オフィシャル気象情報(5/29)

さて、いよいよ本日5月29日(水)より千葉県一宮町釣が崎海岸にて「QUIKSILVER OPEN JAPAN」が開催されます。その気象情報についてお知らせいたします。

まず、大会初日となる本日29日(水)は、日本の東海上の高気圧は徐々に東へ遠ざかり、西からは気圧の谷が近づいてくる見込みです。その影響で東~南東~南寄りの波やうねりが徐々に強まってきそうです。ただし、西から近づく気圧の谷に向かって南東~南寄りの風も強まってきそうなので、波質も徐々に落としてしまうでしょう。

0529_0530.png

30日(木)は、気圧の谷がさらに西から近づき、南東~南寄りの風は後半にかけて南~南西寄りに変わりつつさらに強まってきそうです。また、東~南東~南寄りの波やうねりもしっかりと続き、風も南西寄りに変わってきそうなので、多少まとまってくる可能性があります。

0529_0531.png

31日(金)は、前線帯はさらに南下しつつも、関東の南岸に停滞しそうです。南東~南~南西寄りのうねりは続き、東~南東寄りのうねりの反応が良くなってきそうです。ただし、沿岸では北東寄りの風が入りやすく、強まる可能性もあります。天気も不安定で雲も多く、雨が降りやすいでしょう。

0529_0601.png

6月1日(土)は、前線帯は南海上に停滞し、南西寄りのうねりは徐々に弱まりつつも、南~南東寄りのうねりはしっかりと続き、さらに反応が良くなってくる可能性があります。ただし、北東寄りの風が入りやすいでしょう。

0529_0602.png

6月2日(日)は、南海上の前線上に低気圧が発生し、関東の南海上を通過しそうです。その影響で、南~南東寄りのうねりは続きそうですが、北東寄りの風・波が強まり、波質を落とし、多少ジャンクとなってしまう可能性があります。

オフィシャル気象予報士:小川和幸(波伝説)
http://www.namidensetsu.com/