スターツアーの開幕戦 QUIKSILVER OPEN JAPAN が今日ラウンドオブ144から開幕し、チャレンジングな演技が早くも披露された。

千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸
(2013年 5月29日、水曜日)

「QUIKSILVER OPEN JAPAN」は今日から開催されたファーストラウンド144はロータイドながらすばらしいコンディションとなり8ヒートを行い、明日以降のラウンド128にラウンドアップした16人が勝ちあがった。

いよいよ開幕の火蓋をきった今日のラウンドオブ144ではライトなオフショアの胸から方サイズのコンパクトな波が初登場の選手を出迎えた。

2013年ASPジャパンメンズスターツアーの第1戦で、国内最大級の賞金総額¥9,500,000-の4スターイベント「QUIKSILVER OPEN JAPAN」が5月29日(水)から 6月2日(日)までの間千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸で開催される。

今日の会場付近の天候は、小雨で南西よりの弱いオフショア風で、サイズは2から3フィート(1.5メーター)となった。

「今日の志田下はまずまずのコンディション」と言うことで、コンテストディレクターASPジャパンの近江俊哉が、イベントラウンドオブ144 にゴーサインを出した。

イベント公式波予報機関株式会社サーフレジェンド小川予報士は、今日のコンディションについて「大会初日となる29日(水)は、日本の東海上の高気圧は徐々に東へ遠ざかり、西からは気圧の谷が近づいてきそうです。その影響で南東~南寄りの波やうねりが徐々に強まってきそうです。ただし、西から近づく気圧の谷に向かって南東~南寄りの風も強まってきそうなので、波質も徐々に落としてしまうでしょう。」と予想していたが、結果的にはまずまずの志田の波となり、チャレンジングな波を多感にせめるサーファーが明日のラウンド128に進出した。

明日の朝は、潮周りの多い朝からフルにラウンド128を行い状況に応じてラウンド96が進む予定です。

明日のファーストコールは6:30で7:00からは地元の玉前神社の例祭が執り行われる予定。

ラウンド128の第ヒートにはウェイド・カーマイケル(オーストラリア)、児玉洋介(日本)、藤村篤海(日本)善家尚史(日本)のヒートからスタートする。

賞金総額$95,000-(¥9,500,000-)スターシリーズグレード4イベント「QUIKSILVER OPEN JAPAN」は2010年9月に行われた4スターイベントから実に3年ぶりに関東地方に戻ってきた。128人フォーマットを大きく上回った参加選手はオーストラリア、アメリカ合衆国、インドネシア、フランス、ブラジル、アルゼンチン、南アフリカ、タヒチ、ニュージーランド、メキシコ、オランダ、日本から150人を越える選手が一同に集まり、優勝賞金¥1,500,000-とワールドツアーランキングの1,000ポイントを争い志田道場で戦う事となった。

インターネットによるライブ中継、ビデオオンデマンドをご覧ください。

直接会場に行くことができない皆様は、インターネットライブをお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.aspjapantour.com/webcast/2013/quiksilver/index-jp.php からどうぞ!

「QUIKSILVER OPEN JAPAN」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

・QUIKSILVER(クイックシルバージャパン㈱)
・MALIBU(サントリーアライド㈱)
・海童(濱田酒造㈱)
・ASAHI SOFT DRINK(アサヒカルピスビバレッジ㈱)
・シンジケート、DESTINATION
・Go Pro
・波伝説
・G-Shock
・なみある

後援
・千葉県
・一宮町
・千葉テレビ放送㈱
・㈱千葉日報社
・月刊サーフィンライフ(マリン企画㈱)
・F+メディア 
・SURF TRIP JUORNAL(㈱エイ出版社)

協 力
・一宮町 一宮町観光協会 一宮サーフィン業組合 
・地元サーフクラブ 地元サーフショップ

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com