オフィシャル気象情報(6/1)

6月1日(土)は、北から高気圧に覆われる見込み。ただし、南海上の前線が徐々に東へ延びてきて、また、前線上に発生した低気圧がゆっくりと東へ進み、今夜からあすにかけて関東の南海上を通過していく見込み。
波は、はるか東海上の高気圧の吹き出しや、東海上の低気圧からの南東~東寄りのうねりや、北東寄りの風による波の反応が良くなり、きのうよりもさらに強まっています。ただし、北~北東寄りの風が強く、朝のうちは北寄りですが、日中になると徐々に北東寄りにシフトしつつ、強く吹き続けてしまいそうです。荒れてまとまりがない状態が続いてしまうでしょう。

0601_0602.png

6月2日(日)は、南海上の前線上の低気圧が関東の南海上を通過しそうです。その影響で、北東~東~南東寄りの波やうねりはしっかりと続きそうですが、北東寄りの風がさらに強く、波質を落とし、ジャンクとなってしまうでしょう。

オフィシャル気象予報士:小川和幸(波伝説)
http://www.namidensetsu.com/