111
ASPジャパン事務局
Email:office@aspjapantour.com

LATEST NEWS

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
主催
協賛各社
公認
協力
後援
運営
QUIKSILVER PRO JUNIOR
実行委員会

QUIKSILVER JAPAN
(クイックシルバージャパン株式会社)

Asahi Drink(アサヒカルピスビバレッジ株式会社)
波伝説(株式会社 サーフレジェンド)
G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
SYNDICATE
Skullcandy
ASP International Japan Branch
高知県サーフィン連盟
高知県安芸郡東洋町役場
(株)ワールド・サーフィン・プロモーションズ