QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN 初日の今日、トップシードが早くも登場し、高いプライドに相応しい高い演技を披露した。

news_hiroto_ohhara.jpg

高知県安芸郡東洋町
(2012年 8月17日、金曜日)

徳島県の徳島市内では一昨日、毎年恒例の4日間に渡る世界にもその名を知られた400年の歴史を持つ徳島の夏祭りの阿波おどりが終了したばかりだが、高知県安芸郡東洋町生見サーフィンビーチでは4日間に渡って開催される、2012年ASPジャパンツアーの第7戦となるジュニアイベント「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」が華々しく開幕し、8月20日(月)までの間熱い戦いが繰り日遂げられる。

今朝の高知県安芸郡東洋町は、晴天で波のコンディションは2-3フィート(胸~肩)の中、7:00のファーストコールでASPジャパンツアーマネジャーの近江俊哉がイベント開幕にゴーサインを出した。

今日のイベントはU-20メンズのラウンドオブ48、ラウンドオブ32、ラウンドオブ16、そしてカデットU-16のラウンドオブ48、U-20ガールズのラウンドオブ10、ラウンドオブ6の全ヒートが開催された。

U-20ガールズでは、明日以降に開催されるマンオンマンのガールズセミファイナリストのベスト4が出揃った。セミファイナルに勝ち上がったガールズのベスト4は野呂 玲花、高橋 みなと、北沢 麗奈そして須田 那月の4名となった。

U-20メンズではレイトエントリーで今回のイベントラウンドオブ48からの出場となった仲村 拓久未 が第8ヒートに出場すると今回のイベント最初のエクセレントスコアの8.00ポイントに成功してラウンドアップすると、ラウンドオブ32でも首位、ラウンドオブ16では2位で明日以降開催されるマンオンマンのクオーターファイナルに勝ち上がった。今日高いスコアメイクに成功したのは現在のシリーズランキング首位の新井洋人で、ラウンドオブ32では8.65と8.25の2本のエクセレントスコアに成功して、更にヒートハイスコアも16.90ポイントで今日一番高いスコアを記録した。新井は、ラウンドオブ16では2位で次のマンオンマンのクオーターファイナルに勝ち上がった。今日一番高いウェーブハイスコアに成功したのはラウンドオブ16第4ヒートに出場した大橋海人で、彼はエクセレントな8,75ポイントを記録し、首位でマンオンマンのクオーターファイナルに勝ち上がった。

U-16 カデットで大原洋人がウェーブスコアでエクセレントな9.00、そしてヒートハイスコアを15.25ポイントに伸ばしてトップでラウンドオブ32に進出している。

明日イベント第2日目のファーストコールは7:30です。

7月に神奈川県湘南海岸で第1戦、8月第1週に千葉県一宮で第2戦が、すでに行われジュニアリーグの第3戦戦となる「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」は、ワールドジュニアクリファイのランキング争いにとっては重要なポイント争いの砦となる。

各選手上位5位までの入賞を基準に、(ガールズは上位2名)10月に行われるワールド・ジュニア・チャンピオンズ代表の座を争い2012年シーズン のツアーランキングを獲得するチャンスでもある。さらに同時開催のカデット(U-16)は4戦目を向かえ、Quiksilver King of the Gromシリーズの第2戦となる。Quikslver社の主催で10月にフランスで開催競れる「Quiksilver King of the Grommets」の1名の出場権をかけてのポイント争いの2戦目となる。

ここまでの所、ジュニア(U-20)クラスでは、新井洋人(神奈川)がトップを走り、2位に大橋海人(神奈川)、3位に加藤嵐(千葉)、4位が金尾 玲王(神奈川)5位に仲村拓久未(三重)という順位である。ガールズ(U-20)では野呂玲花(大阪)が1位、2位に大村奈央(神奈川)と言う順位であ る。カデット(U-16)では佐藤魁(神奈川)と安井拓海(千葉)が同率の1位で、KOTGの代表争いに大原洋人(千葉)が有利な状態この試合を迎える事 となる。

グレード1の「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」プロジュニアU-20は、ジュニアイベントとして今年2回目となるが、ここ高知県東洋町は以前からプロサーフィンコンテストの盛んなサーフィン のメッカでもある。かつてはWCT(ワールドチャンピオンズツアー)もこの生見サーフィンビーチで行われた記録もあり、町全体でこの世界レベルのサーフィ ン大会が戻ってきたことを歓迎してくれている。ジュニアといえども、昨今では大人顔負けのレベルの高いサーフィン技術を習得し世界レベルなスキルを競い合 い国際大会への窓口としてジュニアツアーに参加している選手のサーフィンは見逃せない。全国から最も優秀なジュニアが48人参加した。

このジュニアイベントは、Junior Mens(ジュニア20歳以下)U-20とJunior Girls(ジュニア・ガールズ20歳以下)U-20、Cadet(16歳以下)、Grommets(12歳以下)の4クラスで争われる。

ワールドジュニアチャンピオンズ(WJC)は、世界7地域から選抜された48人のジュニアが、インドネシアで開催される チャンピオンシップに招待され世界タイトルを争う世界最高峰の戦いの場であり、この試合で好成績を残す選手は将来のワールドツアー参戦に最も有利なシード 権を得る事が出来、同時にこの大会で優勝をする事はジュニアの世界チャンピオンを意味する事となる。そしてWJCを目指し熱い戦いを迎えるジュニア、ジュ ニア・ガールズ共にクォリファイシリーズは後半を迎え、ガールズもこの試合「Roxy Junior Girls IKUMI Open」と次戦の5戦からベスト3イベントスコアで1位2位となった選手が10月にインドネシア・バリ島で行われる「OAKLEY Pro Junior」に選抜されるため、引き続き重要な事は間違えないだろう。

イベントは20日月曜日の午後にはそれ ぞれのクラスでチャンピオンが決定し、ツアーランキングが加算され今年の夏のジュニアツアーポイント争いに変化を与える事でしょう。

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。

直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.aspjapantour.com/webcast/2012/ikumi/ からどうぞ!

「QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

・Quiksilver Japan(クイックシルバー株式会社)
・ASAHI SOF DRINKS(アサヒカルピスビバレッジ株式会社)
・波伝説(サーフレジェンド)
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・SYNDICATE(シンジケート・サーフプロダクツ)

公認
・ASP インターナショナルジャパン

主催
・東洋町サーフィン振興実行委員会

■問合せ先:高知県安芸郡東洋町役場
総務課企画調整室 tel:0887-29-3111
ASPジャパン事務局
Email:office@aspjapantour.com

LATEST NEWS

ASP Japan on Facebook ASP Japan on Twitter ASP Japan on Youtube ASP Japan on Myspace
主催
協賛各社
公認
協力
後援
運営
QUIKSILVER PRO JUNIOR
実行委員会

QUIKSILVER JAPAN
(クイックシルバージャパン株式会社)

Asahi Drink(アサヒカルピスビバレッジ株式会社)
波伝説(株式会社 サーフレジェンド)
G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
SYNDICATE
Skullcandy
ASP International Japan Branch
高知県サーフィン連盟
高知県安芸郡東洋町役場
(株)ワールド・サーフィン・プロモーションズ